Coconut Oil Studies - Miscellaneous

October 24, 2018

18. 中鎖脂肪酸の様々な医学的用途について

 

 

 

 

1.  抗菌作用のあるココナッツオイルケーキ抽出物と銀ナノ粒子との、低コストで環境に優しい合成物

Low-cost and eco-friendly synthesis of silver nanoparticles using coconut (Cocos nucifera) oil cake extract and its antibacterial activity.

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26855063

 

2.  副生成物としてのグリセロールを除去する円柱形の抽出器を組み込んだ2段階充填床反応器中のココナッツオイルからの連続生産可能な酵素技術を用いたバイオディーゼル燃料生産。

Continuous enzymatic biodiesel production from coconut oil in two-stage packed-bed reactor incorporating an extracting column to remove glycerol formed as by-product.

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27277745

 

3.  ラウリン酸に富んだ中鎖トリグリセリドは、他の料理油の代用品になることができ、限定した病原性を有する可能性があります。

Lauric acid-rich medium-chain triglycerides can substitute for other oils in cooking applications and may have limited pathogenicity.

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27547436

要約

最近、ラウリン酸(LA)(C12)の大部分(約30%)を含有する中鎖トリグリセリド(MCT)が、サラダ油および調理用途での使用のために商業的に導入されている。

他の食用油に見られる長鎖脂肪酸と比較して、MCT中の中鎖脂肪は脂肪組織に貯蔵されにくく、インスリン抵抗性および炎症を促進する異所性脂肪代謝物を生じさせず、マクロファージを活性化する可能性が低い可能性がある。

摂取すると、中鎖脂肪酸は肝ミトコンドリアで急速に酸化され、得られたアセチル補酵素Aの過剰産物は、ケトン体生成を促進し、また、熱産生応答を引き起こす。

したがって、動物およびヒトにおける研究は、MCT摂取が、長鎖脂肪酸よりも肥満になり難いことを示している。

LAは血清コレステロールを上昇させる傾向があるが、HDLコレステロールに対するHDLコレステロールの比が低下するように、これに関して低密度リポタンパク質(LDL)よりも高密度リポタンパク質(HDL)にかなり大きな影響を及ぼす。

LAはココナッツオイルの脂肪酸の約50%を構成する。ココナッツオイルを食事脂肪の主要な供給源として使用する南アジアおよびオセアニアの社会では、心血管リスクが低い傾向があります。

ケトン体は神経保護効果を発揮することができるので、通常のMCT摂取によって誘導される中程度のケトーシスは神経保護能を有する可能性がある。

ラウリン酸塩豊富なMCTは、C6-C10を特徴とする従来のMCTと比較して、中温度での揚げ物がより容易となり、ラウリン酸の摂取で、緩やかな肝臓の酸化、血中ケトンレベルは低いのですが、持続的に安定した血中ケトン上昇パターンで生成する傾向がある。

Abstract

Recently, medium-chain triglycerides (MCTs) containing a large fraction of lauric acid (LA) (C12)-about 30%-have been introduced commercially for use in salad oils and in cooking applications.

As compared to the long-chain fatty acids found in other cooking oils, the medium-chain fats in MCTs are far less likely to be stored in adipose tissue, do not give rise to 'ectopic fat' metabolites that promote insulin resistance and inflammation, and may be less likely to activate macrophages.

When ingested, medium-chain fatty acids are rapidly oxidised in hepatic mitochondria; the resulting glut of acetyl-coenzyme A drives ketone body production and also provokes a thermogenic response.

Hence, studies in animals and humans indicate that MCT ingestion is less obesogenic than comparable intakes of longer chain oils.

Although LA tends to raise serum cholesterol, it has a more substantial impact on high density lipoprotein (HDL) than low density lipoprotein (LDL) in this regard, such that the ratio of total cholesterol to HDL cholesterol decreases.

