Coconut Oil Studies - Oral Health

October 18, 2018

14. 中鎖脂肪酸で、口腔内を健康にしましょう

 

1.   ココナッツオイルとバージンココナッツオイル:口腔および全体的な健康への洞察

Coconut Oil and Virgin Coconut Oil: An Insight into its Oral and Overall Health Benefits

https://www.jcdr.net/article_abstract.asp?issn=0973-709x&year=2018&month=January&volume=12&issue=1&page=ZE01-ZE03&id=11051

口腔の健康は、すべての個人にとって最も重要です。

古くからベジリカの文学では、良好な口腔衛生の維持のためのインドの伝統的な油の使用が言及されている。

「Kavala Gandoosha」としても知られているオイルプリング療法は、口腔内での歯垢(プラーク)の形成を減らします。

抗炎症および抗菌効果を有すると言われる口腔内を油ですすぐ事、又は、すすぎを含む伝統的な手順が有ります。

ココナッツオイルは食用油であり、インドでは非常に望ましいものであり、容易に入手が可能であり、体内に存在する広範囲の微生物に対して抗菌効果が有ります。

バージンココナッツオイル(VCO)の人気が高まっていることから、機能性食品油としての役割以外に臨床応用の新しい研究が開かれています。

現在のレビューは、ココナツ油の使用の一般的利点と補足口腔衛生援助としてのココナッツオイルのオイルプリングという伝統的な概念を強調し、一次医療の一部として伝統的な医薬品の使用を認めることを目指しています。

Oral health is of prime importance to all individuals. 

The traditional use of oil in India for maintenance of good oral hygiene has been mentioned in the Vedic literature since ancient times. 

Oil pulling therapy also known as ‘Kavala Gandoosha’ is a traditional procedure involving rinsing or swishing of the oil in the mouth, which is said to have anti-inflammatory and antimicrobial effect thus reducing plaque formation in the oral cavity. 

Coconut oil is an edible oil that is highly desired and easily available in India and has antimicrobial effect against a wide range of microorganisms found within the body. The growing popularity of Virgin Coconut Oil (VCO) has opened up new research in its clinical application apart from its role as functional food oil. 

The present review aims to highlight the general benefits of coconut oil usage and the traditional concept of oil pulling with coconut oil as a supplemental oral hygiene aid and acknowledge the use of traditional medicine as part of primary healthcare

 

2.   歯科大学生を対象にして行ったココナッツオイルプリングとプラセボの抗歯垢効果の比較評価:無作為化比較試験

Comparative Evaluation of Antiplaque Efficacy of Coconut Oil Pulling and a Placebo, Among Dental College Students: A Randomized Controlled Trial.

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29207824

 

3.   オイルプリング:素晴らしいアーユルヴェーダ療法

Oil Pulling: A Wonderful Ayurvedic Therapy

http://www.coconutresearchcenter.org/wp-content/uploads/2018/02/Oil-Pulling-A-Wonderfull-IPCM16000112.pdf

 

4.   初期の浸食に関する後天性のエナメルペリクルに塗布した植物油効果について

Effect of vegetable oils applied over acquired enamel pellicle on initial erosion.

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28877281

enamel pellicle(エナメルペリクル):エナメル質周囲の唾液糖タンパク質による薄膜

 

5.   ストレプトコッカス・ミュータンスに関するピュアココナッツオイルプリングが影響:無作為化比較試験

The effect of oil pulling with pure coconut oil on Streptococcus mutans: A randomized controlled trial

https://www.researchgate.net/publication/319907916_The_effect_of_oil_pulling_with_pure_coconut_oil_on_Streptococcus_mutans_A_randomized_controlled_trial

Streptococcus mutans:ストレプトコッカス・ミュータンスは、グラム陽性で通性嫌気性のレンサ球菌の一種である。ヒトの口腔内にも存在し、う蝕(虫歯)の原因菌の一つで、1924年にJ Kilian Clarkeによって発見された。

 

6.   口腔(内)灼熱症候群での口腔乾燥症および口内発疹症の管理におけるオイルプリング療法のメリット

Merits of Oil Pulling Therapy in the Management of Xerostomia and Stomatopyrosis in Burning Mouth Syndrome

https://www.researchgate.net/publication/322334867_Merits_of_Oil_Pulling_Therapy_in_the_Management_of_Xerostomia_and_Stomatopyrosis_in_Burning_Mouth_Syndrome

xerostomia口腔内乾燥症こうくうかんそうしょう:唾液の分泌が十分できない場合に起こる。

 

歯痛

象牙質の痛み/歯髄痛/ドライソケット/抜歯後カウザルギー/航空歯痛/非歯原性歯痛/歯周病

口腔内の痛み

舌の痛み(舌痛症)/口腔灼熱症候群/口腔乾燥症/口内炎/扁桃腺炎

顔の痛み

顎関節症/三叉神経痛/舌咽神経痛/スルーダー神経痛(翼口蓋神経痛) /フライ症候群/ファーストバイト症候群/非定型顔面痛

眼の痛み

緑内障/Tolosa-Hunt症候群

 

7.   ストレプトコッカス・ミュータンスに関するココナッツオイルとクロルヘキシジンの抗菌効能の比較:in vivo試験

Comparison of antibacterial efficacy of coconut oil and chlorhexidine on Streptococcus mutans: An in vivostudy

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27891311

要約

目標:

Streptococcus mutansは、虫歯を引き起こす最も一般的な生物である。バクテリアの治療に役立つ様々な化学療法剤が利用可能であり、それぞれが独自のメリットとデメリットを持っています。

最近の研究は、ココナッツオイルが抗炎症作用および抗菌作用を有することを示している。そこで、ココナッツオイルの抗菌効能を測定し、クロルヘキシジンとの比較を行った。

 

材料および方法:

8-12歳の女性小児50名が研究に参加した。 25人の子供を各群、すなわち研究群(ココナッツオイル)および対照群(クロルヘキシジン)にランダムに分配した。

参加者には、ココナッツオイルとクロルヘキシジンを用いて日常的にオイルスウィージングを行い、2〜3分間ブラッシングした後の朝に毎日リンスするように求められた。

チアサイド法、すなわちDentocult SM Strip Mutans試験を用いて、唾液およびプラーク中のS. mutansを決定した。

患者は30日間オイルスウィージングを続けるよう指示された。 

S.ミュータンス。 1日目、15日目、および30日目のプラークおよび唾液中のカウントを記録し、結果をWilcoxonマッチドペアサインランク検定を用いて比較した。

 

結果:

結果は、S.mutansの統計的に有意な減少があることを示した。

ベースラインから30日までのココナッツオイルおよびクロルヘキシジングループからのカウント。

また、ココナッツオイルとクロルヘキシジンを比較すると、抗菌効果に関して統計的に有意な変化はないことがこの試験によって示された。

 

結論:

ココナッツオイルは、S. mutansの減少においてクロルヘキシジンと同等に有効である。

Abstract

AIMS:

Streptococcus mutans is the most common organism causing dental caries. 

Various chemotherapeutic agents are available that help in treating the bacteria, with each having their own merits and demerits. 

Recent research has shown that coconut oil has anti-inflammatory and antimicrobial action. 

Therefore, the present was conducted to determine the antibacterial efficacy of coconut oil and to compare it with chlorhexidine.

 

MATERIALS AND METHODS:

A total of fifty female children aged 8-12 years were included in the study. 

Twenty five children were randomly distributed to each group, i.e., the study group (coconut oil) and the control group (chlorhexidine). 

