Coconut Oil Studies - Other Health Concerns involving VCO and MCT Oil

October 28, 2018

17. 中鎖脂肪酸でできる、その他の健康効果とは?

 

 

 

1.   バージンココナツオイル補充の抗酸化および抗炎症効果は、ラットに於いて抗癌剤メトトレキセートの急性化学療法の酸化的腎毒性を無効にします。

Antioxidant and anti-inflammatory effects of virgin coconut oil supplementation abrogate acute chemotherapy oxidative nephrotoxicity induced by anticancer drug methotrexate in rats.

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29224791

メトトレキサート(Methotrexate)は、葉酸代謝拮抗機序をもち免疫抑制剤に分類される薬剤である。

 

2.   Kerabalaの抗炎症および抗酸化効果:バージンココナッツオイルからの付加価値の高いアーユルヴェーダ製剤は、アジュバント誘発性関節炎の発病を阻害します。

Anti-inflammatory and antioxidant effect of Kerabala: a value-added ayurvedic formulation from virgin coconut oil inhibits pathogenesis in adjuvant-induced arthritis.

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27878500

要約

ケラバラ(CB)は、様々な炎症性疾患の治療に使用される新規なアーユルヴェーダ製剤です。

この処方物は、バージンココナッツ油から製造され、シダ・コーディフォリア、ココナッツミルクおよびゴマ油の抽出物を含む。

現在の研究は、カラゲナン誘発急性およびアジュバント誘導慢性実験モデルにおけるCBの抗炎症作用を評価するために行った。 5mg / kg体重は、カラゲナンモデルからの強力な用量であることが見出され、アジュバント誘発性慢性関節炎モデルにおけるその効果を評価した。

SOD、カタラーゼ、グルタチオンペルオキシダーゼ、脂質過酸化産物、硝酸塩レベルおよびGSHのような抗酸化アッセイを足組織で測定した。

ヘモグロビン(HB)カウント、ESR、WBCカウント、血漿CRPレベルなどの血液学的パラメーターを分析した。 RT-PCRにより、シクロオキシゲナーゼ-2(COX-2)、誘導性酸化窒素シンターゼ(iNOS)、腫瘍壊死因子α(TNF-α)およびインターロイキン6(IL-6)発現のような炎症マーカーを評価した。

MMP-2およびMMP-9のような細胞外マトリックスタンパク質は、ザイモグラフィーおよびウェスタンブロッティングによる発現によって決定された。

足組織および滑膜の組織病理学および細胞診を分析した。

その結果は、CB投与に抗酸化酵素のレベルが有意に増加したことを示した。

ESR、WBCおよび血漿CRPレベルのような血液学的マーカーは、CB処置によって減少し、HBレベルも上昇する。

COX-2、iNOS、TNF-αおよびIL-6のような炎症マーカーのアップレギュレートされた遺伝子レベルの発現は、CBの投与によってダウンレギュレーションされた。 MMP-2およびMMP-9発現は、CB投与によって有意に低下した。

関節炎ラットの足組織の組織学的分析における炎症細胞浸潤、増殖性コラーゲンの大量流入は、CB投与によって減少した。

CB投与群の滑膜細胞診は、反応性中皮細胞および滑膜炎症細胞の数の減少を示す。

この現在の研究は、アーユルヴェーダ薬CBが実験的関節炎モデルにおいて抗酸化剤、抗炎症剤および抗関節炎活性を有することを示している。

抗関節炎薬としてのCBは、関節炎に関連する炎症、組織損傷および痛みを治療するための有益な効果を有する。

Abstract

Kerabala (CB) is a novel ayurvedic formulation used for treating various inflammatory diseases.

This formulation was made from virgin coconut oil and it comprises extracts of Sida cordifolia, coconut milk and sesame oil.

The current study was performed to evaluate the anti-inflammatory action of CB on carrageenan-induced acute and adjuvant-induced chronic experimental models. 5 mg/kg bwt was found to be potent dose from carrageenan model and evaluated its effect in adjuvant-induced chronic arthritic model.

The antioxidant assays like SOD, catalase, glutathione peroxidase, lipid peroxidation product, nitrate level and GSH were measured in paw tissue.

Hematological parameters like hemoglobin (HB) count, ESR, WBC count, plasma CRP levels were analyzed. By RT-PCR, the inflammatory markers like cyclooxygenase-2 (COX-2), inducible nitric oxide synthase (iNOS), tumor necrosis factor alpha (TNF-α) and interleukin 6 (IL-6) expressions were evaluated.

The extracellular matrix proteins like MMP-2 and MMP-9 were determined by zymography and its expression by western blotting.

Histopathology and cytology of paw tissue and synovium were analyzed.

The result indicated that there was a significant increment in the levels of antioxidant enzymes on CB administration.

The hematological markers such as ESR, WBC and plasma CRP levels were reduced by CB treatment and it also increases the HB level.

The upregulated gene level expressions of inflammatory markers like COX-2, iNOS, TNF-α and IL-6 were down regulated by administration of CB. MMP-2 and MMP-9 expression significantly reduced by CB administration.

Massive influx of inflammatory cell infiltration, proliferative collagen in histological analysis of paw tissue of arthritic rat was decreased by CB administration.

Synovial cytology of CB administrated group shows reduced number of reactive mesothelial cells and synovial inflammatory cells.

This current study shows that ayurvedic drug CB has an antioxidant, anti-inflammatory and anti-arthritic activity in experimental arthritic model.

CB as an anti-arthritic drug has beneficial effect for treating inflammation, tissue damage and pain associated with arthritis.

 

3.   マレーシアで広く使用されている発酵ヴァージンココナッツオイルの安全性評価:慢性毒性研究および活性成分のSAR分析。

Safety assessment of widely used fermented virgin coconut oil (Cocos nucifera) in Malaysia: Chronic toxicity studies and SAR analysis of the active components.

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27756558

 

4.   ココナッツオイル抽出物は、抗レトロウイルス薬によるアジュバント治療後の精巣損傷を軽減します。

Coconut Oil Extract Mitigates Testicular Injury Following Adjuvant Treatment with Antiretroviral Drugs.

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27818734

 

5.   ココナッツオイルとパームオイルの栄養、健康、国家発展の役割:レビュー。

Coconut oil and palm oil's role in nutrition, health and national development: A review.

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27752194

要約

西アフリカのほとんどの地域で何世紀にもわたって食物脂肪の主な供給源となっていたココナッツ油とパームオイルは、高栄養の高飽和脂肪としてブランド化されています。

彼らの消費は、おそらく血中コレステロールのレベルを上げ、それによって冠状動脈性心疾患のリスクを高めるために行なわれている。

この不利な見方は西アフリカでの消費を減少させ、輸入された植物油の代わりに使われている。

しかし、最近の情報は、これらのオイルのいくつかの有益な効果、特に栄養、健康および国家開発におけるそれらの役割を示している。

健康、栄養状態、国家発展への影響をよりよく理解する必要がある。

したがって、この論文は、地元の食料使用への復帰を支持する手段として、開発途上国におけるこれらの点でココナッツとパームオイルが果たす役割を見直そうとしている。

Abstract

Coconut and palm oils which were the major sources of dietary fats for centuries in most of West Africa have been branded as unhealthy highly saturated fats. 

Their consumption has been peddled to supposedly raise the level of blood cholesterol, thereby increasing the risk of coronary heart disease. 

This adverse view has led to a reduction in their consumption in West Africa and they have been substituted for imported vegetable oils. 

Recent information however, indicates some beneficial effects of these oils particularly their roles in nutrition, health and national development. 

