Coconut Oil Studies - Weight Management

16. 中鎖脂肪酸で、できる体重管理

1. ラウリン酸に富んだ中鎖トリグリセリドは、調理オイルの代用でき、限られた病原性を有する可能性がある。

Lauric acid-rich medium-chain triglycerides can substitute for other oils in cooking applications and may have limited pathogenicity.

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27547436

要約

本研究の目的は、市販の酪酸、ココナッツオイル、亜麻仁油のブレンドであるNeoTec4(Provimi North America、Brookville、OH)に牛乳の代替品(MR)を補給する効果を、子牛の成長、効率、および免疫機能の指標を含む。

試験1aでは、48頭のオスのホルスタイン牛に動物脂肪のみを含む対照MRまたは自由選択スターターとともにNeoTec4(治療)を与えた同じMRを与えた。 MR(28.7%の粗タンパク質、15.6%の脂肪)は、平均1kgの乾物(DM)/ dで給餌された。

試験1bでは、試験1aの離乳した子牛は、すべてNeoTec4(第1相)なしで28日間ドライスターターを給餌し、次いで、子牛の半分に28日間(第2相)NeoTec4を給餌した。

試行2では、40頭のオスのホルスタイン牛にラード、ココナッツオイル、大豆レシチンを入れた対照MR、またはNeoTec4を補った同じMR(治療)を与えた。

MR(22.8%粗タンパク質、18.9%脂肪)は平均1kgのDM / dで給餌された。スターターは供給されなかった。試験1aでは、NeoTec4は平均一日増加量、飼料摂取量、飼料効率を改善し、子ウシがスクワウアーを経験した日数を減少させ、クロストリジウム病の治療を減少させた。

試験1aおよび2において、NeoTec4は、5週齢のパスツレラによるワクチン接種に対する炎症応答を変化させ、低体温および食欲減退によって観察されるように、2週齢未満(ネオテック4を6日間与えた)でサルモネラ毒素をチャレンジするように改変し、腫瘍壊死因子-α応答を変化させた。

さらに、NeoTec4は、ウシウイルス性下痢および呼吸器系パラインフルエンザ-3に対するIL-4および球状タンパク質の推定後の応答および力価を増強した。

ポストチャレンジ血清アルブミン濃度は低かったが、尿素窒素濃度は対照牛ではNeoTec4を与えた仔牛より高かった。

試行1bでは、最初の28日には仔牛にNeoTec4を投与しなかったが、28日目にNeoTec4を投与した仔牛は毎日の平均摂取量と飼料効率がより高くなった。

私たちは、NeoTec4を用いたMRの補充は、ウシのウイルス性下痢および呼吸器パラインフルエンザ3ワクチン接種に対する力価の増加、スクワウジングの減少、クロストリジウム病の治療の減少、成長率および飼料効率の改善を含むいくつかの免疫および炎症反応を変化させると結論する。

Abstract

The aim of the present study was to determine the effect of supplementing milk replacer (MR) with NeoTec4 (Provimi North America, Brookville, OH), a commercially available blend of butyric acid, coconut oil, and flax oil, on calf growth, efficiency, and indices of immune function.

In trial 1a, 48 male Holstein calves were fed either a control MR that contained only animal fat or the same MR with NeoTec4 (treatment) along with free-choice starter. The MR (28.7% crude protein, 15.6% fat) was fed at an average of 1 kg of dry matter (DM)/d.

In trial 1b, weaned calves from trial 1a were all fed dry starter for 28 d without NeoTec4 (phase 1), and then half the calves were fed NeoTec4 for 28 d (phase 2).

In trial 2, 40 male Holstein calves were fed a control MR with lard, coconut oil, and soy lecithin or the same MR supplemented with NeoTec4 (treatment).

The MR (22.8% crude protein, 18.9% fat) was fed at an average of 1 kg of DM/d; no starter was fed. In trial 1a, NeoTec4 improved average daily gain, feed intake, and feed efficiency, reduced the number of days that calves experienced scours, and reduced the medical treatments for clostridium sickness.

In trials 1a and 2, NeoTec4 altered the inflammatory response to vaccination with Pasteurella at 5 wk of age and to challenge with Salmonella toxin at less than 2 wk of age (fed NeoTec4 for 6 d), as observed by reduced hyperthermia and hypophagia, and altered the tumor necrosis factor-α response.

In addition, NeoTec4 enhanced the response in IL-4 and globular protein estimates postchallenge and enhanced titers for bovine viral diarrhea and respiratory parainfluenza-3.

Postchallenge serum concentrations of albumin were lower and urea nitrogen concentrations were greater in control calves than in calves fed NeoTec4.

In trial 1b, performance did not differ during the first 28 d when no calves received NeoTec4, but calves receiving NeoTec4 in the second 28 d had greater average daily gain and feed efficiency.

We conclude that supplementation of MR with NeoTec4 alters some immune and inflammatory responses, including increasing titers to bovine viral diarrhea and respiratory parainfluenza-3 vaccinations, reduces scours, reduces medical treatments for clostridium sickness, and improves growth rates and feed efficiency.

2. ヴァージンココナッツオイル の摂取で、HDLコレステロールを増加し、冠動脈疾患患者の肥満および体重を減少さします。

A COCONUT EXTRA VIRGIN OIL-RICH DIET INCREASES HDL CHOLESTEROL AND DECREASES WAIST CIRCUMFERENCE AND BODY MASS IN CORONARY ARTERY DISEASE PATIENTS.