LA constitutes about 50% of the fatty acid content of coconut oil; south Asian and Oceanic societies which use coconut oil as their primary source of dietary fat tend to be at low cardiovascular risk.

Since ketone bodies can exert neuroprotective effects, the moderate ketosis induced by regular MCT ingestion may have neuroprotective potential.

As compared to traditional MCTs featuring C6-C10, laurate-rich MCTs are more feasible for use in moderate-temperature frying and tend to produce a lower but more sustained pattern of blood ketone elevation owing to the more gradual hepatic oxidation of ingested laurate.

 

4.  植物由来n-カプリル酸の藻類阻害効果とメカニズム

Algae-inhibitory effect and mechanism of plant source n-caprylic acid

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27301212

緑膿菌のWikipedia:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B7%91%E8%86%BF%E8%8F%8C

要約

目的:M. aeruginosaにおけるココナッツオイルから抽出された植物源のn-カプリル酸の藻類阻害効果およびメカニズムの研究。

方法:M.aeruginosaを0,12.5,25,50および100μL/ Lの濃度のココナッツオイルのn-カプリル酸でそれぞれ処理した。藻類密度、細胞透過性、抗酸化能の変化を測定した。

結果:ココナッツオイルのn-カプリル酸の濃度が高いほど、M.aeruginosaに対する阻害が強くなる。濃度が100μL/ Lで処理時間が96時間の場合、緑膿菌に対する阻害率は99%に達した。

対照群と比較して、実験群の藻類液体伝導率、核酸含量およびタンパク質含量が有意に増加した。

SOD活性は、ココナッツオイルのn-カプリル酸濃度(25μL/ L未満)の増加と共に増強されたが、ある濃度(25μL/ Lを超える)を超えると、その活性は大幅に低下した。

また、ココナッツオイルのn-カプリル酸濃度の増加に伴ってMDA含量が増加した。

結論:ココナッツ油のn-カプリル酸は、M.aeruginosaに対して有意な阻害効果を有する。そのメカニズムは、細胞膜透過性の変化および抗酸化能力の低下に大きく関係して

Abstract

OBJECTIVE: To research the algae-inhibitory effect and mechanism of a plant source n-caprylic acid extracted from coconut oil on M. aeruginosa.

METHODS: The M. aeruginosa were treated with 0, 12.5, 25, 50 and 100 μL/L densities of coconut oil n-caprylic acid respectively. And the change of algal density, cell permeability and antioxidant ability were measured.

RESULTS: The greater the concentration of coconut oil n-caprylic acid, the stronger the inhibition on M. aeruginosa. When the concentration was 100 μL/L and processed time was 96 h, the inhibition ratio on M. aeruginosa reached 99%.

Compared with the control group, the algal liquid conductivity, nucleic acid content and protein content of experimental groups increased significantly.

The SOD activity enhanced with the increasing of coconut oil n-caprylic acid concentration (under 25 μL/L), but when beyond a certain concentration (exceed 25 μL/L), its activity weakened greatly.

And the MDA content increased with the increasing of coconut oil n-caprylic acid concentration.

CONCLUSION: Coconut oil n-caprylic acid has a significant inhibiting effect on M. aeruginosa. Its mechanism may be largely related to cell membrane permeability change and antioxidant capacity reducing.

 

5.  化学的およびFTIR分光法を用いた、連続及び長時間の油揚げプロセスにおけるバージンココナッツオイル(VCO)の揚げ性能および酸化安定性のモニタリングに関する研究。

A study on monitoring of frying performance and oxidative stability of virgin coconut oil (VCO) during continuous/prolonged deep fat frying process using chemical and FTIR spectroscopy.