There is the need for a better understanding of their effects on health, nutritional status and national development. 

This paper therefore attempts to review the roles which coconut and palm oils play in these respects in developing countries, as a means of advocating for a return to their use in local diets.

 

6.   ラウリン酸に富んだ中鎖トリグリセリドは、調理用途において他の油に代わることができ、限られた病原性を有する可能性がある。

Lauric acid-rich medium-chain triglycerides can substitute for other oils in cooking applications and may have limited pathogenicity.

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27547436

要約

最近、ラウリン酸(LA)(C12)の大部分(約30%)を含有する中鎖トリグリセリド(MCT)が、サラダ油および調理用途での使用のために商業的に導入されている。

他の食用油の長鎖脂肪酸と比較して、MCT中の中鎖脂肪は脂肪組織に貯蔵されにくく、インスリン抵抗性および炎症を促進する異所性脂肪代謝物を生じさせず、マクロファージを活性化する可能性が低い可能性がある。

摂取すると、中鎖脂肪酸は肝ミトコンドリアで急速に酸化され、得られたアセチル補酵素Aの過剰産物は、ケトン体生成を促進し、また、熱産生応答を引き起こす。

したがって、動物およびヒトにおける研究は、MCT摂取が、より長い連鎖油の同等の摂取量よりも低いobesogenicであることを示している。

LAは血清コレステロールを上昇させる傾向があるが、HDLコレステロールに対するHDLコレステロールの比が低下するように、これに関して低密度リポタンパク質(LDL)よりも高密度リポタンパク質(HDL)にかなり大きな影響を及ぼす。

LAはヤシ油の脂肪酸含量の約50%を構成する。ココナッツオイルを食事脂肪の主要な供給源として使用する南アジアおよびオセアニアの社会は、心血管リスクが低い傾向があります。

ケトン体は神経保護効果を発揮することができるので、通常のMCT摂取によって誘導される中程度のケトーシスは神経保護能を有する可能性がある。

ラウリン酸塩豊富なMCTは、C6-C10を特徴とする従来のMCTと比較して、中温の揚げ物での使用がより容易であり、ラウリン酸摂取のより緩やかな肝酸化のために、より低いがより持続的な血中ケトン上昇パターンを生成する傾向がある。

Abstract

Recently, medium-chain triglycerides (MCTs) containing a large fraction of lauric acid (LA) (C12)-about 30%-have been introduced commercially for use in salad oils and in cooking applications.

As compared to the long-chain fatty acids found in other cooking oils, the medium-chain fats in MCTs are far less likely to be stored in adipose tissue, do not give rise to 'ectopic fat' metabolites that promote insulin resistance and inflammation, and may be less likely to activate macrophages.

When ingested, medium-chain fatty acids are rapidly oxidised in hepatic mitochondria; the resulting glut of acetyl-coenzyme A drives ketone body production and also provokes a thermogenic response.

Hence, studies in animals and humans indicate that MCT ingestion is less obesogenic than comparable intakes of longer chain oils.

Although LA tends to raise serum cholesterol, it has a more substantial impact on high density lipoprotein (HDL) than low density lipoprotein (LDL) in this regard, such that the ratio of total cholesterol to HDL cholesterol decreases.

LA constitutes about 50% of the fatty acid content of coconut oil; south Asian and Oceanic societies which use coconut oil as their primary source of dietary fat tend to be at low cardiovascular risk.

Since ketone bodies can exert neuroprotective effects, the moderate ketosis induced by regular MCT ingestion may have neuroprotective potential.

As compared to traditional MCTs featuring C6-C10, laurate-rich MCTs are more feasible for use in moderate-temperature frying and tend to produce a lower but more sustained pattern of blood ketone elevation owing to the more gradual hepatic oxidation of ingested laurate.

 

7.   バージンココナッツオイルの補給は、マウスにおけるシクロホスファミド誘発全身毒性を改善します。

Virgin coconut oil supplementation ameliorates cyclophosphamide-induced systemic toxicity in mice.

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25805601

シクロホスファミド(Cyclophosphamide):アルキル化剤に分類される抗悪性腫瘍剤(抗がん剤)、免疫抑制剤。

 

8.   ココナッツオイルの補給と運動は、高血圧ラットに於いて、圧反射感受性と酸化ストレスを改善します。

Coconut oil supplementation and physical exercise improves baroreflex sensitivity and oxidative stress in hypertensive rats.

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25659569

 

9.   パイロット研究:ウサギの眼の再湿潤剤としてのバージンココナッツオイルの有効性

A pilot study: the efficacy of virgin coconut oil as ocular rewetting agent on rabbit eyes.

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25802534

wetting agent《化学》湿潤剤

 

10.   アルミニウムリン化物中毒:特定の解毒剤が存在しない場合の対症療法の可能な役割

Aluminum phosphide poisoning: Possible role of supportive measures in the absence of specific antidote.

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25722553

supportive measures 対症療法

 

11.    バージンココナッツオイルから分離したポリフェノールは、抗酸化作用および抗炎症作用を介してラットのアジュバント誘発性関節炎を抑制します。

Polyphenolics isolated from virgin coconut oil inhibits adjuvant induced arthritis in rats through antioxidant and anti-inflammatory action.

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/24613207?dopt=Abstract

 

12.    ラットの酸化ストレス改善に、抗酸化状態およびパラオキソナーゼ1活性に関するバージンココナッツオイルが豊富な食品効果について - 比較研究。

Effect of virgin coconut oil enriched diet on the antioxidant status and paraoxonase 1 activity in ameliorating the oxidative stress in rats - a comparative study.

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/23892389

パラオキソナーゼ(paraoxonase: PON-1):脂質酸化物(lipid peroxides)を分解することにより、リポ蛋白の酸化保護作用を示す抗酸化酵素です。 PON-1はカルシウム依存性の糖蛋白であり、血液中においてHDL(High density lipoprotein)のアポリポ蛋白A1に結合して存在します。

 

13.    脂肪酸の摂取は、乳牛の成長と免疫を変化させます。

Fatty acid intake alters growth and immunity in milk-fed calves.

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/21787930

要約

本研究の目的は、市販の酪酸、ココナッツオイル、亜麻仁油のブレンドであるNeoTec4(Provimi North America、Brookville、OH)に牛乳の代替品(MR)を補給する効果を、子牛の成長、効率、および免疫機能の指標を含む。

試験1aでは、48頭のオスのホルスタイン牛に動物脂肪のみを含む対照MRまたは自由選択スターターとともにNeoTec4(治療)を与えた同じMRを与えた。 MR(28.7%の粗タンパク質、15.6%の脂肪)は、平均1kgの乾物(DM)/ dで給餌された。

試験1bでは、試験1aの離乳した子牛は、すべてNeoTec4(第1相)なしで28日間ドライスターターを給餌し、次いで、子牛の半分に28日間(第2相)NeoTec4を給餌した。

試行2では、40頭のオスのホルスタイン牛にラード、ココナッツオイル、大豆レシチンを入れた対照MR、またはNeoTec4を補った同じMR(治療)を与えた。

MR(22.8%粗タンパク質、18.9%脂肪)は平均1kgのDM / dで給餌された。スターターは供給されなかった。試験1aでは、NeoTec4は平均一日増加量、飼料摂取量、飼料効率を改善し、子ウシがスクワウアーを経験した日数を減少させ、クロストリジウム病の治療を減少させた。

試験1aおよび2において、NeoTec4は、5週齢のパスツレラによるワクチン接種に対する炎症応答を変化させ、低体温および食欲減退によって観察されるように、2週齢未満(ネオテック4を6日間与えた)でサルモネラ毒素をチャレンジするように改変し、腫瘍壊死因子-α応答を変化させた。

