Coconut Oil Studies - Skin Disease

October 19, 2018

15. 中鎖脂肪酸で、皮膚疾患予防

 

 

1.  ココナッツオイル:アトピー性皮膚炎治療の未来?

Coconut oil: The future of atopic dermatitis treatment?

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28198126

 

2.  ナチュラル(ミネラル、ベジタブル、ココナッツ、エッセンシャル)オイルと接触性皮膚炎

Natural (Mineral, Vegetable, Coconut, Essential) Oils and Contact Dermatitis.

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27373890

要約

天然油には、皮膚軟化剤、閉塞性および保湿性を有する鉱物油および植物由来の必須ココナッツオイルおよび他の植物油(ミクロビオタリパーゼがグリセリン、強力な湿潤剤および種々の物理的性質を有する脂肪酸(FA)に加水分解するトリグリセリドが含まれる) -化学的特性。

不飽和FAは、脂質であるセラミド-Iリノール酸の合成に使用される高リノール酸を有するが、10:1を超えるより炎症性の高いオメガ-6:-3の比であり、その二重結合は閉塞性の少ない柵状を形成する。

VCO FAはリノール酸含量が低いが、よりコンパクトなパリセード、より多くの抗炎症性オメガ-6:-3比(2:1、オリーブ油に7:1に近く、皮膚バリアを破壊する)を形成する、より短いおよび飽和したFAを有するそうでなければ浸透促進剤として有用である。

角質層の更新は、NOの対比作用に関するこのレビューがどのようにして障壁修復を避け、どのように選択し、接触性皮膚炎発生の炎症を低下させるかについての情報をどのように提供するかを説明する。

Abstract

Natural oils include mineral oil with emollient, occlusive, and humectant properties and the plant-derived essential, coconut, and other vegetable oils, composed of triglycerides that microbiota lipases hydrolyze into glycerin, a potent humectant, and fatty acids (FAs) with varying physico-chemical properties.

 

Unsaturated FAs have high linoleic acid used for synthesis of ceramide-I linoleate, a barrier lipid, but more pro-inflammatory omega-6:-3 ratios above 10:1, and their double bonds form less occlusive palisades.

 

VCO FAs have a low linoleic acid content but shorter and saturated FAs that form a more compact palisade, more anti-inflammatory omega-6:-3 ratio of 2:1, close to 7:1 of olive oil, which disrupts the skin barrier, otherwise useful as a penetration enhancer.

 

Updates on the stratum corneum illustrate how this review on the contrasting actions of NOs provide information on which to avoid and which to select for barrier repair and to lower inflammation in contact dermatitis genesis.

 

3.  超低体重出生児に於ける局部的な油の塗布と経表皮水分蒸発量 - ランダム化試験。

Topical Oil Application and Trans-Epidermal Water Loss in Preterm Very Low Birth Weight Infants-A Randomized Trial.

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26338490

 

4.  パキスタンで、未熟児にエモリエント療法の臨床成績効果:ランダム化比較試験。

Effect of emollient therapy on clinical outcomes in preterm neonates in Pakistan: a randomised controlled trial.

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25637007

 

5.  Propionibacterium acnesに対するカプリン酸の抗細菌性と抗炎症性:ラウリン酸との比較研究

Anti-bacterial and anti-inflammatory properties of capric acid against Propionibacterium acnes: a comparative study with lauric acid.

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/24284257

プロピオニバクテリウム属(ぷろぴおにばくてりうむぞく、propionibacterium)あるいはプロピオン酸菌属は、グラム陽性、嫌気性で、放線菌門に分類される ... それらの生息範囲は通常は偏在しており、ほとんどの人にとって害はないが、アクネ菌(Propionibacterium acnes)は尋常性ざ瘡(にきび)などの皮膚疾患に関連している。

 

6.  軽度から中等度の小児アトピー性皮膚炎における、経表皮水分蒸散量及び皮膚の静電容量の、SCORAD指数に関する、ヴァージンココナッツオイルの効果:無作為化二重盲検臨床試験。

The effect of topical virgin coconut oil on SCORAD index, transepidermal water loss, and skin capacitance in mild to moderate pediatric atopic dermatitis: a randomized, double-blind, clinical trial.

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/24320105?dopt=Abstract

Atopic Dermatitis(SCORAD)(最高点数 103 点,参. 考図 1)18)

米国の Eczema Area and Severity. Index(EASI)(最高点数 72 点,参考表 2)19)が頻用さ. れている.