The participants were asked to routinely perform oil swishing with coconut oil and chlorhexidine and rinse every day in the morning after brushing for 2-3 minutes. S. mutans in saliva and plaque were determined using a chairside method, i.e., the Dentocult SM Strip Mutans test. Patients were instructed to continue oil swishing for 30 days. 

S. mutans. counts in plaque and saliva on day 1, day 15, and day 30 were recorded and the results were compared using Wilcoxon matched pairs signed ranks test.

 

RESULTS:

The results showed that there is a statistically significant decrease in S. mutans. count from coconut oil as well as chlorhexidine group from baseline to 30 days. 

The study also showed that in comparison of coconut oil and chlorhexidine there is no statistically significant change regarding the antibacterial efficacy.

 

CONCLUSION:

Coconut oil is as effective as chlorhexidine in the reduction of S. mutans.

 

8.   口腔内衛生を維持するオイルプリング

Oil pulling for maintaining oral hygiene - A review.

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28053895

 

9.   oro歯科衛生推進でのオイルプリング効果:ランダム化臨床試験の体系的レビュー

Effect of oil pulling in promoting oro dental hygiene: A systematic review of randomized clinical trials.

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27261981

 

10.   唾液中のStreptococcus mutans数について、クロルヘキシジン口腔内洗浄剤とココナッツオイルのオイルプリングとの効果比較

The Effect of Coconut Oil pulling on Streptococcus mutans Count in Saliva in Comparison with Chlorhexidine Mouthwash.

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27084861

 

11.   幼児期虫歯のある幼児のカンジダアルビカンスに関するクロルヘキシジン、ココナッツオイル、プロバイオティクスおよびケトコナゾールの抗菌活性比較:インビトロ試験

Comparison of Antimicrobial Activity of Chlorhexidine, Coconut Oil, Probiotics, and Ketoconazole on Candida albicans Isolated in Children with Early Childhood Caries: An In Vitro Study

http://www.thinkinginbinary.net/crc/wp-content/uploads/2016/03/7061587-1-3.pdf

ケトコナゾール(Ketoconazole):真菌症の治療に使用されるイミダゾール系合成抗真菌薬の一つ。 白癬、カンジダ症、癜風等の治療に用いられる。

結論

この研究は、クロルヘキシジン、ココナッツオイル、およびプロバイオティクスの抗真菌活性を科学的に証明している。

ココナッツオイルの抗真菌活性はプロバイオティクスの抗真菌活性よりも高いことが判明した。

C.アルビカンスに対して、これらの薬剤の抗菌効力、MIC、およびMFCを決定するためにさらなる研究が行われなければならず、より多くの臨床試験が実施されなければならない。

Conclusion

This study scientifically proves the antifungal activity of chlorhexidine, coconut oil, and probiotics.

The antifungal activity of coconut oil is found to be higher than that of probiotics

against C. albicans.

Further studies must be carried out to determine the antimicrobial efficacy, the MIC, and MFC of these agents and more clinicals have to be conducted to validate the same.

 

12.   オイルプリング - 変装で支持

Oil Pulling - A Blessing in Disguise

https://jaims.in/index.php/jaims/article/view/115

要約

オイルプリングは口腔の健康と解毒の古代アーユルヴェーダ治療薬です。

それは、有害な細菌を浄化するための薬剤としてのヴァージンオイルの使用、ならびに真菌の過増殖を減少させることを含む。

オイルプリングで口腔内の鹸化も増し、植物油脂が乳化し、口を綺麗にする石鹸のような働きをします。

最も興味深いのは、おそらく、細胞の再構築を助けるオイルの能力であり、リンパ節および他の内臓の適切な機能に関連しています。

医学分野における様々な利用可能な科学的進歩とは別に、アーユルヴェーダ医学における古来の伝統的なプラクティスが奨励されなければなりません。

口中で油をかき混ぜるだけのオイルプリングですが、多くの口腔および全身の病気を治すことが知られています。

オイルプリングは効果的で、いずれの試験でも歯磨きの代替品と考えられているものではないが、間違いなく補助的な働きをする口腔衛生補助剤となり得ます。

この論文は、過去の実践を通じて得た様々な健康上の利点を明らかにすることを目指しています。

Abstract

Oil pulling is an ancient Ayurvedic remedy for oral health and detoxification. 

It involves the use of pure oils as agents to cleanse out harmful bacteria, as well as reduce fungal overgrowth. 

Oil pulling may also increase saponification in the mouth, creating a soapy environment that cleanses the mouth as vegetable fat is an emulsifier by nature. 

Most interesting is perhaps the ability of oil to help in cellular restructuring, and are related to the proper functioning of the lymph nodes and other internal organs. 

Apart from the various available scientific advancements in the medical field, there are age old traditional practices in Ayurvedic medicine which have to be encouraged. Oil pulling, which only requires one to swish oil in the mouth is known to cure many oral and systemic ailments. 

Though oil pulling is effective, none of the studies considered it as a replacement for the tooth brushing, but can definitely be a supplemental oral hygiene aid. 

This paper aims at throwing light on the various health benefits of this bygone practice.

 

13.   口腔内衛生のオイルプリング ー レヴュー

Oil pulling for maintaining oral hygiene - A review.

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed?term=%22Journal+of+traditional+and+complementary+medicine%22%5BJour%5D+AND+2017%5Bpdat%5D+AND+Shanbhag%5Bauthor%5D&cmd=detailssearch

 

14.   妊婦の口臭に関する、米ぬか油、ごま油、そしてクロルヘキシジン口内のすすぎのオイルプリング効果:比較介入試験

The effect of oil pulling with rice bran oil, sesame oil, and chlorhexidine mouth rinsing on halitosis among pregnant women: A comparative interventional study

https://www.researchgate.net/publication/311621296_The_effect_of_oil_pulling_with_rice_bran_oil_sesame_oil_and_chlorhexidine_mouth_rinsing_on_halitosis_among_pregnant_women_A_comparative_interventional_study

クロルヘキシジン(Chlorhexidine)は医薬用殺菌薬で、グルコン酸塩、あるいは塩酸塩、酢酸塩として用いられる。

 

15.   日和見菌カンジダアルビカンスによる胃腸のコロニー形成を減少させる宿主食の操作について

Manipulation of Host Diet To Reduce Gastrointestinal Colonization by the Opportunistic Pathogen Candida albicans.

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27303684

タフツ大学/Tufts Universityの研究者を中心とした研究により、ココナッツオイルは真菌病原体のカンジダ・アルビカンス/ Candida albicans (C. albicans) の過剰な増殖を効果的にコントロールすることがマウスの実験で明らかになった

ヒトの胃腸でカンジダ菌が過剰に増殖すると血流による感染につながり、侵襲性カンジダ症invasive candidiasisなどを引き起こすmSphere誌で発表された今回の研究は、カンジダ菌による感染リスクを低下させるために抗真菌剤の代わりとして使える食品によるアプローチを示唆するカンジダ菌は一般的な真菌病原体であり、胃腸の正常な微生物叢floraの一部である。普段は免疫系によって抑えられているが、免疫系が弱まると胃腸管を越えて広まり疾患を引き起こす日和見病原体であるカンジダ菌による全身感染は侵襲性カンジダ症を引き起こし、カンジダ感染は未熟児や高齢の患者など免疫の弱い患者で最も多い。

CDCに依ると、この感染はアメリカの入院患者で4番目に多い血液感染症である抗真菌剤は腸管のカンジダ菌を抑えるために使われる。この薬剤はカンジダ菌が血流に拡散するのを阻止するが、繰り返し使うことで薬剤抵抗性の真菌病原体株が出現する。しかし、カンジダ菌による感染を防ぐためには、胃腸管のカンジダ菌の量を減らす必要がある