さらに、NeoTec4は、ウシウイルス性下痢および呼吸器系パラインフルエンザ-3に対するIL-4および球状タンパク質の推定後の応答および力価を増強した。

ポストチャレンジ血清アルブミン濃度は低かったが、尿素窒素濃度は対照牛ではNeoTec4を与えた仔牛より高かった。

試行1bでは、最初の28日には仔牛にNeoTec4を投与しなかったが、28日目にNeoTec4を投与した仔牛は毎日の平均摂取量と飼料効率がより高くなった。

私たちは、NeoTec4を用いたMRの補充は、ウシのウイルス性下痢および呼吸器パラインフルエンザ3ワクチン接種に対する力価の増加、スクワウジングの減少、クロストリジウム病の治療の減少、成長率および飼料効率の改善を含むいくつかの免疫および炎症反応を変化させると結論する。

Abstract

The aim of the present study was to determine the effect of supplementing milk replacer (MR) with NeoTec4 (Provimi North America, Brookville, OH), a commercially available blend of butyric acid, coconut oil, and flax oil, on calf growth, efficiency, and indices of immune function.

In trial 1a, 48 male Holstein calves were fed either a control MR that contained only animal fat or the same MR with NeoTec4 (treatment) along with free-choice starter. The MR (28.7% crude protein, 15.6% fat) was fed at an average of 1 kg of dry matter (DM)/d.

In trial 1b, weaned calves from trial 1a were all fed dry starter for 28 d without NeoTec4 (phase 1), and then half the calves were fed NeoTec4 for 28 d (phase 2).

In trial 2, 40 male Holstein calves were fed a control MR with lard, coconut oil, and soy lecithin or the same MR supplemented with NeoTec4 (treatment).

The MR (22.8% crude protein, 18.9% fat) was fed at an average of 1 kg of DM/d; no starter was fed. In trial 1a, NeoTec4 improved average daily gain, feed intake, and feed efficiency, reduced the number of days that calves experienced scours, and reduced the medical treatments for clostridium sickness.

In trials 1a and 2, NeoTec4 altered the inflammatory response to vaccination with Pasteurella at 5 wk of age and to challenge with Salmonella toxin at less than 2 wk of age (fed NeoTec4 for 6 d), as observed by reduced hyperthermia and hypophagia, and altered the tumor necrosis factor-α response.

In addition, NeoTec4 enhanced the response in IL-4 and globular protein estimates postchallenge and enhanced titers for bovine viral diarrhea and respiratory parainfluenza-3.

Postchallenge serum concentrations of albumin were lower and urea nitrogen concentrations were greater in control calves than in calves fed NeoTec4.

In trial 1b, performance did not differ during the first 28 d when no calves received NeoTec4, but calves receiving NeoTec4 in the second 28 d had greater average daily gain and feed efficiency.

We conclude that supplementation of MR with NeoTec4 alters some immune and inflammatory responses, including increasing titers to bovine viral diarrhea and respiratory parainfluenza-3 vaccinations, reduces scours, reduces medical treatments for clostridium sickness, and improves growth rates and feed efficiency.

 

14.   健康増進および疾病予防に於けるココナッツ(Cocos nucifera L .: Arecaceae)

Coconut (Cocos nucifera L.: Arecaceae): in health promotion and disease prevention.

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/21771462

要約

ココナッツは、主にその栄養価および薬価のために、複数の用途のために栽培されている樹木です。

ココナツの様々な製品には、柔らかいココナッツウォーター、コプラ、ココナッツオイル、生のカーネル、ココナッツケーキ、ココナッツトゥディ、ココナッツシェルと木材製品、ココナッツの葉、コイアの茎などが含まれます。

そのすべての部分は、伝統的なココナッツ栽培地域の人々の日常生活の中で、他の場所で使用されています。

それは、様々な疾病に対する医薬品の開発のための様々な天然産物の独特の供給源であり、工業製品の開発のためのものでもある。

ココナッツカーネルや柔らかいココナッツウオーターのような果物の部分は、抗菌、抗真菌、抗ウイルス、抗寄生虫、抗皮膚炎、抗酸化剤、血糖降下剤、肝臓保護剤、免疫刺激剤などの数多くの薬効を有する。

ココナッツウオーターとココナッツパウダーには、人の健康に不可欠な微量栄養素が含まれています。したがって、ココナッツは、熱帯諸国を中心とした地球の人々の食糧として使用されています。

したがって、ココナッツのヤシの実はインドの古典では「Kalpavriksha」(すべての樹木)と称されており、現在のレビューは、健康や病気の予防に使用されている事実や現象を記述しています。

Abstract

Coconut, Cocos nucifera L., is a tree that is cultivated for its multiple utilities, mainly for its nutritional and medicinal values.

The various products of coconut include tender coconut water, copra, coconut oil, raw kernel, coconut cake, coconut toddy, coconut shell and wood based products, coconut leaves, coir pith etc.

Its all parts are used in someway or another in the daily life of the people in the traditional coconut growing areas.

It is the unique source of various natural products for the development of medicines against various diseases and also for the development of industrial products.

The parts of its fruit like coconut kernel and tender coconut water have numerous medicinal properties such as antibacterial, antifungal, antiviral, antiparasitic, antidermatophytic, antioxidant, hypoglycemic, hepatoprotective, immunostimulant.

Coconut water and coconut kernel contain microminerals and nutrients, which are essential to human health, and hence coconut is used as food by the peoples in the globe, mainly in the tropical countries.

The coconut palm is, therefore, eulogised as 'Kalpavriksha' (the all giving tree) in Indian classics, and thus the current review describes the facts and phenomena related to its use in health and disease prevention.

 

15.   In Vivo条件で、乾燥ココナッツを原料にして、発酵処理したバージンココナッツオイルの抗有害、抗炎症活性について

In vivo antinociceptive and anti-inflammatory activities of dried and fermented processed virgin coconut oil.

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/21454992

 

16.   フィリピンでは、ココナッツオイルは、閉経前の女性の、有益な脂質プロファイルに関係しています。

Coconut oil is associated with a beneficial lipid profile in pre-menopausal women in the Philippines.

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/21669587

要約

ココナッツオイルは多くの国で一般的な食用油であり、脂質プロファイルや心臓血管疾患のリスクへの影響についてのさまざまなエビデンスがあります。

ここでは、ココナッツオイル摂取と脂質プロファイルとの間の関連性の調査を、セブ首都圏のコミュニティベースの縦断的健康および栄養調査に参加している1,839人のフィリピン人女性(35-69歳)を対象にしたコホート調査です。

ココナッツオイルの摂取量は、2回の24時間の食事リコール(平均9.5±8.9グラム)を用いて推定した。

一晩絶食した翌朝に、朝の血漿サンプルを収集し、脂質プロファイルを測定した。

線形回帰モデルを用いて、総エネルギー摂取量、年齢、体格指数(BMI)、妊娠数、教育、更年期の状態、家計の資産および都市居住を調整した後のココナッツオイル摂取と各血漿脂質結果との間の関連性を評価した。

ココナッツオイルの摂取は、特に閉経前の女性の間で高密度リポタンパク質コレステロールと正の相関があり、ココナッツオイル摂取が有益な脂質プロフィールと関連していることが示唆された。

ココナッツオイル消費量に就いては、低密度リポタンパク質コレステロール値またはトリグリセリド値と有意に関連していなかった。

コレステロールプロファイルに対するココナッツオイルとの関係は、ココナツオイルの消費が一般的である集団においてさらに研究が必要である。

Abstract

Coconut oil is a common edible oil in many countries, and there is mixed evidence for its effects on lipid profiles and cardiovascular disease risk.