アトピー性皮膚炎診療ガイドライン2016年版

https://www.dermatol.or.jp/uploads/uploads/files/guideline/atopicdermatitis_guideline.pdf

 

7.   アクネ菌感染症をリポソームラウリン酸でインビボ治療。

In vivo treatment of Propionibacterium acnes infection with liposomal lauric acids.

Propionibacterium acnes Infection:アクネ菌感染症

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/23495239

 

8.   ココナッツの入った局部的製剤の開発および抗菌力の将来性

Development and anti-microbial potential of topical formulations containing Cocos nucifera Linn.

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/23746224

 

9.   ココナッツの抗炎症作用、抗菌作用、鎮痛作用の可能性:レビュー

Anti-inflammatory, antibacterial and analgesic potential of cocos nucifera linn.: a review

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/23286236

 

10.   乾燥したコプラを原料を用いて、発酵処理をしたヴァージンココナッツオイルのインビボの抗鎮痛作用および抗炎症活性について

In vivo antinociceptive and anti-inflammatory activities of dried and fermented processed virgin coconut oil.

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/21454992

 

11.   皮脂遊離脂肪酸は、β-デフェンシン-2の発現を上方制御することによって、ヒト皮脂細胞の自然免疫防御を強化します。

Sebum free fatty acids enhance the innate immune defense of human sebocytes by upregulating beta-defensin-2 expression.

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/20032992

sebum:皮脂.

innate immune system :先天性免疫反応、自然免疫系

Human sebocytes: ヒトの脂腺細胞

upregulating beta-defensin-2 expression

Upregulation:神経伝達物質やホルモンなどへの応答能が増大すること。 それらの物質や信号が減少することで、受容体の数が増加したり、感受性が過敏になったりして生じる。 上方制御。

 

12.   バージンココナッツオイルの抗炎症作用、鎮痛作用、および解熱活性作用について

Anti-inflammatory, analgesic, and antipyretic activities of virgin coconut oil.

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed?term=2010[pdat]+AND+anti-inflammatory+virgin+coconut+oil&TransSchema=title&cmd=detailssearch

要約

本研究では、化学的または高熱処理を施さずに調製したココナッツ(Cocos nucifera Linn(Palmae))ミルクの天然純粋油であるバージンココナッツオイル(VCO)の薬理学的特性を調べた。

VCOの抗炎症作用、鎮痛作用、解熱作用を評価した。急性炎症モデルにおいて、VCOは、フェニルプロピオン酸エチル誘発耳浮腫のラットにおける中等度の抗炎症効果、およびカラゲニンおよびアラキドン酸誘発足浮腫を示した。

VCOは、滲出重量、肉芽腫形成、および血清アルカリ性ホスファターゼ活性を低下させることによって、慢性炎症に対する阻害効果を示した。VCOはまた、酢酸誘発発熱に対する適度な鎮痛効果ならびに酵母誘発温熱療法における解熱効果を示した。

得られた結果は、VCOの抗炎症作用、鎮痛作用および解熱作用を示唆している。

Abstract

This study investigated some pharmacological properties of virgin coconut oil (VCO), the natural pure oil from coconut [Cocos nucifera Linn (Palmae)] milk, which was prepared without using chemical or high-heat treatment.

The anti-inflammatory, analgesic, and antipyretic effects of VCO were assessed.

In acute inflammatory models, VCO showed moderate anti-inflammatory effects on ethyl phenylpropiolate-induced ear edema in rats, and carrageenin- and arachidonic acid-induced paw edema.

VCO exhibited an inhibitory effect on chronic inflammation by reducing the transudative weight, granuloma formation, and serum alkaline phosphatase activity.

VCO also showed a moderate analgesic effect on the acetic acid-induced writhing response as well as an antipyretic effect in yeast-induced hyperthermia.

The results obtained suggest anti-inflammatory, analgesic, and antipyretic properties of VCO.

 

13.   グリセロールモノラウレートは、インビトロおよびインビボでカンジダおよびGardnerella vaginalisを阻害するが、乳酸桿菌は阻害しない

Glycerol monolaurate inhibits Candida and Gardnerella vaginalis in vitro and in vivo but not Lactobacillus

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/20008774

Gardnerella vaginalis :(以下、G.vaginalis )はグラム陰性ないしはグラム不定の多形性. 桿菌でオキシダーゼ、カタラーゼはともに陰性である。主に細菌性膣症の原因菌として知.られている。

Lactobacillus:ラクトバチルス 乳酸菌

 

14.   アタマジラミ寄生症アタマジラミ寄生症のペルメトリン0.43%ローションに関して、臨床試験では、ココナッツおよびアニススプレーの優位性を示した。ISRCTN 96469780。

Clinical trial showing superiority of a coconut and anise spray over permethrin 0.43% lotion for head louse infestation, ISRCTN96469780.