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26545671

要約

前書き:飽和脂肪酸オイルの制限は、冠動脈疾患に推奨されていますが、脂質プロファイルの管理におけるヴァージンココナツオイル 、ラウリン酸の役割は不明である。

目的:人体測定パラメータおよび脂質プロファイルにおけるヴァージンココナッツオイルの摂取の栄養治療について効果を評価する。

方法:我々は、CADを提示する男女116名の縦断研究を行った。

患者は2段階で追跡された:第1段階(基礎3ヶ月)、集中栄養治療。第2段階(3〜6ヶ月)では、被験者を2つのグループに分けた。余剰ヴァージンココナッツオイル摂取(GDOC)およびダイエットグループ(DG)に関連するダイエットグループ。

体重、胴囲(WC)、首周長(PP)、肥満指数(BMI)を毎月測定しています。

血圧を測定し、総コレステロール分析およびアポタンパク質(Apo A-1およびB)、グルコース、糖化ヘモグロビン(HbA1C)、インスリン(I)について、血液サンプルを12時間絶食させた。ペアレントスチューデントt-独立を用いた研究の始めと終わりの平均を比較する。そして、ANOVAを使用してBMIにより拡張期血圧を設定する。有意なp <0.05であるSPSS統計パッケージを用いて分析を行った。

結果:人口の平均年齢は62.4±7.7歳、男性63.2%、老人70%、梗塞77.6%、狭心症、高血圧および異常脂質血症の52.6%であった。第1段階では、他のパラメーターを変更することなく、体重、WC、BMIおよびPPおよびインスリン濃度、HbA1C、HOMA-IRおよびQUICKを栄養治療により減少させた。研究の第2段階では、GDOCが体重の減少(BMI、WC)を維持し、DC群(-2.1±2,7cm; p <0.01)の間で有意差が認められた。さらに、HDL-C濃度(3.1±7.4mg / dL; p = 0.02)についてのみ、GDの有意差があるHDL-C濃度Apo Aの増加があった。

結論:ヴェージンココナッツオイルの摂取に関連する栄養治療が、CAD患者のCCおよびHDL-Cレベルを低下させることが観察された。

Abstract

INTRODUCTION: saturated fat restriction has been recommended for coronary arterial disease, but the role of coconut oil (Cocos nucifera L.) extra virgin, lauric acid source in the management of lipid profile remains unclear.

OBJECTIVE: to evaluate the effect of nutritional treatment associated with the consumption of extra virgin coconut oil in anthropometric parameters and lipid profile.

METHODS: we conducted a longitudinal study of 116 adults of both sexes presenting CAD. Patients were followed in two stages: the first stage (basal-3 months), intensive nutritional treatment. In the second stage (3-6 months), the subjects were divided into two groups: diet group associated with extra virgin coconut oil consumption (GDOC) and diet group (DG). Held monthly anthropometric measurements: body mass, waist circumference (WC), neck circumference (PP), body mass index (BMI). Gauged to collected blood pressure and blood samples were fasted for 12 hours, for total cholesterol analysis and fractions apoproteins (Apo A-1 and B), glucose, glycated hemoglobin (HbA1C), insulin (I). Comparing the averages at the beginning and end of the study employing the paired Student t-independent. And set the diastolic blood pressure by BMI using ANOVA. Analyses were performed using the SPSS statistical package, being significant p < 0.05.

RESULTS: the mean age of the population was 62.4 ± 7.7 years, 63.2% male, 70% elderly, 77.6% infarcted, 52.6% with angina, hypertension and dyslipidemia 100%. In the first stage the nutritional treatment reduced body weight, WC, BMI and PP and insulin concentrations, HbA1C, HOMA-IR and QUICK, without changing the other parameters. In the second stage of the study, it was observed that the GDOC maintained the reduction of body mass, BMI, WC, with a significant difference between groups for DC (-2.1 ± 2,7 cm; p < 0.01). In addition, there was an increase in HDL-C concentrations, Apo A, with significant difference in GD, only for HDL-C (3.1 ± 7.4 mg/dL; p = 0.02).

CONCLUSION: it was observed that the nutritional treatment associated with extra virgin coconut oil consumption reduced the CC and increased HDL-C levels in patients with CAD.

3. 犬に於ける体組成と体重増加に対するカロリー制限期間外で減量食摂取効果。

Effect of feeding a weight loss food beyond a caloric restriction period on body composition and resistance to weight gain in dogs.

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26225609

4. マウスに於いて、ダイズ油は、ココナッツオイルやフルクトースよりも肥満性で、糖尿病性である:肝臓の潜在的役割

Soybean Oil Is More Obesogenic and Diabetogenic than Coconut Oil and Fructose in Mouse: Potential Role for the Liver

https://journals.plos.org/plosone/article?id=10.1371/journal.pone.0132672

要約

米国での肥満の流行は、食物、特に脂肪およびフルクトースの寄与の可能性を広範に研究しています。

近年、多価不飽和脂肪酸(PUFAs)が豊富な大豆油の摂取量の増加が、流行において因果的役割を果たすことが提案されている。ここでは、肥満や糖尿病に対する飽和脂肪と不飽和脂肪、果糖の影響を調べるために、4種類のアイソカロリーダイエット(HFD、SO-HFD、F-HFD、F-SO-HFD)を対象としました。

ココナッツオイルと大豆油(SO-HFD、40%kcal総脂肪)から脂肪を適度に高めた食事を与えたC57 / BL6雄マウスは、体重増加、肥満、糖尿病、耐糖能障害およびインスリン抵抗性の統計学的に有意な増加を示した主にココナッツオイル(HFD)からなる食事。