Here we examine the association between coconut oil consumption and lipid profiles in a cohort of 1,839 Filipino women (age 35-69 years) participating in the Cebu Longitudinal Health and Nutrition Survey, a community based study in Metropolitan Cebu.

Coconut oil intake was estimated using the mean of two 24-hour dietary recalls (9.5±8.9 grams).

Lipid profiles were measured in morning plasma samples collected after an overnight fast.

Linear regression models were used to estimate the association between coconut oil intake and each plasma lipid outcome after adjusting for total energy intake, age, body mass index (BMI), number of pregnancies, education, menopausal status, household assets and urban residency.

Dietary coconut oil intake was positively associated with high density lipoprotein cholesterol especially among pre-menopausal women, suggesting that coconut oil intake is associated with beneficial lipid profiles.

Coconut oil consumption was not significantly associated with low density lipoprotein cholesterol or triglyceride values.

The relationship of coconut oil to cholesterol profiles needs further study in populations in which coconut oil consumption is common.

 

17.   ミトコンドリア脂肪酸の酸化障害の治療に関する現状について

Current issues regarding treatment of mitochondrial fatty acid oxidation disorders.

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/20830526

 

18.   副甲状腺および腸について

The parathyroids and the gut.

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/20485190

要約

このレビューでは、副甲状腺疾患の胃腸症状を論じています。

副甲状腺ホルモンは、カルシウム生理の主要調節因子である。甲状腺機能低下症は、特発性、遺伝性、または頸部の手術の副次的なものであり得る。

副甲状腺機能亢進症は、通常、腺腫または過形成に由来する。

甲状腺機能低下症は、中鎖トリグリセリド、甲状腺機能低下症の矯正、またはビタミンDの投与により改善することがある脂肪便に関連しています。副甲状腺機能亢進症は、高カルシウムレベルによる神経筋興奮性の低下のために便秘を引き起こします。

古い文献によると、副甲状腺機能亢進症の患者における消化性潰瘍疾患(PUD)の発生率は、4%〜5%の剖検率と比較して9%である。

副甲状腺機能亢進症は、カルシウムの日常的な自動測定による症例の早期発見のために、通常は軽度であるため、今日はどのような関連性も証明することは困難です。

加えて、PUDは、プロトンポンプ阻害剤の出現前よりも今やあまり普及していない。

副甲状腺摘除術後に一部の患者で潰瘍や潰瘍の症状が現れることがあり、関連が示唆されます。

原発性副甲状腺機能亢進症の患者における膵炎の発生率は、1.5%〜12%の範囲であり、高カルシウム血症の可能性がある。

この問題を複雑にするのは、膵炎による低カルシウム血症に応答する副次的副甲状腺機能亢進症である。

副甲状腺摘除術後に一部の患者で膵炎が改善する可能性がある。

膵炎は、副甲状腺の操作によるカルシウム濃度の急激な上昇または疲労からのカルシトニン産生細胞の鈍い応答のために、副甲状腺の手術の後に続くことがある。

副甲状腺疾患は、腸に対するいくつかの異なる効果を有する:副甲状腺機能低下症における脂肪肝、および副甲状腺機能亢進症における便秘、PUD、および膵炎。

Abstract

This review discusses gastrointestinal manifestations of parathyroid diseases. Parathyroid hormone is the primary regulator of calcium physiology. Hypoparathyroidism can be idiopathic, hereditary, or secondary to surgery in the neck.

Hyperparathyroidism is usually from adenomas or hyperplasia.

Hypoparathyroidism is associated with steatorrhea that may improve with medium-chain triglycerides, correction of the hypoparathyroidism, or administration of vitamin D. Hyperparathyroidism results in constipation because of reduction in neuromuscular excitability by high calcium levels.

According to old literature, the incidence of peptic ulcer disease (PUD) in patients with hyperparathyroidism is 9% compared with autopsy rates of 4% to 5%.

Any association is difficult to prove today, as hyperparathyroidism is usually mild due to early detection of cases through routine automated measurements of calcium.

In addition, PUD is less prevalent now than before the advent of proton pump inhibitors.

The presence of ulcers or ulcer symptoms may correct in some patients after parathyroidectomy, suggesting an association.

The incidence of pancreatitis in patients with primary hyperparathyroidism ranges from 1.5% to 12% and may be because of the hypercalcemia.

Complicating the issue is secondary hyperparathyroidism in response to hypocalcemia from pancreatitis.

Pancreatitis may improve in some individuals after parathyroidectomy.

Pancreatitis may follow parathyroid surgery because of an acute rise in calcium levels with manipulation of the parathyroid glands or to a blunted response of calcitonin-producing cells from fatigue.

Parathyroid diseases have a few distinct effects on the gut: steatorrhea in hypoparathyroidism, and constipation, PUD, and pancreatitis in hyperparathyroidism.

 

19.   筋脂質代謝の障害:診断および治療の課題について

Disorders of muscle lipid metabolism: diagnostic and therapeutic challenges.

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/20691590

 

20.   運動前の中鎖トリグリセリドの摂取は、長鎖のアシル-CoA-デヒドロゲナーゼ欠損マウス由来の骨格筋におけるアシルカルニチンの蓄積を防止する。

Pre-exercise medium-chain triglyceride application prevents acylcarnitine accumulation in skeletal muscle from very-long-chain acyl-CoA-dehydrogenase-deficient mice.

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/20446112

 

21.   ネコにおける食物中鎖トリグリセリドが血漿脂質およびリポタンパク質分布および食物嫌悪に及ぼす影響

Effects of dietary medium-chain triglycerides on plasma lipids and lipoprotein distribution and food aversion in cats.

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/20367051

 

22.   極長鎖アシル-CoA脱水酵素欠損症(VLCAD)の新しい栄養管理養生法

Novel nutritional management regimen for very long-chain acyl-CoA dehydrogenase deficiency

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/20235487

https://www.neurology-jp.org/Journal/public_pdf/050030172.pdf

要旨:15歳時から横紋筋融解症をくりかえした極長鎖アシルCoA脱水素酵素欠損症の22歳女性に対し,再発予防目的で炭水化物の頻回摂取,および中鎖・短鎖脂肪酸を主体とした脂質摂取による食事療法を開始した。約3年が経過し,再発は消失した.本症の脂肪酸代謝障害に対する根本的治療はないが,飢餓状態,疲労などの誘発因子の除去に関する生活指導と共に,食事療法が再発予防に対し重要と思われた.

 

23.   オメガ3脂肪酸と中鎖トリグリセリドに富んだ食事療法による重度の高トリグリセリド血症の治療に成功しました。

Successful treatment of severe hypertriglyceridemia with a formula diet rich in omega-3 fatty acids and medium-chain triglycerides.

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/20150726

 

24.   ラウリン酸とミリスチン酸は、ラットのテストステロン誘導前立腺肥大を防止する。

Lauric acid and myristic acid prevent testosterone induced prostatic hyperplasia in rats.

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/19786012

 

25.   グリコーゲン貯蔵疾患1型:中鎖脂肪酸が代謝制御および成長に関する影響について

Glycogen storage disease type 1: impact of medium-chain triglycerides on metabolic control and growth.

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/20357432

 

26.   低温と高温条件下で抽出されたココナッツオイルのフェノール依存性抗酸化特性の比較

Comparison of the phenolic-dependent antioxidant properties of coconut oil extracted under cold and hot conditions

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0308814608013745

 

27.   レクリエーションアスリートの中程度および高強度の運動での、中鎖トリアシルグリセロールの摂取効果について

Effect of ingestion of medium-chain triacylglycerols on moderate- and high-intensity exercise in recreational athletes.