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/19343362

アタマジラミ寄生症アタマジラミ寄生症は、アタマジラミ(Pediculus humanus capitis)による頭髪や頭皮の感染症である

 

15.   若いラットの皮膚創傷治癒中での、皮膚成分と抗酸化物質の状態に関して、ヴァージンココナッツオイルの局所塗布効果

Effect of topical application of virgin coconut oil on skin components and antioxidant status during dermal wound healing in young rats.

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/20523108

injured(injury)とwounded(wound)どちらも「怪我・負傷」に関連する言葉で、woundとは(刃物・銃砲などによる深い)傷、負傷、けが等。injuryとは〔交通事故などの自然発生的な〕けが、負傷、損傷 被害、損害

 

16.  プロピオニバクテリウムに対するリポソームラウリン酸の抗菌活性

The antimicrobial activity of liposomal lauric acids against Propionibacterium acnes.

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/19665786

リポソーム :細胞膜の脂質二重膜を模して、一つの分子上に親水性部分と疎水性部分とを持たせた分子から作られる複合体で、内部にDNAやタンパク質などを含ませることができ、細胞と融合させて内部の分子を細胞内に導入する実験に利用される。

Propionibacterium acnes〔プロピオニバクテリウム〕:ニキビの原因として知られるグラム陽性菌であり,微好気性・嫌気性菌である.プロピオン酸を発酵し,エネルギー源と出来るあたりから命名。

acne:《病気》痤瘡ざそう,にきび

 

17.   プロピオニバクテリウムに対するラウリン酸の抗菌特性:炎症性尋常性ざ瘡の治療可能性

Antimicrobial property of lauric acid against Propionibacterium acnes: its therapeutic potential for inflammatory acne vulgaris.

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/19387482

inflammatory acne vulgaris:炎症性尋常性挫創

尋常性痤瘡(尋常性ざ瘡、じんじょうせいざそう、英語: Acne vulgaris, 略語: AV)は、顔や背と胸に見られる炎症性皮膚疾患の一つ。一般的に青少年の顔面に生じる皮膚病をにきびと呼び、それ以外は吹き出物(ふきでもの)とすることが多い。

 

18.   中鎖脂肪酸およびその1-モノグリセリドの抗菌研究:個々の効果と相乗的関係

Antibacterial study of the medium chain fatty acids and their 1-monoglycerides: individual effects and synergistic relationships.

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/19469285

 

19.   成人アトピー性皮膚炎におけるココナッツオイルとバージンオリーブオイルの抗菌効果とエモリエント効果

Novel antibacterial and emollient effects of coconut and virgin olive oils in adult atopic dermatitis.

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/19134433

アトピー性皮膚炎(アトピーせいひふえん、英語: atopic dermatitis)とは、アレルギー反応と関連があるもののうち皮膚の炎症を伴うもの。

要約

背景:アトピー性皮膚炎(AD)皮膚は乾燥しており、黄色ブドウ球菌(SA)によって容易にコロニー形成される。ココナッツオイルとオリーブオイルは伝統的に皮膚の保湿をして治療するために使用されています。

目的:バージンココナッツオイル(VCO)とバージンオリーブオイル(VOO)を比較して、乾燥を保湿し、コロニー形成したAD皮膚からSAを除去する。

方法:これは、歴史、パターン、進化および皮膚病変によって診断され、2つの非感染部位でVCOまたはVOOを毎日2回適用する無作為化された成人AD患者を有する2つの外来皮膚科クリニックにおける二重盲検対照試験であった。 SA培養、写真、および目的SCORAD重症度指数(O-SSI)スコアリングをベースラインおよび4週間後に行った。