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25694709

要約

浸漬したベンガルグラムの連続的/長期間にわたる深い脂肪の揚げ物中のVirginココナッツオイル(VCO)の性能または品質を、180℃±5℃で8時間、物理化学的および流動学的パラメータの助けを借りて評価した。

化学的変化は、遊離脂肪酸(FFA)含量およびTBAが、0.11から0.98%のラウリン酸および0.06から0.61のマロンアルデヒド/油1kgからそれぞれ有意に増加した(p≦0.05)ことを示した。

最初に、VCO試料の過酸化物価(PV)は3.25meqO2 / kgであり、6時間のフライ後に9.12meqO2 / kgに増加したが、フライ終了時にPVの値は再び減少する(8.01meqO2 / kg)。

CD232、CT270と揚げ時間との間の回帰係数(R(2))は、それぞれ0.964および0.983であった。 CIELABカラースケールで測定されたL *、a *およびb *色彩値は、8時間の連続揚げ後のL *の減少およびa *、b *値の増加を示した。

p-AVおよび全極性化合物は、それぞれ2.41から17.93および2.77から8.14%に有意に増加した(p≦0.05)。初めに、VCOの粘度は49.87cpであり、これは8時間の連続的なフライ後に69.87cpに増加した。

FTIRスペクトルは、8時間のフライ後のVCOサンプルが、連続フライで8時間後のヒドロペルオキシド分解に由来するカルボニル化合物に主に対応する1,739cm -1の周波数で変化が生じないので、VCOは安定で許容可能であることが判明した。

Abstract

The performance or quality of the Virgin coconut oil (VCO) during continuous/prolonged deep fat frying of soaked bengal gram dhal was evaluated at 180 °C ± 5 °C for 8 h with the help of physico-chemical and rheological parameters. 

Chemical changes indicated that the free fatty acid (FFA) content and TBA increased significantly (p ≤ 0.05) from 0.11 to 0.98 % lauric acid and 0.06 to 0.61 malonaldehyde/kg of oil respectively. 

Initially, the peroxide value (PV) of VCO sample was 3.25 meqO2/kg which increased to 9.12 meqO2/kg after 6 h of frying but at the end of frying the value of PV was again found to decrease (8.01 meqO2/kg).

The regression coefficients (R(2)) between CD232, CT270 and frying time were 0.964 and 0.983 respectively. The L*, a* and b* colour values measured on the CIELAB colour scale showed a decrease in L* and increase in a*, b* values after 8 h of continuous frying.

The p-AV and total polar compounds were increased significantly (p ≤ 0.05) from 2.41 to 17.93 and 2.77 to 8.14 % respectively. Initially, the viscosity of VCO was 49.87cp which increased to 69.87cp after 8 h of continuous frying. 

The FTIR spectra justify that VCO samples after 8 h of frying found to be stable and acceptable as there was no change occurred at 1,739 cm(-1) frequency which mainly corresponded to carbonylic compounds resulted from the hydroperoxide decompositions after 8 h of continuous frying.

 

6.  組織病理検査室における清浄剤としてのココナッツオイルとキシレンとの有効性の比較について

Comparing the efficacy of coconut oil and xylene as a clearing agent in the histopathology laboratory.

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25364179

 

7.  ナイジェリア経済に於いてココヤツの椰子の実の可能性の活用することについて

Harnessing the potentials of the Coconut Palm in the Nigerian Economy

http://www.thinkinginbinary.net/crc/wp-content/uploads/2015/11/Harnessing-the-Potentials-of-the-Coconut-Palm-in-the-Nigerian-Economy-3.pdf

要約

ココナツの椰子はナイジェリア固有のものではありませんが、摂氏25度〜28度の年間平均気温、200ミリメートルの年間降雨量の場所でうまく生育します。

ナイジェリアでココナッツの生産と生産性を向上させる大きな可能性があります。

ナイジェリアのココナッツ保有数の低い生産性は、管理方法が貧弱で、樹木の密度が高く、土壌の肥沃度管理が不十分であり、肥料の使用が不十分で、病害虫が貧しく、病気が抑制されているためです。