彼らはまた、肝細胞バルーン形成および非常に大きな脂質液滴ならびにより短い結腸陰窩長を有する脂肪肝を有していた。

高フルクトース食(F-HFD)はSO-HFDほどの肥満や糖尿病を引き起こさなかったが、直腸脱出や脂肪肝を引き起こしたがバルーン傷害はなかった。

ココナッツオイルの食事(フルクトースの有無にかかわらず)は脾臓重量を増加させたが、大豆油の存在下でフルクトースは腎重量を増加させた。肝臓の代謝物分析では、PUFAsおよびその代謝産物ならびにγ-トコフェロールの蓄積が増加したが、SO-HFDではコレステロールが減少していた。

肝トランスクリプトーム解析により、SOD-HFD対HFD肝臓、特にCyp3aおよびCyp2cファミリーにおけるシトクロムP450(Cyp)遺伝子の全体的な調節不全が明らかになった。

大豆油の食餌によって、肥満(例えば、Cidec、Cd36)、糖尿病(Igfbp1)、炎症(Cd63)、ミトコンドリア機能(Pdk4)および癌(H19)に関与する他の遺伝子もアップレギュレートされた。

まとめると、我々の結果は、マウスでは、大豆油が高い食事は、フルクトースまたはヤシ油が多い食事よりも代謝の健康に有害であることを示している。

Abstract

The obesity epidemic in the U.S. has led to extensive research into potential contributing dietary factors, especially fat and fructose.

Recently, increased consumption of soybean oil, which is rich in polyunsaturated fatty acids (PUFAs), has been proposed to play a causal role in the epidemic. Here, we designed a series of four isocaloric diets (HFD, SO-HFD, F-HFD, F-SO-HFD) to investigate the effects of saturated versus unsaturated fat, as well as fructose, on obesity and diabetes.

C57/BL6 male mice fed a diet moderately high in fat from coconut oil and soybean oil (SO-HFD, 40% kcal total fat) showed statistically significant increases in weight gain, adiposity, diabetes, glucose intolerance and insulin resistance compared to mice on a diet consisting primarily of coconut oil (HFD).

They also had fatty livers with hepatocyte ballooning and very large lipid droplets as well as shorter colonic crypt length.

While the high fructose diet (F-HFD) did not cause as much obesity or diabetes as SO-HFD, it did cause rectal prolapse and a very fatty liver, but no balloon injury.

The coconut oil diet (with or without fructose) increased spleen weight while fructose in the presence of soybean oil increased kidney weight. Metabolomics analysis of the liver showed an increased accumulation of PUFAs and their metabolites as well as γ-tocopherol, but a decrease in cholesterol in SO-HFD.

Liver transcriptomics analysis revealed a global dysregulation of cytochrome P450 (Cyp) genes in SO-HFD versus HFD livers, most notably in the Cyp3a and Cyp2c families.

Other genes involved in obesity (e.g., Cidec, Cd36), diabetes (Igfbp1), inflammation (Cd63), mitochondrial function (Pdk4) and cancer (H19) were also upregulated by the soybean oil diet.

Taken together, our results indicate that in mice a diet high in soybean oil is more detrimental to metabolic health than a diet high in fructose or coconut oil.

5. 体重減少および体組成に関する中鎖脂肪酸効果:無作為化比較試験のメタアナリシス

Effects of medium-chain triglycerides on weight loss and body composition: a meta-analysis of randomized controlled trials.

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25636220

6. 中鎖脂肪酸とチリとの混合物の摂取は、通常の体重の人が摂取した食事から得た熱発生量は増加します。

Combined medium-chain triglyceride and chilli feeding increases diet-induced thermogenesis in normal-weight humans.

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/23179202

7. ココナッツオイルの健康特性

Health Properties of Coconut Oil

http://www.thinkinginbinary.net/crc/wp-content/uploads/2015/11/Health-Properties-of-Coconut-Oil-Fife-1.pdf

8. 中鎖脂肪酸ナノリポソームは、マウスでの体脂肪蓄積を抑制します。

Medium-chain fatty acid nanoliposomes suppress body fat accumulation in mice.

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/21733323

9. 内臓肥満の減量に於ける、ヴァージンココナッツオイルの有効性と安全性を評価するオープンラベルパイロット試験

An open-label pilot study to assess the efficacy and safety of virgin coconut oil in reducing visceral adiposity.

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/22164340

10. 中鎖および長鎖のトリアシルグリセロールは、体重過多ではあるが肥満になっていない中国人について、高トリアシルグリセロール血症において、体脂肪および血中トリアシルグリセロールを減らします。

Medium- and long-chain triacylglycerols reduce body fat and blood triacylglycerols in hypertriacylglycerolemic, overweight but not obese, Chinese individuals.

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/20473577

11. 中鎖脂肪酸:生活習慣病の予防および治療のための機能性脂質。

Medium-chain fatty acids: functional lipids for the prevention and treatment of the metabolic syndrome.

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/19931617

要約

生活習慣病は、心血管疾患の罹患率および死亡率の増加に影響し、腹部肥満、異常脂質血症、高血圧、および空腹時グルコース障害などの代謝障害のクラスターである。

生活習慣病の病因は複雑であり、正確なメカニズムは解明されていないが、食用脂質は心血管リスクのクラスター化の発症および予防に寄与する因子として認識されている。

このレビューでは、生活習慣病の発達における中鎖脂肪酸(MCFAs)および中鎖トリグリセリド(MCT)の生理学的機能および分子作用を探ります。

実験的研究は、MCFAs / MCTの摂取は、動物およびヒト被験者における熱形成および脂肪酸化の増強を介して脂肪沈着を抑制することを実証している。

さらに、いくつかの報告では、MCFAs / MCTが、動物モデルや2型糖尿病患者におけるインスリン感受性を元通りにする利点をもたらします。

Abstract

Metabolic syndrome is a cluster of metabolic disorders, such as abdominal obesity, dyslipidemia, hypertension and impaired fasting glucose, that contribute to increased cardiovascular morbidity and mortality.