結果:それぞれ26名の被験者がVCOまたはVOOを受けた。 VCOの患者のうち、20人がベースラインでSAコロニーについて陽性であり、VOOでは12人が陽性であった。介入後、VCO被験者の1人(5%)のみがVOO患者の6人(50%)に対して陽性を示した。 VCOの相対リスクは0.10であり、VOO(10:1、p = 0.0028; 95%CI、0.01-0.73)に対して有意に優れていた。従って、治療に必要な数は2.2であった。 O-SSIについては、その差はベースライン時に有意ではなく(p = .15)、治療後に有意差があった(p = 0.004)。これは両方の油について減少したが(p <.005)、VCOでより大きかった。

結論:VCOおよびモノラウリンのO-SSI低下およびSA(ここで臨床的妥当性が与えられている)、真菌およびウイルスに対するインビトロの広域スペクトル活性は、ADコロニー形成の予防的処置に有用であり得る。

Abstract

BACKGROUND: Atopic dermatitis (AD) skin is dry and readily colonized by Staphylococcus aureus (SA). Coconut and olive oils are traditionally used to moisturize and treat skin infections.

OBJECTIVE: To compare virgin coconut oil (VCO) and virgin olive oil (VOO) in moisturizing dryness and removing SA from colonized AD skin.

METHODS: This was a double-blind controlled trial in two outpatient dermatology clinics with adult AD patients who were diagnosed by history, pattern, evolution, and skin lesions and who were randomized to apply VCO or VOO twice daily at two noninfected sites. SA cultures, photography, and objective-SCORAD severity index (O-SSI) scoring were done at baseline and after 4 weeks.

RESULTS: Twenty-six subjects each received VCO or VOO. Of those on VCO, 20 were positive for SA colonies at baseline versus 12 on VOO. Post intervention, only 1 (5%) VCO subject remained positive versus 6 (50%) of those on VOO. Relative risk for VCO was 0.10, significantly superior to that for VOO (10:1, p = .0028; 95% CI, 0.01-0.73); thus, the number needed to treat was 2.2. For the O-SSI, the difference was not significant at baseline (p = .15) but was significantly different post treatment (p = .004); this was reduced for both oils (p < .005) but was greater with VCO.

CONCLUSION: VCO and monolaurin's O-SSI reduction and in vitro broad-spectrum activity against SA (given clinical validity here), fungi, and viruses may be useful in the proactive treatment of AD colonization.

 

20.   ココナッツオイルの火傷治癒特性評価:評価。

Burn wound healing property of Cocos nucifera: An appraisal.

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/20040946

Silversulfadiazine: スルファジアジン銀、細菌の細胞膜、細胞壁に作用して抗菌作用を示す。 通常、外傷、熱傷、手術の傷

要約

目的:研究は、ココスのヌシフェラの油の火傷創傷治癒特性を評価し、ココナッツオイルとシルバースルフィアジン銀の組み合わせの効果を比較するために行われた。

材料および方法:部分肉傷傷を、6匹のラットの4つの群にそれぞれ与えた。 

グループIは対照として割り当てられ、グループIIは標準銀スルファジアジンを受けた。 グループIIIにはココナッツオイルを与え、グループIVにはココナッツオイルとシルバースルフィアジン銀の組み合わせを与えた。 観察されたパラメーターは、上皮化期間および創傷収縮のパーセンテージであった。

結果:ココナッツオイルとシルバースルフィアジン銀の組み合わせで治療した群では、火傷の収縮の有意な改善が認められた。 上皮化の期間もIII群およびIV群で有意に減少した。

結論:ココナッツオイルは有効な火傷治癒剤であると結論づけられる。

Abstract

OBJECTIVES:The study was undertaken to evaluate the burn wound healing property of oil of Cocos nucifera and to compare the effect of the combination of oil of Cocos nucifera and silver sulphadiazine alone.

MATERIALS AND METHODS:Partial thickness burn wounds were inflicted upon four groups of six rats each. Group I was assigned as control, Group II received the standard silver sulphadiazine. Group III was given pure oil of Cocos nucifera , and Group IV received the combination of the oil and the standard. The parameters observed were epithelialization period and percentage of wound contraction.

RESULTS:It was noted that there was significant improvement in burn wound contraction in the group treated with the combination of Cocos nucifera and silver sulphadiazine. The period of epithelialization also decreased significantly in groups III and IV.

CONCLUSION:It is concluded that oil of Cocos nucifera is an effective burn wound healing agent.

 

21.   皮膚感染症の生物に対する従来の抗生物質とモノラウリンの抗菌活性とを比較したin vitro研究

Novel antibacterial activity of monolaurin compared with conventional antibiotics against organisms from skin infections: an in vitro study.

