活性酸素


 活性酸素は、何故、発生するのでしょうか?


 ミトコンドリアが栄養素と酸素を反応させて電気エネルギーを産生している時に、いろんな原因でこぼれ落ちてしまった電子が酸素と結び付いたのが、活性酸素です。


 ミトコンドリアの質の低下や過度の負担(大食いや早食い、急に動く運動で酸素が一気に体内に入って来る状況、心に余裕が見られない時)に依り、いつもより多くの電子がこぼれ落ちると活性酸素がどんどん生み出されます。


 活性酸素は、酸化力が強い酸素です。サビや黒ズミです。

体内に取り込まれた酸素の1〜2%は、エネルギーを作る家庭で活性酸素になると言われており、活性酸素の強い酸化力で細胞が傷付くと老化や病気を引き起こします。


 代表的な活性酸素は、下記4種類です。

  1. スーパーオキシドラジカル:善玉活性酸素。免疫機能や血管拡張したり、神経機能にも一役買っている体内で必要な物質。

  2. 過酸化水素       :善玉活性酸素。免疫機能や血管拡張したり、神経機能にも一役買っている体内で必要な物質。

  3. ペルオキシナイトライト :悪玉活性酸素。強力な酸化力で遺伝子やタンパク質、脂質を破壊して、ミトコンドリアを傷付けます。

  4. ヒドロキシラジカル:悪玉活性酸素。強力な酸化力で遺伝子やタンパク質、脂質を破壊して、ミトコンドリアを傷付けます。

 健康の為には、悪玉活性酸素だけを体内から除去する抗酸化物質の水素ガスが必要になります。

特集記事
最新記事