微生物学者のCarol Kumamoto、栄養科学者のAlice H. Lichtensteinを中心とする研究チームは、油脂がカンジダ菌の量に与える影響をマウスの腸で調査した研究に使われた油はココナッツオイル、牛脂、大豆油の三種類で、対照群のマウスには通常の食餌が与えられたココナッツオイルが選ばれた理由は、研究室の実験で真菌を抑える性質があったという以前の研究に基いている実験の結果、ココナッツオイルが豊富なエサは牛脂や大豆油のそれと比較して腸のカンジダ菌を減少させたココナッツオイル単独、またはココナッツオイルと牛脂の組み合わせは、牛脂が豊富なエサと比較して腸のカンジダ菌を90%以上も減少させました。

「ココナッツオイルは、牛脂からココナッツオイルへ切り替えたり、牛脂とココナッツオイルを同時に摂取させた時でさえ、カンジダ菌のコロニー化を抑制した。

この発見は既存の患者の食事へのココナッツオイルの添加がカンジダ菌の腸での増殖をコントロールする可能性を示唆し、恐らくカンジダ菌による真菌感染リスクも低下させるだろう」タフツ大学医学部の分子生物学と微生物学の教授であるKumamoto, Ph.D.は言う

 

16.   イヌおよびネコの歯周病菌に対する中鎖トリグリセリドの革新的エマルジョンの抗菌効力について

Antimicrobial efficacy of an innovative emulsion of medium chain triglycerides against canine and feline periodontopathogens.

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25728584

periodontopathic bacteria:歯周病原菌

猫:feline、犬:canine

 

17.   歯肉炎に関係する歯垢(プラーク)に於けるココナッツオイル効果 - 予備的報告

Effect of coconut oil in plaque related gingivitis - A preliminary report.

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25838632

 

18.   OratestおよびDentocult SM Strip Mutansキットを用いたう蝕活動性とStreptococcus mutansの測定数値について、フッ化系マウスリンス、ハーブ系マウスリンス、そしてオイルプリングの各効果を比較した評価について

Comparative Evaluation of the Effects of Fluoride Mouthrinse, Herbal Mouthrinse and Oil Pulling on the Caries Activity and Streptococcus mutans Count using Oratest and Dentocult SM Strip Mutans Kit

http://www.coconutresearchcenter.org/wp-content/uploads/2018/02/Comparitave-Evaluation-of-the-Effects-ijcpd-08-114.pdf

 

19.   スケイリングとルートプラニングの付属物としてのオイルプリングについて:臨床での微生物研究

Oil pulling as an adjunct to scaling and root planing: A Clinico-Microbial study

https://www.scribd.com/document/272548830/Oil-pulling-as-an-adjunct-to-scaling-and-root-planing-A-Clinico-Microbial-study

scaling and root planing:スケーリング終了後に、スケーラーを用い歯根表面の汚染・軟化されたセメント質や象牙質を除去し歯根面を硬く滑沢に仕上げることを目的とする歯周基本治療の一つ。 歯根面を硬く滑沢に仕上げることで、歯周炎の原因を取り除き、歯肉の再付着を促すことになる。

 

20.   オイルプリングは、多くの細菌性感染症、ウイルス性感染症および真菌性感染症、多くの身体疾患の最良の治療法で、強力な免疫力を提供します。

Oil Pulling - The Best Cure for Many Bacterial, Viral and Fungal Infections, Many body Disorders and Provides strong immune System

http://www.coconutresearchcenter.org/wp-content/uploads/2018/02/Oil-Pulling-The-Best-Cure-1108_1116.pdf

 

21.   口臭に関するオイルプリングとクロルヘキシジンの比較効能:ランダム化比較試験。

Comparative efficacy of oil pulling and chlorhexidine on oral malodor: a randomized controlled trial.

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25584309

 

 

22.   共通の病原性口腔内微生物に関する、オイルガムマッサージ療法効果 - ランダム化比較試験

Effect of oil gum massage therapy on common pathogenic oral microorganisms - A randomized controlled trial.

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25210256

 

 

23.   口腔および全身性疾患におけるオイルプリングの役割 - レビュー記事

Oil Pulling and its Role in Oral and Systemic Diseases- A Review Article

http://sphinxsai.com/2014/PTVOL6/PT=37(701-703)AJ14.pdf

要約

予防薬は今日、多くの人気を集めています。

医学分野における様々な有効な科学的進歩とは別に、アーユルヴェーダ医学のインド古来の伝統的なプラクティスが奨励されなければなりません。 

オイルプリングは、口の中をオイルでうがいすることで、口腔および全身の多くの病気を治すことが知られています。

この記事は、口腔病だけでなく、口腔病原体に関連する全身性疾患を予防する上で、この実務を強調することを目的としています。

Abstract:

Preventive medicine is gaining a lot of popularity today.

Apart from the various available scientific advancements in the medical field, there are age old traditional practices in Ayurvedic medicine which have to be encouraged. Oil pulling, which only requires one to swish oil in the mouth is known to cure many

oral and systemic ailments.  

This article aims at highlighting this practice in preventing not only diseases of the mouth but also systemic diseases associated with oral pathogens.

 

24.  オイルプリングと口腔の健康について

Oil Pulling and Oral Health: A Review

http://www.coconutresearchcenter.org/wp-content/uploads/2018/02/Oil-Pulling-and-Oral-Health.pdf

 

25.  オイルプリング療法とココナッツオイルの役割

Oil Pulling Therapy and The Role of Coconut Oil

http://coconutboard.in/images/media-ejournalofdenistry.pdf

要約

オイルプリングは、多くの口腔および全身性疾患の伝統的な治療法です。

さまざまな食用油が使用されているにもかかわらず、オイルプリングに関する科学的証拠は乏しい。

最近の文献によると、ココナッツオイルは、中鎖脂肪酸のモノラウリンの存在のために、多くの全身性疾患および細菌、ウイルスおよび真菌感染症に対して有効であることが示されている。

この記事は、口腔疾患に対するオイルプリング治療に於けるココナッツオイルの活用、オイルプリング療法に関する文献をレビューしています。

Abstract

Oil pulling is a traditional remedy for many oral and systemic diseases.

Eventhough different edible oils are used, the scientific evidence for oil pulling is scarce.

Recent literature shows that coconut oil is effective for many systemic diseases and also against bacterial, viral and fungal infections because of the presence of Monolaurin, a medium chain fatty acid.

This article reviews the literature regarding oil pulling therapy and the use of coconut

oil in oil pulling therapy against oral diseases.

 

26.  オイルプリング療法の有効性

Efficacy of Oil Pulling Therapy

http://www.coconutresearchcenter.org/wp-content/uploads/2018/02/Efficacy-of-Oil-Pulling-F013812325.pdf

要約

私達は、口臭とゆるくなった歯で訴えに来た34歳の男性の症例報告を報告します。

検査では、歯肉歯石の副作用による口腔衛生不良が明らかになった。

局所性歯周炎を伴う慢性全身性歯肉炎の診断が行われた。

口腔衛生状態を維持する為に厳格な口腔衛生プロトコルが開発され、オイルプリング療法は治療に不可欠な部分として始まりました。

私達は、骨の再生および口臭の改善による歯の移動性の顕著な改善を見出した。

この事例報告から、口腔衛生プロトコルの付属品としてのオイルプリング療法は、将来の歯周病の治療に有効であることが明らかである。

Abstract

We report a case report of 34 year old male who came with complaint of halitosis and loose tooth.