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/17966176

要約

目的:ぺニシリン、オキサシリン、フシジン酸、ムピロシン、エリスロマイシン、およびバンコマイシンの6つの一般的な抗生物質と比較して、皮膚感染とモノラウリン、ココナッツラウリン酸誘導体の作用機序からの培養物分離株における生体のin vitroの感受性と耐性を決定するための横断的実験研究。

方法:新生児から一次および二次感染した皮膚病を有する18歳の小児患者の皮膚培養試料を採取した。試料を採取し、標準的なガイドラインに従って同定し、選択した6種の抗生物質およびモノラウリンに対する感度試験のために実験室に送付した。

結果:グラム陽性黄色ブドウ球菌、ストレプトコッカス種、およびコアグラーゼ陰性ブドウ球菌、グラム陰性のE.脆弱性、エンテロバクター属種およびエンテロコッカス種の感受性率は、 〜20mg / mlのモノラウリンは100%であり、クレブシエラ(Klebsiella)rhinoscleromatisのモノラウリンは92.31%であった。エシェリヒア・コリは、モノラウリン濃度が増加するにつれて漸進的に密度の低いコロニー増殖を有し、20mg / mlでは対照よりも密度が低かった。スタフィロコッカス・アウレウス(Staphylococcus aureus)、コアグラーゼ陰性ブドウ球菌(Staphylococcus)およびストレプトコッカス・エスピー(Streptococcus spp。モノラウリンに対する耐性を示さず、これらの抗生物質に対する耐性率の統計的に有意な差(P <.05)を有していた。

結論:モノラウリンは、表在性皮膚感染症からのグラム陽性およびグラム陰性細菌分離株に対して、インビトロでの広域スペクトル感度が統計学的に有意である。ほとんどの細菌はそれに耐性を示さなかった。モノラウリンは、インビボ臨床試験に進むために、作用、毒性、薬物相互作用、および適切な投薬のその新規メカニズムをより良く理解するために、さらなる薬物動態学的研究を必要とする。

Abstract

OBJECTIVE:A cross-sectional laboratory study to determine the in vitro sensitivity and resistance of organisms in culture isolates from skin infections and mechanisms of action of monolaurin, a coconut lauric acid derivative, compared with 6 common antibiotics: penicillin, oxacillin, fusidic acid, mupirocin, erythromycin, and vancomycin.

METHODS:Skin culture samples were taken from newborn to 18-year-old pediatric patients with primary and secondarily infected dermatoses. Samples were collected and identified following standard guidelines, then sent to the laboratory for sensitivity testing against the 6 selected antibiotics and monolaurin.

RESULTS:Sensitivity rates of Gram-positive Staphylococcus aureus, Streptococcus spp., and coagulase-negative Staphylococcus, Gram-negative E. vulneris, Enterobacter spp., and Enterococcus spp. to 20 mg/ml monolaurin was 100% and of Klebsiella rhinoscleromatis was 92.31%. Escherichia coli had progressively less dense colony growths at increasing monolaurin concentrations, and at 20 mg/ml was less dense than the control. Staphylococcus aureus, coagulase-negative Staphylococcus, and Streptococcus spp. did not exhibit any resistance to monolaurin and had statistically significant (P <.05) differences in resistance rates to these antibiotics.

CONCLUSIONS:Monolaurin has statistically significant in vitro broad-spectrum sensitivity against Gram-positive and Gram-negative bacterial isolates from superficial skin infections. Most of the bacteria did not exhibit resistance to it. Monolaurin needs further pharmacokinetic studies to better understand its novel mechanisms of action, toxicity, drug interactions, and proper dosing in order to proceed to in vivo clinical studies.

 

22.  ナイジェリアのIbadanでの、カンジダ種に関するココナッツオイルのin vitro抗菌特性

In vitro antimicrobial properties of coconut oil on Candida species in Ibadan, Nigeria.

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed?Db=pubmed&Cmd=ShowDetailView&TermToSearch=17651080&ordinalpos=1&itool=EntrezSystem2.PEntrez.Pubmed.Pubmed_ResultsPanel.Pubmed_RVDocSum

 

23.   モノグリセリドモノカプリンを含むウイルスを撲滅するクリームの開発

Development of a virucidal cream containing the monoglyceride monocaprin.