ココナッツ貿易を発展させてナイジェリア経済の具体的な改善をもたらすためには、生産者、国家政策立案者、民間セクター、国際産業の間のパートナーシップが不可避である。

政策は、ココヤツの椰子の生産のすべての鎖において生産性を高める民間セクター主導の政策でなければならない。

このペーパーは、数百万人のナイジェリア人に食料、原材料、収入、雇用を提供することによって、ココヤツの椰子の実の可能性と国の経済発展におけるその役割を明らかにするためのものです。

Abstract

The coconut palm though not indigenous to Nigeria, grows well in places with a mean annual temperature of Celsius 25 degrees to 28 degrees and annual rainfall of 200mm.

Great potentials exist for increasing coconut production and productivity in Nigeria.

The low productivity of few coconut holdings in Nigeria is as a result of poor management practices, high density plannings in the grobes, poor soil fertility management, lack of fertilizer use, poor pest and diseases control.

In other for the development of the coconut product trade to result in tangible improvement in the Nigerian economy, partnership between producers, national policy makers, the private sector and the international industry is inevitable.

Policies that are made should be private sector driven yjereby increasing productivity in all chains of coconut palm production.

This paper is designed to unveil the potentials of the coconut palm and its role in the development of the  nation's rconomy, by providing food, raw materials, income and employment to millions of Nigerians.

 

8.  スナノミ症と皮膚幼虫移行症 :不愉快な旅行土産 寄生虫

Tungiasis and cutaneous larva migrans: unpleasant travel souvenirs

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/20088345

Tungiasisは Tungapenetrans と呼ばれる寄生ノミによって引き起こされる皮膚の病気、スナノミ症。 

他の関連種によりそれをまた引き起こすことができます。 ノミはまた砂ノミ、 chigoe、ジガーと呼び、人間だけでなく、ブタ、犬、猫および牛のような他の動物を咬む寄生虫です。

皮膚幼虫移行症(英: cutaneous larva migrans;CLM)とは寄生虫の幼虫により引き起こされるヒトの皮膚病であり、ブラジル鉤虫(Ancylostoma braziliense)を原因とするものが最も多い。

要約

砂ノミ病と皮膚幼虫移行症は、寄生虫の皮膚病では、感染物質が一時的に人間の皮膚に侵入するだけです。

寄生虫は現場で死に、最終的には組織修復機構によって排除される。 

両方共に動物の病気です。

ヒトは誤って偶蹄目動物の鉤虫幼虫の宿主になり(皮膚幼虫遊走を引き起こす)、しかし家畜は頻繁にTunga penetransに感染する。

熱帯および亜熱帯地域への旅行者では、真菌症および皮膚幼虫移行症が最も一般的な皮膚疾患です。

診断は臨床的に行われます。 

真菌症では、臨床症状は疾患の段階に依存する。激しい局所炎症および細菌の重複感染が一般的である。

皮膚幼虫遊走は、イベルメクチンまたはアルベンダゾールで経口的に処置される。

ココナッツオイルに基づく忌避剤は、砂のノミの浸透を効果的に防止する。

Abstract

Tungiasis (sand flea disease) and cutaneous larva migrans (creeping eruption) are parasitic skin diseases in which the infectious agents only temporarily invade human skin.

The parasites die in situ and eventually are eliminated by tissue repair mechanisms. Both diseases are zoonoses.

Humans only accidentally become a host for animal hookworm larvae (resulting in cutaneous larva migrans), but get infected with Tunga penetrans as frequent as domestic animals.

In travelers to tropical and subtropical regions tungiasis and cutaneous larva migrans are the most common imported skin diseases.

The diagnosis is made clinically. In tungiasis the clinical manifestations depend on the stage of the disease.

Intense local inflammation and bacterial superinfection are common.

Cutaneous larva migrans is treated orally with ivermectin or albendazole.

A repellent based on coconut oil effectively prevents penetration of sand fleas.