Examination revealed poor oral hygiene with sub gingival calculus.

Diagnosis of chronic generalized gingivitis with localized periodontitis was made.

A strict oral hygiene protocol was developed for maintaining oral hygiene status and oil pulling therapy was started as an integral part of the therapy.

We found a significant improvement in mobility of tooth due to bone regeneration and improved halitosis scores.

From this case report, it is evident that oil pulling therapy as an adjunct to oral hygiene protocolis efficient in treating periodontal diseases in future.

 

27.  歯科診療におけるオイルプリング療法の展望

Perspectives of oil pulling therapy in dental practice

http://www.dentalhypotheses.com/article.asp?issn=2155-8213;year=2013;volume=4;issue=4;spage=131;epage=134;aulast=Lakshmi

オイルプリングに関する歯科医の視点 2018年1月26日

多くの場合、古い傾向は新しいものとして再浮上し、誇大宣伝し、そして再び消えます。あなたの生涯で聞いたダイエットトレンドを考えてください。正しい食べ物と間違った食べ物の間の揺らぎは、両方のリストで同じ食べ物の名前をつけることがよくあります。適度にすべてのものは、アークのすべての傾向に向いているようですが、オイル引っ張りに関しては本当ですか?ここにあなたの歯科医がそれについて話していることがあります。

 

ココナッツオイルオイルプリングは何ですか?

オイルプリングは、古くからのアーユルヴェーダのプロセスであり、主にソーシャルメディアや有名人の評判を呼んでいます。練習状態の支持者は、口の清掃と解毒(毒素を引っ張って油分を引っ張る)、歯を白くする、口臭を治す、湿疹、関節炎、歯肉病などの症状を引き起こす炎症を軽減するなど、あらゆる面で役に立ちます。

 

これは、口を高品質の油で1日20分間スウィングするだけです。有機ココナッツ、ヒマワリ、またはゴマ油が最も頻繁に推奨されます。

 

オイルプリングに、効果はありますか?

どんな自然療法もそうであるように、真の科学的研究と結果は出にくいです。同様に、他の人は誰も見ていない一方、大きな影響を受けている人と、悪影響を経験している人がいます。自然の救済策は、健康と幸福のためのより地球に根ざしたアプローチを望む人々に人気があるので、どうやって人々がそれが働くと主張するのかを見てみましょう。

 

なぜそれはいくつかのために働く...他の人のためではない

オイルプリング支持者は、歯を白くし、歯垢を減らすと主張している。

しかし、これらの同じ利点は、砂糖を含まないガムを噛むこと、うがい薬を使用すること、または毎日20分間水ですすぐことで達成することもできます。すべての選択肢は、唾液を増やしたり、プラーク濃度を歯に固着させないように希釈したりすることができます。

利点を発揮する為に、20分間のオイルスウィングが推奨されていますが、ほとんどの人にとってこれは非常に困難です。オイルはほぼ二倍になり、唾液はスウィング中に生成されるため、口を満たす。それが吐き出されると、一貫性はほとんどの人が習慣を続けるのはあまりにも不愉快です。 ADAが推奨するように、アルコールフリーのうがい薬を使用したスウィシュは、特に様々な味と強さで、ほとんどの人にとってははるかに容易です。

 

オイルプリングは健康的な笑顔の解決策ですか?

オイルプリングはプラークを除去できますが、歯ブラシ、フロス、歯科用具などの圧力をかけて除去する必要があります。油引きより古代は、小枝に噛んだものです!最近では、一日に二回、歯磨き粉やうがい薬を使用したり、食事後に無糖ガムを噛むことも、最適な健康状態のための歯科訪問の間にお勧めします。

家庭でのケアをしても、歯科医の診察に代わるものはありません。 1年に2回、口腔保健ニーズに対応するために歯科医を見てください。 

X線は潜在的な問題の徴候を示し、口腔ガンスクリーニングを実施することができ、詰め物、壊れた歯またはゆるい歯、顎の痛みなどの問題に対処できます。 '

あなたがより白い笑顔の恩恵を受けるには、口臭や歯肉炎の心配がある場合は、自分の状況に合った自然なソリューションについて歯科医に相談してください。

 

アメリカ歯科医師会のオイル引っ張りは何ですか?

明確にするために、ここに彼らの正確な言葉があります:

"現在、オイルプリングで虫歯を減らしたり、歯を白くしたり、口腔の健康や幸福を改善することを示す信頼できる科学的研究はない。

科学的証拠の欠如に基づいて、アメリカ歯科協会は、歯科衛生習慣としてのオイルプリングを推奨しません。 

ADAは、良好な歯科保健を維持するために、1日に1回、フッ化物練り歯磨きと歯間清掃を1日2回、タバコを使用しないことを推奨し続けています。」出典:ADA Oil Pulling

 

私たちはそれが自分自身で話していると思っていますが、他に質問や懸念がある場合は、歯科医に相談してください。彼または彼女はあなたの口とあなたの状況を知っており、その情報に基づいてあなたとオプションを話すことができます。新しい歯科医が必要ですか?次の予約を予約するには、877-383-9923までお電話ください。

A Dentist’s Perspective on Oil Pulling

January 26, 2018

Oftentimes old trends resurface as new ones, get hype, and then disappear once again. Just think of the diet trends you’ve heard of in your lifetime – all wavering between the right and wrong foods, often naming the same foods in both lists. Everything in moderation, seems to be the direction that over arcs all trends, but is that true in regards to oil pulling? Here’s what your dentist has to say about it, including how oil pulling got started and alternate solutions.

 

coconut oil pullingWhat is oil pulling?

Oil pulling is an ancient Ayurvedic process that has gained popularity mostly by social media and celebrities who shout their testimonials. Proponents of the practice state it helps with everything from cleaning and detoxing the mouth (pulling toxins, thus the name oil pulling), whitening teeth, curing bad breath, and reducing inflammation that leads to conditions such as eczema, arthritis, and gum disease.

The practice simply involves swishing one’s mouth with high quality oil for 20 minutes a day. Organic coconut, sunflower, or sesame oils are the most often recommended.

 

Does oil pulling work?

Just like any natural remedy, true scientific studies and results are hard to come by. Likewise, there are those who claim huge benefits while others see none, and those who experience negative effects. Natural remedies are popular with those who want a more earth-based approach to health and wellness, so let’s look at how and why some people claim it works.

 

Why it works for some…and doesn’t for others

Proponents of oil pulling claim it whitens teeth and reduces plaque. But, these same benefits could also be accomplished with chewing sugar-free gum, using mouthwash, or even just rinsing with water for 20 minutes each day. All options can work to increase saliva or dilute the plaque concentration in a way that doesn’t allow it to stick to teeth.

To realize the benefits, twenty minutes of oil swishing is what is recommended, but for most people this is very difficult to do. The oil nearly doubles, filling your mouth as saliva is produced during the swishing. When it is spit out, the consistency is just too unpleasant for most people to continue the habit. Swishing with an alcohol-free mouthwash, as recommended by the ADA, is much easier for most people, especially with a variety of flavors and strengths.

 

Is oil pulling the solution for a healthy smile?

While oil pulling may remove some plaque, it truly needs to be removed with pressure, such as that from a toothbrush, floss, and dental tools. More ancient than oil pulling is that of chewing on a twig! These days, twice a day brushing, once a day flossing and mouthwash use, and even chewing of sugar-free gum after meals is recommended between dental visits for optimum health.

