加齢臭


匂いは、ストレスを緩和させたり、やる気を起こさせたり、アルツハイマー型認知症の改善に用いられたり、「あの頃の記憶」を呼び覚ましたり、「ある人」を連想させたりと、記憶を喚起させる力が強いうものです。


鼻腔中の、臭球・臭細胞・繊毛を通じてニオイを感じ取り、脳が吹くか結び付いています。


「良いニオイ」を体の外側を香水の香りで覆うだけでなく、内側からのケアが大切です。

オナラの臭いや口臭は、そのまま腸の状態を反映します。

腸内細菌の中の悪玉菌が動物性タンパク質を分解する際に発生のが、オナラや口臭の元は腐敗臭です。

悪玉菌が優勢になると、オナラも口臭も臭くなります。


肥満によって、加齢臭が強くなり、運動すると、加齢臭は弱くなります。

加齢臭は、皮膚の表面で脂肪酸が酸化しているのが原因で、老化によって生じ易くなり、生活習慣も関係しています。


加齢臭を防ぐには、生活習慣を見直し、ミトコンドリアの質を高めて、体内の抗酸化力を高めるしか有りません。




特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square