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/19436137?ordinalpos=2&itool=EntrezSystem2.PEntrez.Pubmed.Pubmed_ResultsPanel.Pubmed_DefaultReportPanel.Pubmed_RVDocSum

 

28.   ウサギでのTSHレベルおよび体重増加に関して、ココナッツオイルと大豆油の効果比較について

Comparison of the Effects of Coconut Oil and Soyabean Oil on TSH Level and Weight Gain in Rabbits

http://www.thinkinginbinary.net/crc/wp-content/uploads/2015/11/Comparison-of-the-Effects-of-Coconut-Oil-and-Soyabean-Oil-1.pdf

 

29.   ヴァージンココナッツオイル の化学特性について

Chemical Properties of virgin coconut oil

http://www.coconutresearchcenter.org/index.php/medical-research/coconut-research/chemical-properties-of-virgin-coconut-oil/

要約

マレーシアとインドネシア市場で販売されている商業用VCOの研究が行われた。

この論文はVCOの化学的特性と脂肪酸組成を報告した。

VCO試料のラウリン酸含量(46.64-48.03%)に有意差はなかった。

VCOについて得られた主要なトリアシルグリセロールは、LaLaLa、LaLaM、CLaLa、LaMMおよびCCLa(La、ラウリン酸; C、カプリン酸、M、ミリスチン酸)であった。ヨウ素価は4.47〜8.55の範囲であり、不飽和結合の存在がわずかであることを示している。

鹸化価は250.07〜260.67mgKOH / g油の範囲であった。

低過酸化物価(0.21-0.57 mequiv oxygen / kg)は高い酸化安定性を示し、アニシジン値は0.16〜0.19の範囲であった。

遊離脂肪酸含有量は0.15-0.25であり、VCO試料は良好な品質であった。

全ての化学組成物は、食用ココナッオイルのCodex基準の範囲内であった。

VCO試料(GAE /油100g 7.78-29.18mg)のフェノール含量は、洗練された漂白脱臭(RBD)VCO(6.14mg GAE / 100g油)よりも有意に高かった。

これらの結果は、VCOが化学的性質においてRBDココナッツオイルほど良好であり、フェノール含有量が高いという利点を有することを示唆している。

Abstract

A study on the commercial virgin coconut oil (VCO) available in the Malaysian and Indonesian market was conducted.

The paper reported the chemical characteristics and fatty acid composition of VCO.

There was no significant difference in lauric acid content (46.64-48.03%) among VCO samples.

The major triacylglycerols obtained for the oils were LaLaLa, LaLaM, CLaLa, LaMM and CCLa (La, lauric; C, capric; M, myristic). Iodine value ranged from 4.47 to 8.55, indicative of only few unsaturated bond presence.

Saponification value ranged from 250.07 to 260.67 mg KOH/g oil.

The low peroxide value (0.21-0.57 mequiv oxygen/kg) signified its high oxidative stability, while anisidine value ranged from 0.16 to 0.19.

Free fatty acid content of 0.15-0.25 was fairly low, showing that VCO samples were of good quality.

All chemical compositions were within the limit of Codex standard for edible coconut oil.

Total phenolic contents of VCO samples (7.78-29.18 mg GAE/100 g oil) were significantly higher than refined, bleached and deodorized (RBD) coconut oil (6.14 mg GAE/100 g oil).

These results suggest that VCO is as good as RBD coconut oil in chemical properties with the added benefit of being higher in phenolic content.

 

30.   バージンココナッツオイルの酸化防止能力とフェノール酸について

Antioxidant capacity and phenolic acids of virgin coconut oil.

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/19115123

要約

低温および発酵製法で作られたヴァージンココナッツオイルの抗酸化特性を調査し、RBD精製ココナッツオイルと比較しました。

ヴァージンココナッツオイルは、RBD精製ココナッツオイルよりも優れた抗酸化能力を示しました。

発酵法で製造されたヴァージンココナッツオイルは、1,1-ジフェニル-2-ピクリルヒドラジルに対して最も強い掃気効果(体内の不要物質や毒性物質を処理する効果)を示し、β-カロテン - リノレエート漂白法に基づく最高の抗酸化作用を示した。

しかし、低温圧搾法で抽出したヴァージンココナッツオイル は、最も高い還元力を示した。

検出された主要なフェノール酸は、フェルラ酸およびp-クマル酸であった。

フェノール含有量と掃去活性(r = 0.91)との間、およびフェノール含有量と還元力(r = 0.96)の間には非常に高い相関が見られた。総フェノール酸とβ-カロチン漂白作用との間にも高い相関があった。

この研究では、ヴァージンココナッツオイル中の抗酸化作用はフェノール化合物によるものであることが示された。

Abstract

The antioxidant properties of virgin coconut oil produced through chilling and fermentation were investigated and compared with refined, bleached and deodorized coconut oil. 

Virgin coconut oil showed better antioxidant capacity than refined, bleached and deodorized coconut oil. 

The virgin coconut oil produced through the fermentation method had the strongest scavenging effect on 1,1-diphenyl-2-picrylhydrazyl and the highest antioxidant activity based on the beta-carotene-linoleate bleaching method. 

However, virgin coconut oil obtained through the chilling method had the highest reducing power. 

The major phenolic acids detected were ferulic acid and p-coumaric acid. 

Very high correlations were found between the total phenolic content and scavenging activity (r=0.91), and between the total phenolic content and reducing power (r=0.96). There was also a high correlation between total phenolic acids and beta-carotene bleaching activity. 

The study indicated that the contribution of antioxidant capacity in virgin coconut oil could be due to phenolic compounds.

 

31.   栄養失調のラットで、糖代謝酵素のmRNAレベルに関する中鎖トリアシルグリセロールの摂取効果について

Effects of dietary medium-chain triacylglycerol on mRNA level of gluconeogenic enzymes in malnourished rats.

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/19155591

 

32.   口腔栄養療法は、乳び胸治療に効果的か? 症例報告。

Is oral nutritional therapy effective for the treatment of chylothorax? A case report.

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/18403181

 

33.   マレーシア、ケランタン州のタンパット地区での妊娠中の漢方薬の使用と周産期死亡率の推移

The use of herbal medicines during pregnancy and perinatal mortality in Tumpat District, Kelantan, Malaysia.

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/18613559

周産期死亡率:
出産総数に対する後期胎児死亡の割合は後期胎児死亡率と呼ばれる。出生数に対する後期胎児死亡数の比率は後期胎児死亡比 と呼ばれている。
胎児死亡率は、同一年次における出産数1000に対する既知の子宮内死亡数の比率であり、一方、胎児死亡比 は出生数1000に対する子宮内死亡数の比率である。これらの指標は、早期子宮内死亡がしばしば観察されないか、あるいは気付かれないままでいることがあるため、実際の子宮内死亡率を大幅に過少評価している。子宮内死亡を計測するよりよい方法として、子宮内死亡表 5が作成される。これは生命表(432参照)の一つの応用で、妊娠期間に基づいて作成される。
周産期死亡率 は後期胎児死亡数と出生数の和に対する周産期死亡数の比率である。 

 

34.   Sprague-Dawleyラットにおけるテストステロン誘発での前立腺肥厚に対するココナッツオイルの効果について

Effects of coconut oil on testosterone-induced prostatic hyperplasia in Sprague-Dawley rats.