Even with good home care, nothing can replace a dentist visit. Twice a year, a dentist should be seen to address any oral health care needs. X-rays give indications of potential problems, oral cancer screenings can be conducted, and issues with fillings, broken or loose teeth, jaw pain, and more can be addressed. ‘

If you want the benefits of a whiter smile, have concerns about bad breath or gingivitis, talk to your dentist about natural solutions that will better match your unique situation.

What is the American Dental Association’s stand on oil pulling?

 

To be clear, here are their exact words:

“Currently, there are no reliable scientific studies to show that oil pulling reduces cavities, whitens teeth or improves oral health and well-being. Based on the lack of scientific evidence, the American Dental Association does not recommend oil pulling as a dental hygiene practice. The ADA continues to recommend that to maintain good dental health you brush twice a day for two minutes with fluoride toothpaste and floss between your teeth once a day and don’t use tobacco.” Source: ADA Oil Pulling

We think that speaks for itself, but if you have more questions or concerns, speak to your dentist. He or she knows your mouth and your situation and can discuss options with you based on that information. In need of a new dentist? Call us at 877-383-9923 to schedule your next appointment.

 

28.  プラークが原因で発症する歯肉炎に関するゴマ油のオイルプリング効果:微生物学的研究

Effect of Oil Pulling with Sesame Oil on Plaque-induced Gingivitis: A Microbiological Study

http://www.coconutresearchcenter.org/wp-content/uploads/2018/02/Effect-of-Oil-Pulling-with-Sesame-Oil.pdf

 

29.  ココナッツオイルは歯の腐敗を防ぎます。

Coconut Oil May Prevent Tooth Decay

https://www.medicalnewstoday.com/articles/249804.php

アイルランド工科大学(アイルランド工科大学)の研究者らは、消化したときの天然の抗生物質である歯の腐敗を引き起こす細菌を破壊すると、今日、英国ワーウィック大学で行われた一般微生物学会の秋学会で報告した。

彼らは、消化ココナッツオイル中の抗生物質成分が歯科用ケア製品に添加される可能性があると付け加えた。

Damien Brady博士とチームは、ココナッツオイルが一般的に人間の口に生息し、虫歯を引き起こすいくつかの連鎖球菌(Streptococcus)菌株に対抗して抗菌性を有するかどうかを決定しました。彼らはその天然および半消化状態のヤシ油を試験した。油を消化した状態で試験できるように酵素を添加しました。

天然の消化されていないココナッツオイルは影響を与えていないようだが、消化されたオイルが大部分のストレプトコッカス細菌の増殖を停止させることがわかった。特に興味深いのは、Streptococcus mutansであり、歯腐食酸を産生する細菌の一種である。

Brady博士は、以前の研究では、半分消化された特定の食品が微生物を破壊する能力を持っていることを実証してきたと説明した。歯のエナメル質へのS.ミュータンスの結合は、歯が酵素修飾乳に曝されたときに有意に減少したという1つの研究が示された。その研究は、このチームが他の食品を試すことを奨励した。

研究者らは、ココナッツオイルが分子レベルでStreptococcus細菌とどのように相互作用するかを見極める予定です。彼らはまた、消化されたヤシ油が、いくつかの種類の細菌および酵母を含む他の病原体と戦う可能性があるかどうかを知りたい。

チームは、予備研究により、半消化されたヤシ油が突刺を引き起こす酵母であるカンジダアルビカンスを破壊することが判明した。

科学者たちは、半変性状態であることを意味する酵素修飾ココナッツオイルは、口腔医療業界にとって商業的に実行可能な抗菌性を有すると考えている。

 

ブレイディ博士は次のように述べている。

    「歯科用齲蝕は、子供たちの60〜90%および先進工業国の大多数の人々に影響を及ぼす一般的に見過ごされている健康上の問題であり、酵素変性ココナッツオイルを歯科用衛生製品に組み込むことは、低濃度。

    また、抗生物質耐性が増すにつれて、微生物感染と戦う新しい方法に注意を向けることが重要です。

    我々のデータは、ヒトの消化産物が抗菌活性を示すことを示唆している。これは、細菌がどのように消化管を覆っている細胞に定着しているのか、そして全体的な腸の健康状態に影響を及ぼす可能性があります。

    私たちの研究によると、消化乳タンパク質は、有害な細菌のヒト腸細胞への付着を減少させるだけでなく、それらのうちのいくつかが細胞への入り込みを妨げることを示している。私たちは現在、ココナッツオイルやその他の酵素修飾食品を研究して、細菌が病気や病気を引き起こす方法を妨害する方法を特定しています。

ストレプトコッカス・ミュータンス(Streptococcus mutans)(ストレプトコッカス・ミュータンス(S. mutans))は、嫌気性グラム陽性球菌の細菌である。コーカス・シェイプ(Coccus shaped)は、細菌が球形または回転楕円形であることを意味する。ストレプトコッカス・ミュータンス(S. mutans)はヒトの口腔に一般的に生息し、世界的に歯の腐敗の主要な原因である。

S. mutansは、専門家によれば、すべての口腔連鎖球菌の最も齲蝕原性が強い。齲蝕原性とは、虫歯の発症を引き起こすかまたは促進することを意味する。細菌は歯の表面に付着し、ある種の炭水化物に存在します。それは糖分や他のエネルギー源を代謝するので、歯に損傷を与える酸を生成します。

 

実質的にすべてのヒトは口腔内でS.ミュータンスを保有する。

Coconut oil, a natural antibiotic when digested, destroys the bacteria that cause tooth decay, researchers at the Athlone Institute of Technology, Ireland, reported at the Society for General Microbiology's autumn conference at the University of Warwick, England, today. They added that the antibiotic component in digested coconut oil could be added to dental care products.

 

Dr Damien Brady and team set out to determine whether coconut oil might have antibacterial qualities at combating some strains of Streptococcus bacteria which commonly inhabit the human mouth and cause tooth decay. They tested the coconut oil in its natural and semi-digested state. They added enzymes so that the oil could be tested in a digested state.

 

Although natural, undigested coconut oil appeared to have no impact, the scientists found that the digested oil stopped most Streptococcus bacteria from multiplying. Of particular interest was Streptococcus mutans, a type of bacterium which produces teeth-decaying acids.

 

Dr. Brady explained that previous studies had demonstrated that certain foodstuffs, when semi-digested, had the capacity to destroy micro-organisms. The binding of S. mutans to tooth enamel was significantly reduced when teeth were exposed to enzyme-modified milk, one study had shown. That study encouraged this team to test out other foods.

 

The researchers plan to see how coconut oil interacts with Streptococcus bacteria at molecular level. They also want to find out whether digested coconut oil might combat other pathogens, including some types of bacteria and yeasts.

 

The team inform that preliminary studies have found that semi-digested coconut oil destroys Candida albicans, a yeast that causes thrush.

 

The scientists believe that enzyme-modified coconut oil, meaning in its semi-digested state, may have commercially viable antimicrobial qualities for the oral healthcare industry.

 

Dr Brady said:

 

    "Dental caries is a commonly overlooked health problem affecting 60-90% of children and the majority of adults in industrialized countries. Incorporating enzyme-modified coconut oil into dental hygiene products would be an attractive alternative to chemical additives, particularly as it works at relatively low concentrations.

 

    Also, with increasing antibiotic resistance, it is important that we turn our attention to new ways to combat microbial infection.

 

    Our data suggests that products of human digestion show antimicrobial activity. This could have implications for how bacteria colonize the cells lining the digestive tract and for overall gut health.

 

    Our research has shown that digested milk protein not only reduced the adherence of harmful bacteria to human intestinal cells but also prevented some of them from gaining entrance into the cell. We are currently researching coconut oil and other enzyme-modified foodstuffs to identify how they interfere with the way bacteria cause illness and disease."