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/16398264

要約

脂質モノカプリン(カプリン酸の1-モノグリセリド)は、インビトロで単純ヘルペスウイルスHSVなどのエンベロープウイルスに対して有効であることが示されている。HSVは、最も一般的な治療法であるアシクロビルに対する耐性を発揮することが知られているので、HSVに対する活性物質として脂質モノカプリンを含有するクリームを処方することが重要であると考えられた。

この研究の目的は、モノカプリンを含有するO / Wエマルジョン(クリーム)を開発し、製剤からのモノグリセリドのin vitro放出速度だけでなくモノカプリンの殺ウイルス活性に対する製剤変数の影響を評価することであった。

結果は、モノカプリン放出の放出速度および程度ならびにo / w-エマルジョン製剤の殺菌特性が、油相の割合および水性相中のカルボマーの量によって影響されることを示す。 

油の体積分率を減少させることにより、抗ウイルス効果および製剤からのモノカプリンの放出が増加した。

Abstract

The lipid monocaprin (1-monoglyceride of capric acid) has been shown to be effective against enveloped viruses such as herpes simplex virus HSV in vitro.

As it is known that HSV can develop resistance to acyclovir which is the most common treatment used, it was considered to be of interest to formulate a cream containing the lipid monocaprin as the active substance against HSV.

The aim of this study was to develop an o/w-emulsion (cream) containing monocaprin and to evaluate the effects of formulation variables on the virucidal activity of monocaprin as well as the in vitro release rate of the monoglyceride from the formulations.

The results show that release rate and extent of monocaprin release as well as the microbicidal properties of the the o/w-emulsion formulations are affected by the proportion of the oil phase and the amount of carbomer in the aqueous phase. Reducing the oil volume fraction increased antiviral effect and release of monocaprin from the formulation.

 

24.   新生児に於けるオイルマッサージ:ココナッツオイルとミネラルオイルとを比較したオープンランダムコントロール研究

Oil Massage in Neonates: An Open Randomized Controlled Study of Coconut versus Mineral Oil

https://www.indianpediatrics.net/sep2005/sep-877-884.htm

要約

はじめに:新生児のためのオイルマッサージは、より良い体温調節によって体重増加を改善すると報告されています。

経皮吸収の役割も示唆されている。

目標と目的:この研究は、妊娠中期および早産児の成長速度および神経行動に及ぼす、ココナッツオイルと鉱油およびプラセボ(粉末)とのマッサージの効果を比較するために行われた。

研究デザイン:オープンランダムコントロール試験。

設定:首都圏の主要な教育病院の早期ユニットと出生後病棟。

材料および方法:1500-2000グラムの体重の妊娠中の乳児および2500グラムを超える体重の出生時の乳児に適切な壁内早期妊娠基準は、調査された2つの妊娠年齢カテゴリーを構成した。

各グループの乳児は、ココナッツオイル、ミネラルオイルまたはプラセボのいずれかを用いてマッサージを受けるように無作為化された。

オイルマッサージは、訓練を受けた人によって、生命の2日目から退院まで、その後、母親によって、31日まで、1日4回まで与えられた。

赤ちゃんは退院時まで毎日追跡され、体外測定のために退院後毎週追跡された。

神経行動の結果は、ベースライン、7日および31日にBrazeltonスコアによって評価した。

結果:ココナッツオイルマッサージは、早産児群の鉱油およびプラセボと比較して有意に大きな体重増加速度をもたらした。また、プラセボと比較して。早産児はココナッツオイルマッサージを受けており、プラセボ群と比較して長さの増加速度も大きかった。

早産児と同様に、3つのサブグループの間で神経行動評価において統計学的有意差は観察されなかった。

Abstract

Introduction:Oil massage for newborns is reported to improve weight gain by better thermoregulation. 

A role for transcutaneous absorption has also been suggested. Aims and Objectives: This study was undertaken to compare the effect of massage with coconut oil versus mineral oil and placebo (powder) on growth velocity and neuro-behavior in well term and preterm babies.

Study design:Open Randomized Controlled trial. 

Setting: The Premature unit and the postnatal wards of a major teaching hospital in a metropolitan city. 

Material and methods:Intramural preterm appropriate for gestational age babies weighing between 1500 to 2000 grams and term births weighing more than 2500 grams fulfilling the inclusion criteria constituted the two gestation age categories studied. 

Babies in each group were randomized to receive massage with either coconut oil, mineral oil or with placebo.

Oil massage was given by a trained person from day 2 of life till discharge, and thereafter by the mother until 31 days of age, four times a day.