Although the pathogenesis of metabolic syndrome is complicated and the precise mechanisms have not been elucidated, dietary lipids have been recognized as contributory factors in the development and the prevention of cardiovascular risk clustering.

This review explores the physiological functions and molecular actions of medium-chain fatty acids (MCFAs) and medium-chain triglycerides (MCTs) in the development of metabolic syndrome.

Experimental studies demonstrate that dietary MCFAs/MCTs suppress fat deposition through enhanced thermogenesis and fat oxidation in animal and human subjects. Additionally, several reports suggest that MCFAs/MCTs offer the therapeutic advantage of preserving insulin sensitivity in animal models and patients with type 2 diabetes.

13. 中鎖脂肪酸および長鎖脂肪酸トリアシルグリセロールは、体重過多および高トリグリセリド血症の被験者に於いて、減量と血清トリグリセリドを減らします。

Medium- and long-chain fatty acid triacylglycerol reduce body fat and serum triglyceride in overweight and hypertriglyceridemic subjects

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/20137557

14. 中鎖トリアシルグリセロールを投与されたラットの神経ペプチドYおよびレプチン濃度の変化について

Changes of neuropeptide Y and leptin levels in rat fed with medium-chain triacylglycerides

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/19877509

15. 肥満女性の生化学的身体計測プロファイルの、ココナッツオイル摂取効果

Effects of dietary coconut oil on the biochemical and anthropometric profiles of women presenting abdominal obesity.

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/19437058

16. 中鎖および長鎖トリアシルグリセロールを摂取すると、中国人の高トリグリセリド血症患者の体脂肪と血中トリグリセリドを減らします。

Consumption of medium- and long-chain triacylglycerols decreases body fat and blood triglyceride in Chinese hypertriglyceridemic subjects.

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/19156155

17. ウサギにおけるのTSHレベルと体重増に就いて、ココナッツオイルと大豆油との効果比較

Comparison of the Effects of Coconut Oil and Soyabean Oil on TSH Level and Weight Gain in Rabbits

http://www.thinkinginbinary.net/crc/wp-content/uploads/2015/11/Comparison-of-the-Effects-of-Coconut-Oil-and-Soyabean-Oil-1.pdf

18. 男性高トリグリセリド血症患者の体脂肪と血中脂質プロファイルでの中鎖脂肪酸と長鎖脂肪酸を有するオイルへの良好な反応。

A good response to oil with medium- and long-chain fatty acids in body fat and blood lipid profiles of male hypertriglyceridemic subjects.

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/19786383

19. ラットの、中鎖トリアシルグリセロール摂取後の食物摂取量の減少

Decrease of food intake in rats after ingestion of medium-chain triacylglycerol.

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/19926929

20. 脂質 - タンパク質代謝と肥満に関する中鎖脂肪酸摂取の有用性と議論の争点

Usefulness and controversial issues of middle-chain fatty acids consumption on lipid-protein metabolism and obesity

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/18560695

21. ラットの中鎖トリアシルグリセロールの摂取と運動との併用で、体脂肪量は減少し、エネルギー消費量は増加します。

Combined intervention of medium-chain triacylglycerol diet and exercise reduces body fat mass and enhances energy expenditure in rats.

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/18490843

22. 中鎖トリアシルグリセロールオイルの摂取を含む減量食は、オリーブ油よりも体重と脂肪減少率が大きい。

Weight-loss diet that includes consumption of medium-chain triacylglycerol oil leads to a greater rate of weight and fat mass loss than does olive oil.

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/18326600

23. 中鎖脂肪酸の摂取:体脂肪の蓄積を抑制する食用油。

The application of medium-chain fatty acids: edible oil with a suppressing effect on body fat accumulation.

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/18296368

24. 過体重だが健康な人を対象にして行った、ヴァージンココナッツオイルの減量と脂質プロファイルでの 効果について

The effect of virgin coconut oil on weight and lipid profile among overweight, healthy individuals.

http://www.coconutresearchcenter.org/index.php/medical-research/coconut-research/effect-of-virgin-coconut-oil-on-weight/

要約

さまざまな研究から、バージンココナッツオイル(VCO)は以下の化学的性質を有することが分かった。これは、飽和脂肪酸で化学的に中鎖脂肪酸(MCFA)であり、他の脂肪酸と一意的に異なり、カロリー値がグラム当たり最低のグラムであるが、依然として最高のエネルギー消費をもたらす。

MCFAのもう一つの特殊な特徴は、トリグリセリドではなく脂肪酸として循環するため、脂肪組織に沈着しないことです。

さらに、彼らは体の代謝率を上昇させ、熱力学的効果を与え、動物性脂肪と同様に、満腹感を誘発し、一回食べることで体重減少を引き起こす可能性があります。

1965年から1994年にかけて行われたいくつかのヒト研究では、ラウリン酸、ミリスチン酸およびパルミチン酸はコレステロール上昇作用を有するが、異なる潜在レベルのものであることが示唆された。

Mensinkらによる60件の対照試験のメタ分析。 al。 2003年にはラウリン酸が総コレステロールを大幅に増加させたが、その効果の大部分は高密度リポタンパク(HDL)コレステロールにあった。

インドで行われた別の無作為化対照試験でも、低密度リポタンパク質レベルが低く、HDLレベルは、与えられたナッツおよびコプラ油と比較して、VCOを与えられた患者の血清および組織において45日間高かった。