 

Streptococcus mutans (S. mutans)

Streptococcus mutans (S. mutans) is an anaerobic, Gram-positive, coccus shaped bacterium. Coccus shaped means the bacterium has a spherical or spheroidal shape. S. mutans commonly inhabits the human oral cavity and is the leading cause of tooth decay globally.

 

S. mutans, according to experts, is the most cariogenic of all the oral streptococci. Cariogenic means producing or promoting the development of tooth decay. The bacterium sticks to the surface of the tooth and exists on certain types of carbohydrates. As it metabolizes sugars and other sources of energy, it produces an acid that damages teeth.

 

Virtually all humans carry S. mutans in their oral cavity.

 

30.  オイルプリング:現代の古代習慣

Oil Pulling: An Ancient Practice for a Modern Time

http://www.coconutresearchcenter.org/wp-content/uploads/2018/02/Oil-Pulling-An-Ancient-Practice.pdf

 

31.  予防歯科医療での脂質の役割

Lipids in preventive dentistry.

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed?term=%22Clinical+oral+investigations%22%5BJour%5D+AND+17%5Bvolume%5D+AND+669%5Bpage%5D+AND+2012%5Bpdat%5D&cmd=detailssearch

要約

目的:経口予防法の改善が依然として強く求められています。繰り返し記載されている1つのアプローチは食用油ですすぎます。

本レビュー用紙の目的は、生体接着および予防歯科における脂質の役割を分析することであった。

材料および方法:限られた健全な科学的データにもかかわらず、口腔における脂質の可能性のある影響を説明するために広範囲の文献検索が行われた。

結果:親油性成分は、経口硬組織への生体接着のプロセスならびに初期経口バイオフィルムまたはペリクルの組成および超構造をそれぞれ調節すると推定されるべきである。

これにより、脂質は、歯の表面に疎水性の特徴を加えて、細菌の定着を妨げ、最終的に齲蝕の感受性を低下させる可能性がある。

また、脂質に富んだペリクルは、酸暴露の場合により耐性があり、したがってミネラル喪失を減少させる可能性がある。

さらに、口腔軟部組織に対する抗炎症効果が記載されている。しかし、これらの有益な影響については、限られた証拠しかありません。

唾液とペリクルの脂質組成、脂質と最初の経口バイオフィルムおよびペリクル層との相互作用は、これまで適切に調査されていない。

結論:食用油は、虫歯、びらん、および歯周病の予防のための従来の戦略に対する軽度の補助剤としての資格があるが、さらなる研究が必要である。

臨床的関連:現在の科学的および経験的知識の背景に対して、食用油は口腔衛生補助食品として使用されるかもしれないが、口腔健康状態の決定的な利点は疑わしい。

Abstract

OBJECTIVES:There is still a great demand for the improvement of oral prophylaxis methods. One repeatedly described approach is rinsing with edible oils.

The aim of the present review paper was to analyze the role of lipids in bioadhesion and preventive dentistry.

MATERIALS AND METHODS:Despite limited sound scientific data, extensive literature search was performed to illustrate possible effects of lipids in the oral cavity.

RESULTS:It is to be assumed that lipophilic components modulate the process of bioadhesion to the oral hard tissues as well as the composition and ultrastructure of the initial oral biofilm or the pellicle, respectively.

Thereby, lipids could add hydrophobic characteristics to the tooth surface hampering bacterial colonization and eventually decreasing caries susceptibility.

Also, a lipid-enriched pellicle might be more resistant in case of acid exposure and could therefore reduce the erosive mineral loss.

Furthermore, anti-inflammatory effects on the oral soft tissues were described. However, there is only limited evidence for these beneficial impacts.

Neither the lipid composition of saliva and pellicle nor the interactions of lipids with the initial oral biofilm and the pellicle layer have been investigated adequately until now.

CONCLUSION:Edible oils might qualify as mild supplements to conventional strategies for the prevention of caries, erosion, and periodontal diseases but further research is necessary.

CLINICAL RELEVANCE:Against the background of current scientific and empirical knowledge, edible oils might be used as oral hygiene supplements but a decisive benefit for the oral health status is questionable.

 

32.  短鎖脂肪酸および中鎖脂肪酸は、経口微生物に対して抗菌活性を示します。

Short- and medium-chain fatty acids exhibit antimicrobial activity for oral microorganisms.

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/21333271

要約

目的:本研究では、様々な経口微生物に対する短鎖、中鎖、長鎖脂肪酸の抗菌活性を評価した。

方法:短鎖脂肪酸[ギ酸(C1)、酢酸(C2)、プロピオン酸(C3)、酪酸(C4)、イソ酪酸(C4)、イソ吉草酸(C5)、ヘキサン酸]、中鎖脂肪酸[オクタン酸(C8)、カプリン酸(C10)、ラウリン酸(12)]、および長鎖脂肪酸[ミリスチン酸(C14)、パルミチン酸(C16) Streptococcus mutans、Streptococcus gordonii、Streptococcus sanguis、Candida albicans、Aggregatibacter actinomycetemcomitans、Fusobacterium nucleatum、およびPorphyromonas gingivalisに対する抗菌活性を有する。

結果:脂肪酸は口腔細菌に対する阻害のパターンを示し、微生物の一般的な構造的特徴である細菌種により多く関係すると思われるいくつかの特異性を示した。グループとして、脂肪酸は、口腔細菌よりもC.アルビカンスに対して効果が少なく、効果はヘキサン酸、オクタン酸およびラウリン酸に限定されていた。

ギ酸、カプリン酸およびラウリン酸は、細菌に対して広く阻害的であった。

興味深いことに、多くのこれらの細菌によって代謝最終生成物で産生される脂肪酸は、産生種に対して特異的に不活性であったが、他の経口微生物の増殖を実質的に阻害した。

結論:短鎖脂肪酸(SCFAs)、中鎖脂肪酸(MCFAs)、長鎖脂肪酸(LCFA)の抗菌活性は、少なくとも2つの可能性を介して口腔内の微生物生態学に影響を与える可能性がある経路。第1に、治療補助剤として外因的に送達された薬剤は、歯肉下溝における微生物調節環境を強化するためにパッケージングされ得る。第二に、微生物バイオフィルムの特性、それらの進化、およびバイオフィルム内の種の出現に寄与する上で、これらの脂肪酸阻害剤の本質的な性質であろう。これらの機能に関するさらなる研究は、バイオフィルムにおけるこれらの潜在的な微生物相互作用の性質をよりよく理解するために必要とされる。

Abstract

OBJECTIVES:This study assessed the antibacterial activity of short-, medium-, and long-chain fatty acids against various oral microorganisms.

METHODS:The short-chain fatty acids [formic acid (C1), acetic acid (C2), propionic acid (C3), butyric acid (C4), isobutyric acid (C4), isovaleric acid (C5), hexanoic acid (C6)], medium-chain fatty acids [octanoic acid (C8), capric acid (C10), lauric acid (12)], and long-chain fatty acids [myristic acid (C14), palmitic acid (C16)], were investigated for antimicrobial activity against Streptococcus mutans, Streptococcus gordonii, Streptococcus sanguis, Candida albicans, Aggregatibacter actinomycetemcomitans, Fusobacterium nucleatum, and Porphyromonas gingivalis.