Babies were followed up daily till discharge and every week after discharge for anthropometry.

Neuro-behavioral outcome was assessed by the Brazelton Score at baseline, day 7 and on day 31.

Results:Coconut oil massage resulted in significantly greater weight gain velocity as compared to mineral oil and placebo in the preterm babies group; and in the term baby group, as compared to the placebo.Preterm infants receiving coconut oil massage also showed a greater length gain velocity compared to placebo group. 

No statistically significant difference was observed in the neurobehavioral assessment between all three subgroups in term babies as well as in preterm babies.

 

25.   軽度から中等度の乾癬のためのモイスチャライザーとして、バージンココナッツオイルと鉱油とを比較した無作為化二重盲検対照試験。

A randomized double-blind controlled trial comparing extra virgin coconut oil with mineral oil as a moisturizer for mild to moderate xerosis.

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/15724344

xerosis; xeroderma. 皮膚乾燥症ともいう。皮脂の分泌が減少したり,角質層の水分が減少して,皮膚が乾燥してザラザラになり,米ぬかのように細かい落屑がある状態。

ワセリン(欧文表記:Vaseline)は石油から得た炭化水素類の混合物を脱色して精製したもの。大部分は、分岐鎖を有するパラフィン(イソパラフィン)および脂環式炭化水素(シクロパラフィン、ナフテン)を含む。ワセリンという場合、一般的には白色ワセリンを指す 

要約

背景:乾皮症は、(1)乾いた、ざらついた、かゆみがあり、かゆみがある皮膚、(2)皮膚バリア機能の欠陥に関連する共通の皮膚状態、および(3)モイスチャライザーで処理された皮膚状態である。

熱帯地方の人々は、ココナッツオイルを何世紀もの間伝統的な保湿剤として効果的に使用してきました。

最近、この油はまた、皮膚消毒効果を有することが示されている。防腐効果のあるモイスチャライザーには価値がありますが、ココナッツオイルの皮膚保湿剤としての有効性と安全性を証明する臨床研究はありません。

目的:この研究は、軽度から中等度の乾癬に対する治療用モイスチャライザーとしてのミネラルオイルと比較して、バージンココナッツオイルの有効性および安全性を決定することを目的とした。

【方法】テスト製品に対するネガティブパッチテスト反応の34人の患者において、軽度から中等度のキセロシスについて無作為化二重盲検対照試験を行った。これらの患者は、ココナッツオイルまたはミネラルオイルのいずれかを脚に1日2回2週間適用するように無作為化されました。

有効性の定量的結果パラメータを、ベースラインおよび各訪問時に、皮膚水分を測定するための角膜計CM825および皮膚脂質を測定するためのセボメーターSM810で測定した。安全のために、経皮水分損失(TEWL)をTewameter TM210で測定し、皮膚表面水素イオン濃度(pH)を皮膚pHメーターPH900で測定した。患者および研究者は、ベースライン時および毎週訪問時に、視覚的アナログスケールおよび角化症の等級付けを使用して、乾燥、スケーリング、粗さおよびかゆみの皮膚症状を別々に評価した。

結果:ココナッツオイルとミネラルオイルは同等の効果があります。

両方の油は、皮膚の水和および皮膚表面の脂質レベルの有意な改善により有効性を示した。

安全性は、TEWLおよび皮膚pHに有意差がないことによって実証された。患者によって使用された調査者および視覚的アナログスケールによるゼロ化の主観的な等級付けは、ココナッツ油の方が鉱油よりも(統計的には明らかではないが)より良い改善への一般的傾向を示した。

両者の安全性は、試験前の負のパッチ試験結果および試験中の有害反応がないことによってさらに実証された。

結論:ココナッツオイルは、モイスチャライザーとして使用すると、鉱油ほど効果的で安全です。

Abstract

BACKGROUND:Xerosis is a common skin condition (1) characterized by dry, rough, scaly, and itchy skin, (2) associated with a defect in skin barrier function, and (3) treated with moisturizers. People in the tropics have effectively used coconut oil as a traditional moisturizer for centuries. Recently, the oil also has been shown to have skin antiseptic effects. A moisturizer with antiseptic effects has value, but there are no clinical studies to document the efficacy and safety of coconut oil as a skin moisturizer.

OBJECTIVE:This study aimed to determine the effectivity and safety of virgin coconut oil compared with mineral oil as a therapeutic moisturizer for mild to moderate xerosis.