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed?term=59[volume]+AND+995[page]+AND+2007[pdat]&cmd=detailssearch

 

35.   カルニチン輸送の障害およびカルニチンサイクル

Disorders of carnitine transport and the carnitine cycle.

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed?term=Disorders+of+carnitine+transport+and+the+carnitine+cycle&TransSchema=title&cmd=detailssearch

カルニチンは、水溶性アミノ酸で,成人では必要量の75%は食事より摂取され(肉,乳製品・母乳などに含まれる),残りの25%は肝臓と腎臓でリジンとメチオニンから合成される.体内では遊離カルニチンと,脂肪酸や有機酸とエステル結合したアシルカルニチンとして存在し,組織に広く分布するが,特に筋肉に多く貯蔵されている.新生児では,ほとんどが母乳,ミルクから摂取される.

カルニチンは,長鎖脂肪酸をミトコンドリア内へ輸送してβ酸化の基質を供給したり,ミトコンドリア内のCoA/アシルCoAの比率の調節をしたりするなど,脂肪酸からのエネルギー産生において重要な働きをしている1)(図1).

このカルニチンサイクルを構成する酵素の欠損症として,カルニチンパルミトイルトランスェラーゼ1(CPT1)欠損症,カルニチンパルミトイルトランスフェラーゼ2 (CPT2)欠損症, カルニチン/アシルカルニチントランスロカーゼ(CACT)欠損症が挙げられる.それぞれの酵素の先天的な欠損により,長鎖脂肪酸のミトコンドリア内への転送が障害され,脂肪酸代謝が十分行われなくなり,その結果エネルギー産生の低下を引き起こす.いずれも常染色体劣性遺伝の疾患である.

http://jsimd.net/pdf/guideline/20_jsimd-Guideline_draft.pdf

 

36.   1500グラム以下の乳児の体重増加を増強するためのヴァージンココナッツオイル の使用に関する無作為化試験。 予備的結果

A randomized controlled trial on the use of virgin coconut oil in augmenting weight gain among infants weighing 1500 grams or less; preliminary results

http://www.coconutresearchcenter.org/index.php/medical-research/coconut-research/a-randomized-controlled-trial/

要約

中鎖トリグリセリド(MCT)オイルは、低出生体重児の体重増加を増大させるために使用される。しかし、それは商業的に利用できない。

ココナッツオイルには、最も濃縮された天然のMCT源と抗菌性を与えるラウリン酸が含まれています。

主な目的は、新鮮なココナッツオイル(VCO)を与えられた新生児が1500gの新生児がそのような補給を受けていない新生児に比べてより良い体重増加を有するかどうかを決定することである。

この研究は、トリプルブラインド、ランダム化比較試験である。

第三政府病院の新生児集中治療室。

出生時体重/ 1500gを有する新生児;少なくとも50ml / kg /日の経腸栄養を許容し、インフォームドコンセントを含むことができる。

被験者は、治療群または対照群のいずれかにランダム化した。

どちらの群も早産処方または母乳を受けた。 

VCOを0.5ml / ozで処理群に添加して摂取した。

結果は治療する意図で分析した。 p-値0.05を統計学的に有意とみなした。

体重増加の差、介入の持続時間、摂食不耐性および敗血症の発生が測定されたものの中にあった。

新生児90名(治療群46名、対照群44名)が含まれていた。

ベースライン特性は、いずれも治療群において、出生頭周囲(p = 0.04)および中上半部円周(p = 0.03)以外は統計的に差がなかった。

1日あたりの体重増加(27.1±16.8対22.1±17.1、p = 0.666)および他の成長パラメータ、および治療群の介入期間が短くなる傾向があった。

治療群に有害事象は少なかった。

Spsisは治療群でより低く、これは統計的に有意であった(p = 0.008)。

この中間解析は、VCOで給餌が増強されたものの中で、体重増加および他の成長パラメータの増加傾向を示している。

摂食不耐性および敗血症の発生も、処置群において低かった。

統計力に達すると、研究は進行中です。

Abstract

Medium chain triglyceride (MCT) oil is used to augment weight gain of low birth weight infants. However, it is commercially unavailable. 

Coconut oil contains the most concentrated, natural source of MCT and lauric acid which provides antibacterial properties. 

The primary objective is to determine if neonates weighing /=1500 g given virgin coconut oil (VCO) will have better weight gain compared to neonates without such supplementation. 

This study is a triple-blind, randomized controlled trial. 

Neonatal intensive care unit of a tertiary government hospital. Neonates with birth weight /=1500 g; able to tolerate at least 50 ml/kg/day of enteral feedings, and with informed consent were included. 

Subjects were randomized into either treatment or control group. 

Both groups received preterm formula or breastmilk. VCO was added at 0.5 ml/oz to the feedings of the treatment group. 

The outcomes were analyzed by intention to treat. A p-value 0.05 was considered statistically significant. The difference in weight gain, duration of intervention, the occurrence of feeding intolerance and sepsis were among those measured. 

Ninety neonates (46 in the treatment group, 44 in the control group) were included. 

The baseline characteristics had no statistical difference except for birth head circumference (p=0.04) and entry mid-upper arm circumference (p=0.03) which were both hither in the treatment group.

There was trend towards higher weight gain per day (27.1± 16.8 vs. 22.1 ± 17.1, p=0.666) and other growth parameters, and shorter duration of intervention in the treatment group.

There were fewer adverse events in the treatment group.

Spsis was lower in the treatment group, and this was statistically significant (p=0.008).

This interim analysis shows a trend towards an increase in weight gain and other growth parameters among those whose feedings were augmented with VCO.

The occurrence of feeding intolerance and sepsis were also lower in the treatment group.

The reach statistical power, the study is ongoing.

 

37.   バージンココナッツオイルの脂質過酸化に対する抗酸化効果。

The antioxidant effect of virgin coconut oil on lipid peroxidation.

http://www.coconutresearchcenter.org/index.php/medical-research/coconut-research/antioxidant-effect-of-virgin-coconut-oil/

要約

いくつかの臨床所見によれば、ココナッツオイルは、抗ウイルス、抗真菌、抗菌および抗酸化特性を含む広範な健康上の利点を提供し得ることが示されている。本研究では、バージンココナッツオイルの酸化防止特性について検討した。

この研究の目的は、バージンココナツ油の抗酸化特性をビタミンEのそれと比較し、特定の目的は、A)アルビノラットの特定の群をL-チロキシンで処理することによって脂質過酸化物を刺激または増加させることであった。 B)Thiobarbituric Acid Reactive Substances(TBARS)Assay Kitを使用してアルビノラットのヒラメ筋におけるマロンジアルデヒドコンセントラチンを測定する。 C)ヒラメ筋のマロンジアルデヒド濃度に対するバージンココナッツオイルとビタミンEの抗酸化効果を比較する。

同様の年齢(8週齢)の40匹の雄性アルビノラットを4つの群に分け、8週間治療した。

対照ラット(群1)には、1週間に3回、経口給餌により2mlのアルカリ性生理食塩水(pH9〜9.5)を与え、飼料用の粉砕したラット飼料を与えた。

L-チロキシン処理ラット(群2)には、毎週3回、アルカリ性食塩水に溶解した50mg / kgのL-チロキシンを経口給餌により与え、粉砕ラットを供給した。

L-チロキシンの投与量は、10mg / kg /週の増分で与えられた。

L-チロキシン処理+未処理ヤシ油(VCO)ラット(グループ3)およびL-チロキシン処理+ビタミンEラット(グループ4)を、グループ2と同じ方法で処理したが、さらに20%w / wのバージンココナッツ油および20%w / wのビタミンE(d-apha-tocopherol)を含み、いずれも粉砕ラットチャウと混合した。

8週間後、ラットを頸椎脱臼により屠殺した。

ヒラメ筋を摘出し、ホモジナイズし、チオバルビツール酸反応性物質(TBARS)アッセイキットを用いてマロンジアルデヒド(MDA)レベルについて分析した。

統計的有意性は、一方向分散分析(ANOVA)を行った後、不対t検定によるものであった。

L-チロキシン処置群のヒラメ筋におけるMDAレベルは、対照群と比較して有意に増加した。

処理ビタミンE群および処置-VCO群のヒラメ筋におけるMDAレベルは、L-チロキシン処置群のMDAレベルよりも有意に低かった。

また、処置群および処置 - ビタミンE群のヒラメ筋におけるMDAレベルに有意差はなかった。

結論として、VCOはビタミンEに匹敵する抗酸化特性を有する。

Abstract

Some clinical observations have shown that coconut oil may provide a wide range of health benefits, including antiviral, antifungal, antimicrobial and antioxidant properties. In this study, possible antioxidant property of virgin coconut oil was investigated.