一般的な目的は、体重、総コレステロール、トリグリセリド、LDL、高脂血症(LDL)、高脂血症(HDL)の処方ヤシ油の体重、総コレステロール、HDLへの影響を決定することです。

これはオープンラベルの無作為化対照試験であり、体重、総コレステロール、トリグリセリド、LDL、HDLの過体重の健康な個体におけるVCOの影響に関する試験的研究であり、計算されたサンプルサイズは50である。

31人の患者が包含基準を満たした。

VCO(n = 16)の経口摂取に無作為に割り付けられた16人の被験者(52%)が、ダイエットと運動のみ(対照)は15人(48%)であった。

VCOグループからの1つ、対照グループからの3つのドロップアウトがあります。

ベースラインとして、2つのグループは、年齢(p = .67)、性別(p = .94)、身長(p = .59)、体重(p = .77)、腹囲)、および体格指数(p = .08)が含まれる。

群内比較:VCOの経口摂取45日後、ベースライン(64kg〜59.9kg、p = 0.001)から統計的に有意な平均体重の減少が認められた。

この知見は対照群にも見られた。 (65.1~61.8kg、p = 0.02)。

試験後のコントロールでは、血清HDLの統計的に有意な減少が認められた(56.9mg / dL〜51.7mg / dL、p = 0.21)。

VCO群では非静的に有意な減少が見られた(54.8〜54.2、p = .69)。

総コレステロール、トリグリセリドおよびLDLに関して有意な変化は認められなかった。

群間比較:45日後、VCO群および対照群の平均体重に観察可能な統計学的差異は認められなかった(VCO = 59.9対コントロール= 61.8kg、p = .43)。

同様に、総コレステロール(176.8対181.5p = 0.79);トリグリセリド(66.5対65.9、p = .91)、LDL(107対113.4、p = 0.61)、HDL(54.2対51.7、p = 0.65)は統計的に差がない。

この試験における実証された血清脂質低下効果は決定的ではない。総コレステロール、トリグリセリドおよびLDLはベースラインから減少傾向を示したが、効果サイズは小さく、統計的に有意ではなかった。

健常人集団における血清脂質の変動を厳密に管理する大規模な試験が依然として必要である。

Abstract

From different researches, it was learned that virgin coconut oil (VCO) has the following chemical properties; It is a saturated fat, chemically a medium chain fatty acid (MCFA), which is uniquely different from other fatty acids in that it has the lowest caloric value gram per gram but still provides the highest energy expenditure. Another special feature of MCFA, is that they circulate as fatty acids, not as triglyceride, therefore are not deposited in fat tissues. Furthermore, they raise the body’s metabolic rate giving a thermogenic effect and like animal fats, induce satiety and make one stop eating, hence can lead to weight loss.

Several human studies done from 1965 to 1994 suggested that lauric, myristic, and palmitic acids have cholesterol-raising action but of different potential levels. A meta analysis of 60 controlled trials by Mensink et. al. 2003 showed that lauric acid greatly increased total cholesterol, but much of its effect was on high density lipoprotein (HDL) cholesterol. Another randomized control trial done in India also showed that low density lipoprotein levels were lower and HDL levels were higher in the serum and tissues of patients given VCO for 45 days compared with those given ground nut and copra oil.

The general objective is to determine the effects of virgin coconut oil on weight, total cholesterol, triglyceride, LDL, HDL among overweight otherwise health individuals.

This is an open-label, randomized control trial, a pilot study on the effects of VCO on weight, total cholesterol, triglyceride, LDL, HDL among overweight otherwise healthy individuals, with a computed sample size of 50.

Thirty one patients met the inclusion criteria.

16 subjects(52%) were randomized to oral intake of VCO (n=16) while 15 subjects (48%) to diet and exercise only (control).

4 dropprd out, one from the VCO group and 3 from the control group.

As baseline, the two groups were comparable in terms of age (p=.67), sex (p=.94), height (p=.59), weight (p=.77), abdominal circumference (p=.80), and body mass index (p=.08).

Within-groups comparison : After 45 days of oral intake of VCO, a statistically significient reduction in the mean weight was noted from baseline(64kg to 59.9kg, p=0.001).

This finding was also seen with the control group. (65.1 to 61.8kg, p=0.02).

A stastically significient decrease in the serum HDL was noted in the control after the trial (56.9mg/dL to 51.7mg/dL, p=0.21).

A non-statically significant reduction was seen in the VCO group (54.8 to 54.2, p=.69).

No significient change was noted in terms of the total cholesterol, triglycerides and LDL.

Between-Groups Comparison: After 45days, no observable statistical difference was noted in the mean weight the VCO group and the control group (VCO=59.9 vs Control=61.8kg, p=.43).

Likewise, total cholesterol (176.8 vs. 181.5 p=.79); triglycerides (66.5 vs. 65.9, p=.91), LDL (107 vs. 113.4, p=.61), HDL(54.2 vs 51.7, p=.65) wre not statistically different.

The demonstrated serum lipid-reducing effects in this trial are inconclusive. Although, total cholesterol, triglycerides and LDL showed a decreasing trend from baseline, the effect size was small and statistically insignificient.

Large scale trials that rigorously control for variation in serum lipids among the healthy population are still warranted.

25. 適度に過体重で、生活での制限が無い、2型糖尿病患者の減量およびインスリン感受性に及ぼす中鎖トリグリセリドの摂取効果。

Effects of dietary medium-chain triglyceride on weight loss and insulin sensitivity in a group of moderately overweight free-living type 2 diabetic Chinese subjects.

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/17570262

26. 上部消化管運動、血漿コレシストキニンとペプチドYY、そしてエネルギー摂取に関するラウリン酸効果は、ヒトには依存するが、濃度ではなく負荷である。

Effects of lauric acid on upper gut motility, plasma cholecystokinin and peptide YY, and energy intake are load, but not concentration, dependent in humans.