RESULTS:The data demonstrated that the fatty acids exhibited patterns of inhibition against oral bacteria with some specificity that appeared related more to the bacterial species that the general structural characteristics of the microorganism. As a group the fatty acids were much less effective against C. albicans than the oral bacteria, with effectiveness limited to hexanoic, octanoic, and lauric acids. Formic acid, capric, and lauric acids were broadly inhibitory for the bacteria. Interestingly, fatty acids that are produced at metabolic end-products by a number of these bacteria, were specifically inactive against the producing species, whilst substantially inhibiting the growth of other oral microorganisms.

CONCLUSIONS:The results indicate that the antimicrobial activity of short-chain fatty acids (SCFAs), medium-chain fatty acids (MCFAs), long-chain fatty acids (LCFAs) could influence the microbial ecology in the oral cavity via at least 2 potential pathways. First, the agents delivered exogenously as therapeutic adjuncts could be packaged to enhance a microbial-regulatory environment in the subgingival sulcus. Second, it would be the intrinsic nature of these fatty acid inhibitors in contributing to the characteristics of the microbial biofilms, their evolution, and emergence of species within the biofilms. Further studies on these functions are required to better understand the nature of these potential microbial interactions in the biofilms.

 

33.  口臭とその発生原因である微生物に関するオイルプリング効果:無作為化試験パイロット試験

Effect of oil pulling on halitosis and microorganisms causing halitosis: a randomized controlled pilot trial.

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/21911944

 

34.  歯磨き、オイルプリング、組織再生:口腔衛生に対するホリスティックアプローチのレビュー。

Tooth brushing, oil pulling and tissue regeneration: A review of holistic approaches to oral health.

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/21760690

要約

歯科医師はアーユルヴェーダの専門拠点ではありませんでしたが、それはShalakya Tantra(手術システム)に含まれています。

口腔の変形、斑、感染症などの問題は、古代インドで管理されていました。

伝統的な医学は、様々な感染症や慢性疾患を治療することができます。

研究は、古代アーユルヴェーダのテキストに記述されているあらゆる種類のチューイングスティックが、薬効および抗齲蝕原性を有することを示している。

オイルプリング(Kaval、Gandush)効果は、約30の全身性疾患を治すとされている。

Amla(Emblic myrobalan)は、口腔衛生の一般的な再建者です。

ビルベリー果実(Vaccinium myrtillus)とサンザシ果実(Crateagus oxycanthus)はコラーゲンを安定化させ、ガム組織を強化します。

リコリス(Liquorice)根(Glycyrrhiza glabral)は、抗空洞作用を促進し、プラークを減少させ、抗菌効果を有する。伝統的な医学がプライマリヘルスケアの一部として認められるならば、入手可能な証拠に基づいて、安全で高品質な製品とプラクティスの使用が保証されるべきである。

アーユルヴェーダの歯科医療実践の科学的検証は、現代の歯科医療への取り入れを正当化する可能性がある。適切な媒体を使用したこれらの技術の宣伝は、古代の慣習にもっと自信を持たせることによって、一般の人口に利益をもたらし、したがって虫歯および喪失を防止する。

Abstract

Even though dentistry was not a specialized branch of Ayurveda, it is included in its Shalakya Tantra (system of surgery).

Problems such as deformities of the oral cavity, plaques and infections were managed in ancient India.

Traditional medicine can treat various infectious and chronic conditions.

Research has shown that all kinds of chewing sticks described in ancient Ayurveda texts have medicinal and anti-cariogenic properties.

Its oil pulling (Kaval, Gandush) practice is claimed to cure about 30 systemic diseases.

Amla (Emblic myrobalan), is a general rebuilder of oral health.

Bilberry fruit (Vaccinium myrtillus) and hawthorn berry (Crateagus oxycanthus) stabilize collagen, strengthening the gum tissue.

Liquorice root (Glycyrrhiza glabral) promotes anti-cavity action, reduces plaque, and has an antibacterial effect. Use of safe, quality products and practices should be ensured based on available evidence if traditional medicine is to be acknowledged as part of primary health care.

Scientific validations of the Ayurveda dental health practices could justify their incorporation into modern dental care.

Publicity of these techniques using appropriate media would benefit the general population by giving more confidence in the ancient practices, thus preventing tooth decay and loss.

 

35.  オイルプリング療法のメカニズム - インビトロ研究

Mechanism of oil-pulling therapy - in vitro study.

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/21525674

要約

バックグラウンド:オイルプリングは、歯、歯肉および顎を強化し、腐敗、口臭、出血性歯肉および喉の渇きおよび唇の亀裂を予防するための長年の科学的証拠なしに伝統的なインドの民間療法として広く使用されてきた。

目的:本研究の目的は、ゴマ油とゴマ油から単離されたリグナンの抗菌活性を口腔微生物上で評価し、油引き療法中に鹸化または乳化が起こるかどうかを調べることである。

材料および方法:(1)リグナンおよびゴマ油の抗菌活性を、寒天希釈法および寒天ウェル拡散法による最小阻害濃度アッセイによってそれぞれ試験した。 (2)油の遊離脂肪酸濃度の上昇と滴定で消費された水酸化ナトリウム(NaOH)の量が鹸化過程の良い指標である。これは、植物油の分析試験を用いて評価した。 (3)油の状態、微生物の存在、口腔の破片および異物を評価するために、澄んだ油を光学顕微鏡下で観察した。

結果:セサミンおよびゴマ油から単離されたセサモリンは、ストレプトコッカス・ミュータンス、ストレプトコッカス・ミティスおよびストレプトコッカス・ビリダンスのような経口微生物に対していかなる抗菌効果も有さなかった。ゴマ油の乳化は油引き療法中に起こる。滴定におけるNaOHの消費の増加は、ケン化プロセスの可能性を明確に示している。

結論:

口腔衛生に対する油引き療法の効果がプラセボ効果に過ぎないという神話は壊れており、可能なケン化と乳化プロセスの明確な兆候があり、その機械的洗浄作用が強化されています。

Abstract

BACKGROUND:Oil pulling has been used extensively as a traditional Indian folk remedy without scientific proof for many years for strengthening teeth, gums and jaws and to prevent decay, oral malodor, bleeding gums and dryness of throat and cracked lips.

AIM:The aim of this study was to evaluate the antibacterial activity of sesame oil and lignans isolated from sesame oil on oral microorganisms and to check whether saponification or emulsification occurs during oil-pulling therapy.

MATERIALS AND METHODS:The in vitro study was carried out in three different phases: (1) Antibacterial activity of the lignans and sesame oil were tested by minimum inhibitory concentration assay by agar dilution method and agar well diffusion method, respectively. (2) Increase in free fatty acid level of oil and the quantity of sodium hydroxide (NaOH) used up in the titration are good indicators of saponification process. This was assessed using analytical tests for vegetable oils. (3) Swished oil was observed under light microscope to assess the status of the oil, presence of microorganisms, oral debris and foreign bodies.

RESULTS:Sesamin and sesamolin isolated from sesame oil did not have any antibacterial effect against oral microorganisms like Streptococcus mutans, Streptococcus mitis and Streptococcus viridans. Emulsification of sesame oil occurs during oil-pulling therapy. Increased consumption of NaOH in titration is a definite indication of a possible saponification process.

CONCLUSION:The myth that the effect of oil-pulling therapy on oral health was just a placebo effect has been broken and there are clear indications of possible saponification and emulsification process, which enhances its mechanical cleaning action.