 

 

9.   ヴァージンココナッツオイル 新しい機能生食用オイル

Virgin coconut oil: emerging functional food oil

https://www.sciencedirect.com/science/article/abs/pii/S0924224409002052

ヴァージンココナッツオイル(VCO)は、機能性食用油として普及しており、国民の認識が高まっています。 

VCOは市場で劇的な成長を経験することが期待されています。 VCOの導入は、商業ココナッツオイルで既に知られていること以外に、基本的に新しいことを明らかにする新しい研究を開いています。 このホワイトペーパーでは、VCOに関連するいくつかの調査結果について主に説明します。 VCOの物理化学的特性、抗酸化活性、臨床および認証研究は、このレビューで取り上げられたいくつかの話題です。

Virgin coconut oil (VCO) is growing in popularity as functional food oil and the public awareness of it is increasing. It is expected that VCO will experience a dramatic growth in the market. The introduction of VCO has open up new research that basically reveals new things besides what has already been known on commercial coconut oil. This paper mainly discusses on some of the findings associated with VCO up to date. Physicochemical properties, antioxidant activity, clinical and authentication studies of VCO were some of the topics addressed in this review.

 

 

10.  鶏のエサにココナッツミルクとココナッツオイルを与える効果

The Effect of Coconut Meal and Coconut Oil in Poultry Rations on the Performance of Laying Hens

https://academic.oup.com/ps/article-abstract/51/4/1126/1575692/The-Effect-of-Coconut-Meal-and-Coconut-Oil-in?redirectedFrom=fulltext

要約

ココナッツミール0,10,20,30,40%、ココナッツオイル0〜10%の効果を研究するために、168日間の5×2階級配置において、200個の40個のレグホン用プルレットを用いて、生産速度、効率体重、卵重、卵脂レベルおよび卵脂の脂肪酸組成に依存する。ココナッツオイルを0%のココナッツミールは卵の産卵率を増加させ、20%の食事が添加されたときにピークに達した。

ココナッツオイルもまた、生産率と効率を高めました。

各油水準グループ内では、飼料効率は生産率に直接関係していた。

ココナッツオイルを摂取している鶏は136グラムを得ました。

餌を与えなかった者は79グラムを失った。

各オイルのレベル群内で、体重増加は、供給されたココナッツミールのレベルに反比例していた。

卵の重量は、ココナッツミールを供給すればする程低下し、ココナッツオイル量に比例して増加した。卵の脂肪含量は治療によって有意に変化しなかったが、ココナッツオイルを添加するとラウリン(C12:0)およびミリスチン(C14:0)のレベルが上昇し、ステアリン酸(C18:0)、オレイン酸(C18:脂肪中のリノール酸(C18:2)酸の含有率が低下しました。

Abstract

Two hundred forty Leghorn pullets were used in a 168-day 5 × 2 factorial arrangement to study the effects of 0, 10, 20, 30 or 40% coconut meal and 0 to 10% coconut oil to layer diet on rate of production, efficiency, body weight, egg weight, egg fat level and fatty acid composition of egg fat. With 0% added oil, coconut meal increased rate of egg production, with this rate reaching a peak when 20% meal was added.

Coconut oil also increased rate of production and efficiency.

Within each oil level group, feed efficiency was directly related to production rate. Birds receiving oil gained 136 gms. per bird while those fed no oil lost 79 gms.

Within each oil level group, weight gain was inversely related to the level of coconut meal fed.

Egg weight was depressed by feeding coconut meal and increased by coconut oil. Fat content of the egg was not significantly altered by treatment but adding oil increased the level of lauric (C12:0) and myristic (C14:0) acids and decreased the level of stearic (C18:0), oleic (C18:1) and linoleic (C18:2) acids in the fat.

 

 

 

Please reload

特集記事

Oil Pulling Therapy

March 16, 2017

1/10
Please reload

最新記事

June 11, 2019

June 1, 2019