METHODS:A randomized double-blind controlled clinical trial was conducted on mild to moderate xerosis in 34 patients with negative patch-test reactions to the test products. These patients were randomized to apply either coconut oil or mineral oil on the legs twice a day for 2 weeks. Quantitative outcome parameters for effectivity were measured at baseline and on each visit with a Corneometer CM825 to measure skin hydration and a Sebumeter SM 810 to measure skin lipids. For safety, transepidermal water loss (TEWL) was measured with a Tewameter TM210, and skin surface hydrogen ion concentration (pH) was measured with a Skin pH Meter PH900. Patients and the investigator separately evaluated, at baseline and at each weekly visit, skin symptoms of dryness, scaling, roughness, and pruritus by using a visual analogue scale and grading of xerosis.

RESULTS:Coconut oil and mineral oil have comparable effects. Both oils showed effectivity through significant improvement in skin hydration and increase in skin surface lipid levels. Safety was demonstrated through no significant difference in TEWL and skin pH. Subjective grading of xerosis by the investigators and visual analogue scales used by the patients showed a general trend toward better (though not statistically evident) improvement with coconut oil than with mineral oil. Safety for both was further demonstrated by negative patch-test results prior to the study and by the absence of adverse reactions during the study.

CONCLUSION:Coconut oil is as effective and safe as mineral oil when used as a moisturizer.

 

26.   インドネシアの民間医療におけるココナッツオイルによる創傷管理

Wound management with coconut oil in Indonesian folk medicine

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/12063927

要約

インドネシア東部のフローレス島にあるネガダ族の傷や怪我を治療するために使用される医療施設が紹介されます。

さらに、創傷を治療し、薬用植物を保存するために使用されるココナッツオイルは、生化学的に分析されています。

Ngadaの人々は、以下の植物を創傷治療に使用しています:ビンロウナッツの種子、パパイヤの果実、Indian Hydrocotyle

の葉、ウコンの根茎、ベテルの葉。

ココナッツオイルは、その生化学的構造で、特に有用で、オリーブオイルや動物脂肪とは異なり、中鎖飽和脂肪酸からなる。

ココナッツオイルの性質は、酸化されて腐敗するのを防ぎ、したがって薬用植物の保存および創傷治療に適している。

Abstract

The medical plants which are used to treat wounds and injuries by the ethnic group of Ngada on Flores, an Eastern Indonesian island, will be presented.

Additionally, the coconut oil used to treat wounds and to conserve medicinal plants will be analysed biochemically.

The people of Ngada use the following plants for wound treatment: seeds of the betel nut (Areca catechu L.), fruits of papaya (Carica papaya L.), leaves of the Indian Hydrocotyle (Centelle asiatica L.), the rhizome of turmeric (Curcuma domestica Val. and Curcumara xanthorrhiza Roxb.), leaves of betel (Piper betel L.).

Coconut oil is particularly useful because of its biochemical structure: unlike olive oil and animal fatty tissue, it consists of medium-chained saturated fatty acids.

These qualities in coconut oil prevent it from becoming oxidized and rancid, thus making it suitable for the preservation of medicinal plants and for wound treatment.

 

27.   カンジダ・アルビカンスは脂肪酸およびモノグリセリドで死滅します:インビトロ

In vitro killing of Candida albicans by fatty acids and monoglycerides.

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/11600381?dopt=Abstract

 

28.   脂肪酸およびモノグリセリドによるグラム陽性球菌の死滅

Killing of Gram-positive cocci by fatty acids and monoglycerides.

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/11890570

 

29.   マウスでモノカプリンを含むヒドロゲルは、HSV-2の膣内及び皮内感染を防止します:膣殺菌剤を探し求める影響 

Hydrogels containing monocaprin prevent intravaginal and intracutaneous infections with HSV-2 in mice: impact on the search for vaginal microbicides.

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/10745241

intracutaneous infections:皮内感染症

 

30.   有効成分のモノグリセリドを含む殺菌性ヒドロゲルの開発と評価

Development and evaluation of microbicidal hydrogels containing monoglyceride as the active ingredient.

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/10514348

microbicide: 殺菌薬; 殺菌剤

 

31.   インドの毛髪用オイルによる皮膚糸状菌増殖への阻害

Inhibition of growth of dermatophytes by Indian hair oils.

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/1302812

Please reload

特集記事

Oil Pulling Therapy

March 16, 2017

1/10
Please reload

最新記事

June 11, 2019