The objectives of this study is to determine and compare the antioxidant property of virgin coconut oil with that of vitamin E, specific objectives were, A) To stimulate or increase lipid peroxidant by treating specific groups of albino rats with L-thyroxine. B) To determine the malondialdehyde concentratin in the soleus muscles of albino rats using Thiobarbituric Acid Reactive Substances (TBARS) Assay Kit. C) To compare the antioxidant effects of virgin coconut oil and vitamin E on malondialhyde levels in soleus muscles.

Forty male albino rats of similar age (8 weeks old) were divided into four groups and were treated for eight weeks.

The control rats (group 1) were given2 ml alkalinized saline (pH 9 – 9.5) thrice weekly through oral feeding and supplied with ground rat chow for nourishment.

The L-thyroxine treated rats (group 2) were given 50 mg/kg L-thyroxine dissolved in alkalinized saline thrice weekly through oral feeding and supplied with ground rat chow.

L-thyroxine dosage was given in increasing increments of 10 mg/kg per week.

The L-thyroxine treated + virgin coconut oil (VCO) rats (group 3) and the L-thyroxine treated + vitamin E rats (group 4), were treated the same way as group 2 but, in addition, received 20% w/w of virgin coconut oil and 20% w/w of vitamin E (d-apha-tocopherol), respectively, both mixed with ground rat chow.

After the 8-week period, the rats were sacrificed by cervical dislocation.

The soleus muscle was excised, homogenized analyzed for malondialdehyde (MDA) levels using the Thiobarbituric Acid Reactive Substances (TBARS) Assay Kit.

Statistical significicance was by unpaired t-test after a one-way analysis of variance (ANOVA) was done.

The MDA level in the soleus muscles of the L-thyroxine treated group was significantly increased compared to the control group.

The MDA level in the soleus muscle of the treated-vitamin E group and the treated-VCO group was significantly lower than that of the L-thyroxine treated group.

Also, there was no significant difference in the MDA level in the soleus muscles of the treated group and the treated-vitamin E group.

In conclusion, VCO has antioxidant property which is comparable to that of vitamin E.

 

38.   バージンココナッツオイルの摂取は、ラットの抗酸化作用が高まります。

Virgin coconut oil supplemented diet increases the antioxidant status in rats

http://europepmc.org/abstract/AGR/IND43868637

要約

50℃の温度で新鮮なココナッツの果肉から直接抽出したバージンココナッツオイル(VCO)を、オレンジSprague-Dawleyラットの抗酸化酵素活性および脂質過酸化レベルに及ぼす影響について、コプラオイル(CO)および落花生油(GO)をコントロールとして使用します。

半合成食と共に45日間油をラットに与え、実験期間後に様々な生化学的パラメーターを行った。

VCOおよびCOの個々の脂肪酸分析は、ガスクロマトグラフィーを用いて行った。

油から単離されたポリフェノール画分の効果も、FeSO4によって誘発されたin vitroミクロソーム脂質過酸化を防止する能力について試験した。

その結果、多価不飽和脂肪酸が豊富なGOは、抗酸化酵素のレベルを低下させ、脂質過酸化を増加させ、組織中のMDAおよびコンジュゲートジエン含量が非常に高いことが示された。

VCOからのPF画分は、他の2つの油からのものと比較して、ミクロソーム脂質過酸化に対してより高い阻害効果を有することが見出された。

より不鹸化可能な成分、すなわち、 COよりもビタミンEおよびポリフェノールは、抗酸化酵素レベルの増加を示し、in vitro条件およびin vivo条件の両方で脂質の過酸化を防止した。

これらの結果は、VCOがCOおよびGOより抗酸化作用において優れていることを示した。

この研究は、VCOが抗酸化剤として有益であることを証明した。

Abstract

Virgin coconut oil (VCO) directly extracted from fresh coconut meat at 50 °C temperature was tested for its effect on the activities of antioxidant enzymes and lipid peroxidation levels in male Sprague-Dawley rats, compared to copra oil (CO) and groundnut oil (GO) as control.

Oils were fed to rats for 45 days along with a semi-synthetic diet and after the experimental period various biochemical parameters were done.

Individual fatty acid analyses of VCO and CO were done using gas chromatography.

Effect of polyphenol fraction isolated from the oils was also tested for the ability to prevent in vitro microsomal lipid peroxidation induced by FeSO4.

The results showed that GO, rich in polyunsaturated fatty acids, reduced the levels of antioxidant enzymes and increased lipid peroxidation, indicated by the very high MDA and conjugate diene content in the tissues.

PF fraction from VCO was found to have more inhibitory effect on microsomal lipid peroxidation compared to that from the other two oils.

VCO with more unsaponifiable components viz. vitamin E and polyphenols than CO exhibited increased levels of antioxidant enzymes and prevented the peroxidation of lipids in both in vitro and in vivo conditions.

These results showed that VCO is superior in antioxidant action than CO and GO.

This study has proved that VCO is beneficial as an antioxidant.

 

39.   アルコール性脂肪肝:その病因および炎症および線維化への進行メカニズム。

Alcoholic fatty liver: its pathogenesis and mechanism of progression to inflammation and fibrosis.

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/15670660

 

40.   健康な男性の血清リポタンパク質および生化学的パラメーターに関する中鎖トリアシルグリセロールの摂取効果について

Effects of dietary medium-chain triacylglycerols on serum lipoproteins and biochemical parameters in healthy men.

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/?term=Effects+of+dietary+medium-chain+triacylglycerols+on+serum+lipoproteins+and+biochemical+parameters+in+healthy+men.+Biosci+Biotechnol+Biochem.

 

41.   中鎖脂肪酸の毒物学的性質のレビュー

Review of the toxicologic properties of medium-chain triglycerides.