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed?term=581[volume]+AND+767[page]+AND+2007[pdat]&cmd=detailssearch

27. 中鎖および長鎖のトリアシルグリセロールの摂取は、ヒトの食事から誘発する発熱を促進します。

Dietary medium- and long-chain triacylglycerols accelerate diet-induced thermogenesis in humans.

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/17898493

28. 肥満ラットの体重増加および脂質代謝に関する中鎖脂肪酸効果

Effects of medium-chain fatty acid on weight gain and lipids metabolism in obese rats

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/16758968

29. ココナッツオイルの摂取すると、必須脂肪酸の欠乏とは無関係に、マウスにおいて共役リノール酸誘導体脂肪の損失を増加します。

Dietary coconut oil increases conjugated linoleic acid-induced body fat loss in mice independent of essential fatty acid deficiency

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed?term=1737[volume]+AND+52[page]+AND+2005[pdat]&cmd=detailssearch

共役リノール酸(きょうやくリノールさん、英: conjugated linoleic acid、略称 CLA)とはリノール酸の異性体のうち、炭素-炭素間の二重結合が2個共役した形の(-C=C-C=C- のように連続している)部分構造を持つものの総称である。

30. 食用脂肪、茶、乳製品、ナッツ類:体重調節のための潜在的機能性食品?

Dietary fats, teas, dairy, and nuts: potential functional foods for weight control?

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/15640454

31. 長鎖トリグリセリドと比較して、中鎖トリグリセリドの摂取で起きる脂肪酸化の大幅な増加は、低い初期体重や皮下脂肪組織の大きな損失に関連します。

Greater rise in fat oxidation with medium-chain triglyceride consumption relative to long-chain triglyceride is associated with lower initial body weight and greater loss of subcutaneous adipose tissue.

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/12975635?dopt=Abstract

32. 健康ボランティアの脂肪代謝に関する中鎖脂肪酸摂取とn-3長鎖多価不飽和脂肪酸の短期的効果

Short term effects of dietary medium-chain fatty acids and n-3 long-chain polyunsaturated fatty acids on the fat metabolism of healthy volunteers.

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/14622442

33. オクタノエートは、3T3-L1とヒト脂肪細胞でのトリグリセリド合成を阻害します。

Octanoate Inhibits Triglyceride Synthesis in 3T3-L1 and Human Adipocytes

https://academic.oup.com/jn/article/133/8/2512/4687992

34. 中鎖脂肪酸は体脂肪を減らし、ラットの脂肪生成遺伝子の発現を下方制御します。

Medium-chain oil reduces fat mass and down-regulates expression of adipogenic genes in rats.

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/12805394?dopt=Abstract

35. 中鎖トリアシルグリセロール、ファイトステロール、およびN-3脂肪酸を消費すると、体重過多の女性の心血管リスクプロファイルを改善します。

Consumption of an oil composed of medium chain triacyglycerols, phytosterols, and N-3 fatty acids improves cardiovascular risk profile in overweight women.

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/12800105?dopt=Abstract

36. 中鎖トリグリセリドは、過体重の男性のエネルギー消費を増加させ、肥満を減少します。

Medium-chain triglycerides increase energy expenditure and decrease adiposity in overweight men.

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/12634436?dopt=Abstract

37. 27日間の中鎖脂肪酸と長鎖脂肪酸の摂取比較では、中鎖脂肪酸摂取で体重過多の女性の体組成の変化無く、体脂肪の酸化とエネルギー消費を増加が見られました。

Medium- versus long-chain triglycerides for 27 days increases fat oxidation and energy expenditure without resulting in changes in body composition in overweight women.

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/12532160

要約

目的:中鎖トリグリセリド(MCT)対長鎖トリグリセリド(LCT)の長期消費がエネルギー消費(EE)、基質酸化および体組成に及ぼす影響を決定する。

仮説:MCT消費は、LCT消費と比較して、より大きなエネルギー消費(EE)、基質酸化および体重減少をもたらさない。

研究方法と手順:17人の健康な肥満女性が、このランダム化されたクロスオーバー入院試験に参加した。

食事は、27日間の2つの期間にわたって調製され、摂取された。

脂肪としてエネルギーの40%を含む食事は、全脂肪の75%を占める処理脂肪を伴って、個々の体重維持エネルギー需要を各被験者に供給するように設計された。 MCT食はMCT油(49%カプリル酸エステル、50%カプリン酸エステル)として処理脂肪の67%を含有したが、LCT食は処理脂肪としてのみ牛脂を含有した。

体組成は、各フェーズの1日目および28日目の磁気共鳴画像法(MRI)によって評価し、エネルギー消費量は2日目および27日目に測定した。

結果:MCTおよびLCT摂取後の総脂肪および皮下脂肪組織量は、変化しなかった(-0.61±0.38 l対-0.54±0.48 lおよび-0.58±0.35 l対-0.48 +/- 0.40 l)。

平均エネルギー消費(EE)および脂肪酸化は、MCTの間に、LCT消費よりも大きかった(EEについてそれぞれ0.95 +/- 0.019対0.90 +/- 0.024kcal /分およびEEについて0.095 +/- 0.0026対0.075 +/- 0.0022g /分である)。

考察:これらの結果は、LCT消費と比較した場合、MCTの長期消費が肥満女性のエネルギー消費(EE)及び脂肪酸化を促進することを示し、 MCTとLCT消費の間の体組成変化の差は、統計的には異なるものの、エネルギー消費(EE)の変化によって予測された差と一致した。目標のエネルギーバランス食でLCTをMCTに置換すると、エネルギー消費(EE)の増加による長期的な体重増加を防ぐことができると結論付けることができる。

Abstract

OBJECTIVE: To determine the effects of long-term consumption of medium chain (MCT) versus long chain triglycerides (LCT) on energy expenditure (EE), substrate oxidation and body composition.