 

36.  歯科医学とアーユルヴェーダV - エビデンスに基づくアプローチ

Dentistry & Ayurveda V - An evidence based approach

https://edentj.com/index.php/ijcds/article/view/195

要約

アーユルヴェーダの薬物治療は長年にわたって賞賛されており、様々な病気に大昔から使われていました。 近年、口腔および歯の健康のための様々なアーユルヴェーダ薬の使用が新たに関心を集めている。 抗炎症、抗菌、抗酸化特性などの薬理学的応用に使用されている以前からの植物および天然産物。この論文は、口腔疾患および天然物の最近の研究 アユルヴェーダ、歯科、天然製品、補完的/統合的な医学

Abstract

Ayurvedic medications have stood the test of time and since time immemorial been used for various ailments. Recently there is renewed interest in use of various ayurvedic drugs for oral and dental health. . Plants and natural products from time immemorial used for their pharmacological applications viz., antiulcerogenic, wound healing, anti-inflammatory, antimicrobial, antioxidant properties etc. This article attempts to review the recent studies undertaken to use of natural products for oral diseases and also looks into the multitude prospects and perspectives of ayurveda in dentistry.Keywords: Ayurveda, dentistry, natural products, complementary/integrative medicine

 

37.  ヴァージンココナッツオイルの抗炎症、鎮痛、および解熱活性

Anti-inflammatory, analgesic, and antipyretic activities of virgin coconut oil.

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed?term=2010%5Bpdat%5D+AND+anti-inflammatory+virgin+coconut+oil&TransSchema=title&cmd=detailssearch

要約

本研究では、化学的または高熱処理をしていないココナッツ(Cocos nucifera Linn(Palmae))ミルクの天然純粋油であるバージンココナッツオイル(VCO)の薬理学的特性を調べた。 

VCOの抗炎症効果、鎮痛効果、解熱効果を評価した。 

急性炎症モデルにおいて、VCOは、フェニルプロピオン酸エチル誘発耳浮腫のラットにおける中等度の抗炎症効果、およびカラゲニンおよびアラキドン酸誘発足浮腫を示した。 VCOは、滲出重量、肉芽腫形成、および血清アルカリ性ホスファターゼ活性を低下させることで、慢性炎症に対する阻害効果を示した。 VCOはまた、酢酸誘発発熱に対する適度な鎮痛効果ならびに酵母誘発温熱療法における解熱効果を示した。 得られた結果は、VCOの抗炎症性、鎮痛性および解熱性を示唆している。

Abstract

This study investigated some pharmacological properties of virgincoconutoil(VCO), the natural pure oilfrom coconut[Cocos nucifera Linn (Palmae)] milk, which was prepared without using chemical or high-heat treatment. The anti-inflammatory, analgesic, and antipyretic effects of VCO were assessed. In acute inflammatory models, VCO showed moderate anti-inflammatoryeffects on ethyl phenylpropiolate-induced ear edema in rats, and carrageenin- and arachidonic acid-induced paw edema. VCO exhibited an inhibitory effect on chronic inflammation by reducing the transudative weight, granuloma formation, and serum alkaline phosphatase activity. VCO also showed a moderate analgesic effect on the acetic acid-induced writhing response as well as an antipyretic effect in yeast-induced hyperthermia. The results obtained suggest anti-inflammatory, analgesic, and antipyretic properties of VCO.

 

38.  オイルプリング - 神秘的な治療への道のりを解明する

Oil pulling-Unraveling the path to mystic cure

https://www.researchgate.net/publication/228477829_Oil_pulling-Unraveling_the_path_to_mystic_cure

 

39.  歯垢(プラーク)が原因の歯肉炎に対するオイルプリング効果:無作為化、制御、トリプルブラインド研究

Effect of oil pulling on plaque induced gingivitis: a randomized, controlled, triple-blind study.

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/19336860

 

40.  口腔栄養療法は、胸腔治療に効果的ですか? 症例報告。

Is oral nutritional therapy effective for the treatment of chylothorax? A case report.

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/18403181

Chylothorax乳糜胸:乳麋(腸管からの脂肪球を含むリンパ球)が胸管より濾出して,胸腔内に貯留した状態をいうが,その原因として外傷や胸管の圧迫,閉. 塞,還流異常,または先天性や特発性など様々なものが. 考えられる

 

41.  Dentocult SM Strip mutans試験で、プラークおよび唾液中のストレプトコッカス・ミュータンス菌の数値測定したオイルプリング効果:無作為化、コントロール、トリプルブラインド試験

Effect of oil pulling on Streptococcus mutans count in plaque and saliva using Dentocult SM Strip mutans test: a randomized, controlled, triple-blind study.

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/18408265

Streptococcus mutansストレプトコッカス・ミュータンス:グラム陽性で通性嫌気性のレンサ球菌の一種である。ヒトの口腔内にも存在し、う蝕(虫歯)の原因菌の一つ。1924年にJ Kilian Clarkeによって発見された。

 

42.  バクテリアを発生させる虫歯へのオイルプリング効果

Effect of oil-pulling on dental caries causing bacteria

https://www.scribd.com/document/136298750/effect-of-oil-pulling-on-dental-caries

 

43.  オイルプリング療法

Oil pulling therapy

http://www.ijdr.in/article.asp?issn=0970-9290;year=2008;volume=19;issue=2;spage=169;epage=169;aulast=Asokan

ヘルスケアでは大きな技術的進歩があったかもしれませんが、患者ケアの基本的なプロトコルを見失わないことが重要です。

歯科分野では、効果的な予防習慣を確立し維持することを意味します。

どのように洗練された歯科技工や手技が行われたとしても、予防歯科医療は口腔内で行われます。

歯科医療従事者は、予防練習に関するアドバイスの中核となる口腔衛生を行う必要があります。

口腔衛生の分野は巨大な発展を遂げており、世俗的な被験者は驚くべき量の成長と研究を行っています。

口腔衛生の改善に寄与していることを十分に認識している天然の医薬品がたくさんあります。

Pedaliaceae科のゴマ植物(Sesamum indicum)は、その栄養的性質および多くの望ましい健康効果のために、人類への自然の贈り物と考えられてきました。植物の種子は、一般的に「gingelly」または「til」種子として知られています。

ごま油は高濃度の多価不飽和脂肪酸を持ち、ビタミンEの良い供給源です。[1]それに含まれる抗酸化物質は、主にセサモール、セサミン、セサモリンです。 [1]セサミンは、コレステロールの吸収および肝臓でのその産生を阻害することが判明しています。

脂質生成を減少させ、抗高血圧作用を示す。 [2]

Oil pullingまたはオイルスウィージングは口腔内のオイルを吸入して経口および全身の健康上の利益を得る方法です。

ゴマ油を用いたオイルプリング療法は、歯、歯茎、顎を強化し、歯の腐敗、口臭、出血性歯茎、喉の乾燥、ひび割れた唇の予防のために、伝統的なインドの民間療法として広く使用されてきました。 [3]オイルプリングの概念は新しいものではなく、アーユルヴェーダのテキストCharaka Samhitaで議論されています。

ここでは、それはkavala grahaまたはkavala gandooshaと呼ばれています。 [4]

オイルプリング療法の場合、ごま油の大さじ(幼児用ティースプーン)を口に入れ、噛んだり、吸ったり、歯の間を10〜15分間引っ張ったりする。粘性のあるオイルは薄く乳白色に変わります。

スワイキングは酵素を活性化し、血液から毒素を引き出すと主張されている。 [3]

油には細菌や毒素が含まれているので、飲み込まないでください。

オイルプリング療法には、歯磨きと口のすすぎが必要です。それは、好ましくは朝に空腹で行われる。

 

ここで答えるべき問題は、なぜ油が引き寄せられるのか?

ごま油は、標準および市販のうがい薬に比べて次のような利点があります。汚れがなく、後味が残っておらず、アレルギー反応も起こりません。

市販されているうがい薬に比べて5〜6倍の費用対効果が