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/10685018?dopt=Abstract

要約

中鎖脂肪酸トリグリセリド(MCT)は、カプリル酸(C8)およびカプリン酸(C10)が大半を占め、カプロン酸(C6)とラウリン酸(C 12)がより少ない 脂肪酸です。

MCTは、非経口栄養に広く使用されており、食品、薬物および化粧品にも使用されています。

MCTは、いくつかの動物種で実施された急性毒性試験において本質的に非毒性であり、眼や皮膚刺激試験において、MCTは眼または皮膚への長期間の暴露をしても、眼または皮膚刺激物としての可能性を実質的に示さないで、MCTは、過敏症の誘発能力を示しません。

90日間の毒性試験では、9375mg / kg体重/日までの飼料か、筋肉内(im)注射(0.5ml / kg /日まで、ウサギ)で投与したかどうかにかかわらず、顕著な毒性は認められませんでした。

MCTの静脈内(iv)またはエサ投与がラットの生殖能力に悪影響を及ぼすか、または4.28g / kg体重/日(iv)または12,500mg/ kg体重/日(食事)迄の用量で母体毒性、胎児毒性または催奇性作用を引き起こしたという証拠はなありませんでした。

MCT投与がブタの生殖能力に悪影響を及ぼしたか、または食事中の4000mg / kg体重/日の用量で母体毒性、胎児毒性または催奇性作用を引き起こしたという証拠は有りませんでした。

ウサギでは、静脈内投与後、母体および胎児の無毒性量(NOAEL)は1.0〜4.28g / kg体重/日であった。

密接に関連する化合物(トリカプリリン、C(8)脂肪酸を含むトリグリセリド)を用いて実施したラットでの2年間の研究では、物質を経口強制飼養によって10ml / kgまでのレベルで投与した場合に発癌作用の証拠は得られなかった(9.54g / kg)である。

トリカプリリンはAmes突然変異誘発試験で代謝活性化の存在下でSalmonella typhimuriumの5つの株の1つにおいて陽性であることが判明したが、カプリル酸による発癌性試験およびカプリル酸による突然変異誘発試験の結果は、MCTが発癌性または突然変異誘発性であること。

1g〜4.28g / kgのレベルまでのヒトでの摂取でのMCTの安全性は、いくつかの臨床試験で確認されている。

Abstract

Medium chain triglycerides (MCTs) are a family of triglycerides, containing predominantly, caprylic (C(8)) and capric (C(10)) fatty acids with lesser amounts of caproic (C(6)) and lauric (C(12)) fatty acids. 

MCTs are widely used for parenteral nutrition in individuals requiring supplemental nutrition and are being more widely used in foods, drugs and cosmetics. 

MCTs are essentially non-toxic in acute toxicity tests conducted in several species of animals. In ocular and dermal irritation testing MCTs exhibit virtually no potential as ocular or dermal irritants, even with prolonged eye or skin exposure. 

MCTs exhibit no capacity for induction of hypersensitivity. 

Ninety-day toxicity tests did not result in notable toxicity, whether the product was administered in the diet up to 9375mg/kg body weight/day or by intramuscular (im) injection (up to 0. 5ml/kg/day, rabbits). 

There was no evidence that intravenous (iv) or dietary administration of MCTs adversely affected the reproductive performance of rats or resulted in maternal toxicity, foetal toxicity or teratogenic effects at doses up to 4.28g/kg body weight/day (iv) or 12,500mg/kg body weight/day (dietary). 

There was no evidence that dietary administration of MCTs adversely affected the reproductive performance of pigs or resulted in maternal toxicity, foetal toxicity or teratogenic effects at doses up to 4000mg/kg body weight/day in the diet. 

In rabbits, following iv administration, the maternal and foetal no-observed-adverse-effect levels (NOAELs) were between 1.0 and 4.28g/kg body weight/ day. 

A 2-year study in rats, conducted with a closely related compound (tricaprylin, a triglyceride with C(8) fatty acids), provided no evidence of a carcinogenic effect when the material was administered by oral gavage at levels up to 10ml/kg (9.54g/kg) per day. 

Although tricaprylin was found to be positive in one of five strains of Salmonella typhimurium in the presence of metabolic activation in an Ames mutagenicity assay, the results of the carcinogenicity test with tricaprylin and mutagenicity tests with caprylic acid indicate that MCTs do not have the potential to be carcinogenic or mutagenic. 

The safety of human dietary consumption of MCTs, up to levels of 1g/kg, has been confirmed in several clinical trials.

 

42.   新鮮ココナッツおよびクルミ食品アレルゲンに関して、ナッツ類に対する過敏症の2人の被験者におけるココナッツ(Cocos nucifera)への全身性アレルギー反応、そしてレグミン様種子貯蔵タンパク質に対する交差反応性の実証

Systemic allergic reaction to coconut (Cocos nucifera) in 2 subjects with hypersensitivity to tree nut and demonstration of cross-reactivity to legumin-like seed storage proteins: new coconut and walnut food allergens.

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed?term=allergic+reaction+to+coconut+in+2+subjects+with+hypersensitivity+to+tree+nut+and+demonstration+of+cross-reactivity+to+legumin-like+seed+storage+proteins&TransSchema=title&cmd=detailssearch

 

43.   中鎖トリグリセリド栄養サポートで、妊娠中の高脂血症急性膵炎を予防することについて

Prevention of hyperlipidemic acute pancreatitis during pregnancy with medium-chain triglyceride nutritional support.

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/?term=Prevention+of+hyperlipidemic+acute+pancreatitis+during+pregnancy+with+medium-chain+triglyceride+nutritional+support.

 

44.   リンゴ酸酵素の遺伝子の栄養およびホルモン制御について

Nutritional and hormonal regulation of the gene for malic enzyme.

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/9558723

 

45.   エタノールの薬物動態、トリグリセリドおよびカルニチンに関する、飽和脂肪酸摂取および不飽和脂肪酸摂取の逆効果について

Opposite effects of dietary saturated and unsaturated fatty acids on ethanol-pharmacokinetics, triglycerides and carnitines.

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/7963138?dopt=Abstract

 

46.   ココナッツオイル摂取のデトックス効果

Antigenotoxicity of Dietary Coconut Oil

http://coconutresearchcenter.org/wp-content/uploads/2015/11/Antigenotoxicity-of-Dietary-Coconut-Oil.pdf

要約

ベンゾメチレン、ジメチルニトロソアミン、メチルメタンスルホネートおよびテトラサイクリンは、これらの物質が実験マウスの骨髄細胞に対して遺伝的であることを示す微小有核赤色多形赤血球の形成を誘導した。

生殖細胞へのこれらの物質の遺伝毒性は、低出生率指数および高率死亡インプラントが実験マウスにおいて誘導された場合にも観察された。

各遺伝子毒素を、18%のヤシ油を含む食餌を23日間与えられたマウスに投与した場合、マイクロ核生成

多染性赤血球は大幅に減少した。

ダイエタリーココナッツオイルの抗毒素活性は、ダイエタリーダイズオイルよりもはるかに大きかった。

18%のココナッツオイル食餌を与えた雄のマウスを使用した場合、各遺伝毒素の生殖細胞の遺伝毒性も低下した。

ジェノトキシンを投与した雄マウスを未婚雌と交配させた場合、ココナッツオイルを与えた群で受精率が上昇した。

デッドインプラントの割合が減少した。

生殖細胞上のダイエタリーココナッツオイルの抗原毒性活性は、大豆油のそれをはるかに上回る。

ココナッツオイル食餌の食事制限は、骨髄細胞および細菌細胞におけるココナッツオイルの抗原毒性活性を増強した。

ココナッツオイルのトリグリセリドの中で、トリラウリンは骨髄細胞において最も優れた抗原毒性活性を示した。

トリラウリンはココナッツオイルの主要なトリアシルグリセロールです。

Abstract

Benzopyrene, dimethylnitrosamine, methylmethanesulfonate and tetracycline induced formation of micro nucleated polychromatic erythrocytes indicating that these substances are genetic to bone marrow cells of the experimental mice.

Genotoxicity of these substances to germ cells was also observed when low fertility index and high percentage dead implants were induced in experimental mice.

When each genotoxin was administered to mice fed with diets containing 18% coconut oil for 23 days, the formation of micro nucleated

Polychromatic erythrocytes was greatly reduced.

Antigenotoxic activity of dietary coconut oil was very much greater than dietary soybean oil.