HYPOTHESIS: MCT consumption will not result in greater EE, substrate oxidation, and body weight loss compared with LCT consumption.

RESEARCH METHODS AND PROCEDURES: Seventeen healthy obese women participated in this randomized, crossover inpatient trial. Meals were prepared and consumed on site for two periods of 27 days. Diets containing 40% of energy as fat, with treatment fat comprising 75% of the total fat, were designed to supply each subject with their individual weight-maintaining energy needs. The MCT diet contained 67% of treatment fat as MCT oil (49% octanoate, 50% decanoate) whereas the LCT diet contained exclusively beef tallow as treatment fat. Body composition was assessed by magnetic resonance imaging (MRI) on day 1 and 28 of each phase while energy expenditure was measured on day 2 and 27.

RESULTS: Changes in total and subcutaneous adipose tissue volumes following consumption of MCT and LCT were not different (-0.61+/-0.38 l vs -0.54+/-0.48 l and -0.58+/-0.35 l vs -0.48+/-0.40 l, respectively). Average EE and fat oxidation were greater (P<0.05) during MCT than LCT consumption (0.95+/-0.019 vs 0.90+/-0.024 kcal/min, respectively, for EE and 0.080+/-0.0026 vs 0.075+/-0.0022 g/min, respectively for fat oxidation).

DISCUSSION: These results show that long-term consumption of MCT enhances EE and fat oxidation in obese women, when compared to LCT consumption. The difference in body composition change between MCT and LCT consumption, although not statistically different, was consistent with differences predicted by the shifts in EE. It can be concluded that substitution of MCT for LCT in a targeted energy balance diet may prevent long-term weight gain via increased EE.

38. 健康な人間の体脂肪の蓄積に関する中鎖トリアシルグリセロールと長鎖トリアシルグリセロール(MLCT)の摂取効果について

Effect of dietary medium- and long-chain triacylglycerols (MLCT) on accumulation of body fat in healthy humans.

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/12810404

要約

我々は、構造化された中鎖および長鎖トリアシルグリセロール(MLCT)食が健康なヒトの体脂肪蓄積を減少させるかどうかを調べた。

この研究は、二重盲検ランダムデザインの下で行われた。

この研究に、93人の被験者が参加した。

しかし、10人の被験者は特定の食事を消費することができず、1人の被験者は脱退を希望した。その結果、この研究には82人の被験者が含まれていた

実験対象は、12週間の試験期間中、毎朝食時に1.7gのMCFA(中鎖脂肪酸)を含む14gのMLCT(中鎖トリアシルグリセロール・長鎖トリアシルグリセロール)で作られた試験パンを摂取し、対照の被験者は長鎖トリアシルグリセロール(LCT)で作られたパンを摂取した。

すべての被験者は同じ標準包装食品を摂取した。

体組成パラメータは体重、全身脂肪および腹部脂肪であり、血液分析には血清コレステロール、トリアシルグリセロールおよびリン脂質が含まれていた。

体重、体脂肪量、皮下脂肪および内臓脂肪の有意な減少は、MLCT群でLCT群のそれと比較して12週間顕著であった(P <0.05)。

さらに、LCT群と比較して、MLCT群では8週目に血清総コレステロールの有意な減少が認められた(P <0.05)。

しかし、他の血清パラメータは、MLCT群とLCT群とでは異ならなかった。

結果は、MLCT食餌の1日摂取が体重の減少および体脂肪の蓄積をもたらし、さらに血清総コレステロールを減少させることができることを示唆している。

Abstract

We investigated whether a structured medium- and long-chain triacylglycerols (MLCT) diet could decrease accumulation of body fat in healthy humans.

The study was conducted under a double-blind randomized design.

Ninety-three subjects participated in this study.

However, 10 subjects could not consume the specified meal, and one subject wished to opt out. Consequently, the study included 82 subjects.

The experimental subjects consumed the test bread, which was made with 14 g of MLCT containing 1.7 g MCFA, daily at breakfast during the study period of 12 weeks, and the control subjects consumed bread made with long-chain triacylglycerols (LCT).

All subjects consumed the same standard packaged meals.

Body composition parameters were body weight, total body fat and abdominal fat, and blood analyses included serum cholesterol, triacylglycerols and phospholipids.

Significant decreases of body weight, the amount of body fat, subcutaneous and visceral fat were noted in the MLCT group as compared with those of the LCT group for 12 weeks (P<0.05).

Furthermore, a significant decrease in serum total cholesterol was noted in the MLCT group as compared with that of the LCT group at 8 weeks (P<0.05).

However, other serum parameters were not different between the MLCT and LCT groups.

The results suggest that the daily intake of MLCT diet could result in a reduction in body weight and in accumulation of body fat, and, moreover, it could reduce serum total cholesterol.

39. 中鎖トリグリセリドの生理作用:肥満予防の潜在的な薬剤

Physiological effects of medium-chain triglycerides: potential agents in the prevention of obesity.

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/11880549

要約

中鎖脂肪酸(MCFA)は、肝臓で容易に酸化される。

動物およびヒトの研究は、MCFAの速い酸化速度がより大きなエネルギー消費(EE)をもたらすことを示している。

大部分の動物研究では、長鎖脂肪酸(LCFA)と比較してMCFAを用いた場合のエネルギー消費(EE)が大きければ、数ヶ月の摂取すると、体重増加が少なく、脂肪貯蔵所のサイズが小さくなることも実証している。

さらに、動物試験とヒト試験の両方が、長鎖トリグリセリド(LCT)と比較して中鎖トリグリセリド(MCT)のより大きな満腹効果を示します。

このレビューの目的は、MCTがエネルギー消費(EE)および満腹感に及ぼす影響を記述する既存のデータを評価し、ヒト肥満の治療における薬剤としての潜在的有効性を決定することである。

この論文の主な焦点は、人間のエネルギー代謝および満腹感に対するMCTの効果を調べることであるため、動物研究を要約し、ヒト試験をより体系的に評価する。

コレシストキニン、ペプチドYY、胃阻害ペプチド、ニューロテンシンおよび膵臓ポリペプチドを含むホルモンは、MCTが満腹を誘発する機序に関与することが提唱されている;しかし、正確なメカニズムは確立されていない。

研究された文献から、MCTは、LCTを含む脂肪の代用脂肪として、食事にえると、Mエネルギー消費を増加させ、より満腹感をもたらし、体重調節を促進し得ると結論する。

Abstract

Medium chain fatty acids (MCFA) are readily oxidized in the liver.

Animal and human studies have shown that the fast rate of oxidation of MCFA leads to greater energy expenditure (EE).

Most animal studies have also demonstrated that the greater EE with MCFA relative to long-chain fatty acids (LCFA) results in less body weight gain and decreased size of fat depots after several months of consumption.

Furthermore, both animal and human trials suggest a greater satiating effect of medium-chain triglycerides (MCT) compared with long-chain triglycerides (LCT).

The aim of this review is to evaluate existing data describing the effects of MCT on EE and satiety and determine their potential efficacy as agents in the treatment of human obesity.

Animal studies are summarized and human trials more systematically evaluated because the primary focus of this article is to examine the effects of MCT on human energy metabolism and satiety.

Hormones including cholescytokinin, peptide YY, gastric inhibitory peptide, neurotensin and pancreatic polypeptide have been proposed to be involved in the mechanism by which MCT may induce satiety; however, the exact mechanisms have not been established. From the literature reviewed, we conclude that MCT increase energy expenditure, may result in faster satiety and facilitate weight control when included in the diet as a replacement for fats containing LCT.

40. 健康な男女での二重盲検コントロール試験で、中鎖トリアシルグリセロールを摂取すると、体脂肪の蓄積を抑制。

Dietary medium-chain triacylglycerols suppress accumulation of body fat in a double-blind, controlled trial in healthy men and women.

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/11694608?dopt=Abstract

41. 中鎖脂肪酸による超低カロリー食(VLCD)サプリメントの価値について

Value of VLCD supplementation with medium chain triglycerides.

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/11571605?dopt=Abstract

要約

背景:中鎖トリグリセリド(MCT)は、長鎖トリグリセリド(LCT)よりもエネルギー密度が低く、ケト生成が高く、酸化され易い。 MCTはまた、消化と代謝経路がLCTと異なる。

目的:超低カロリー食(VLCD, Very Low Calorie Diet)中のMCTサプリメントの効果を試験すること。

対象と方法:体重指数(BMI)が> 30kg / m 2を超える肥満女性の3つのグループは、MCTまたはLCTが濃縮された等エネルギー(578.5kcal)の超低カロリー食VLCD (Adinax、Novo Vital、Sweden) 9.9g / 100g Adinax)または低脂肪(3g / 100g)および高炭水化物レジメン。食餌は4週間にわたって投与された。体組成は、DEXAおよび食欲/満腹感 - ブルンデル(Blundell)に従って測定した。尿中の血漿中ベータヒドロキシ酪酸(ケトン)濃度および尿中排泄量を超低カロリー食(VLCD)の連続日中に測定した。この研究は、無作為化二重盲検法で行った。

結果:MCT群は、最初の2週間で体重の有意な減少を示した。総体重減少に対する体脂肪の寄与はより高く、無脂肪体重(FFM)の寄与は低かった。 MCT群は、血漿中のケトン体濃度が高く、尿中の窒素排泄率が低かった。満腹感が高かったのに対して、飢餓感情はそれほど強くなかった。これらの差は、治療の最初の2週間に観察され、3週間および4週間に徐々に低下した。

結論:MCTによるLCTの、超低カロリー食(VLCD)への置換は、体脂肪および体重の減少率を増加させ、無脂肪体重(FFM)に対する予備効果を有する。飢えの感情の強さはより低く、ケトン体のより高い増加と平行していた。これらの影響は徐々に低下し、その後の代謝適応が示された。 VLCD治療の最初の2週間のMCT補充のタンパク質を節約し、食欲を抑制する効果を確認するために、さらなる研究が必要である。

Abstract

BACKGROUND: Medium chain triglycerides (MCT) are energetically less dense, highly ketogenic, and more easily oxidised than long chain triglycerides (LCT). MCT also differ from LCT in their digestive and metabolic pathways.

OBJECTIVE: To test the effects of MCT supplementation during a very low calorie diet (VLCD).

SUBJECTS AND METHODS: Three groups of tightly matched obese women with body mass index (BMI)>30 kg/m(2) received an isoenergetic (578.5 kcal) VLCD (Adinax, Novo Vital, Sweden) enriched with MCT or LCT (8.0 and 9.9 g/100 g Adinax respectively) or a low-fat (3 g/100 g) and high-carbohydrate regimen.

The diets were administered over 4 weeks.

Body composition was measured with DEXA and appetite/satiety-according to Blundell.

Beta hydroxybutyric acid concentration in plasma and nitrogen excretion in urine was measured during consecut