36 Onset Factors of The Predesen Protocol on Alzheimer's disease

October 15, 2018

プレデセン博士のアルツハイマー治療法

 

 

 

アルツハイマー病 36の発症因子(36+α=53)

 

 1.    APPβ-切断を減少させる

 2.    γ-切断を減少させる

 3.     α開裂を増加させる

 4.     カスパーゼ-6切断を減少させる

 5.     カスパーゼ3切断を減少させる

 6.     アミロイド-βオリゴマー化の防止

 7.     ネプリライシンを増加させる

 8.     IDEを増加させる(インスリン分解酵素)

 9.     アミロイドβのミクログリアクリアランスを増加させる

10.    オートファジーを増やす

11.    BDNF(脳由来神経栄養因子)

12.    NGF(神経成長因子)

13.    ネトリン1およびADNP(活性依存性神経保護タンパク質)

14.    VIP(血管作動性腸管ペプチド)

15.    ホモシステインを減少させる

16.    PP2A(プロテインホスファターゼ2A)活性を増加させる

17.    リン酸化タウ

18.    貪食指標を増加させる

19.    インスリン感受性を高める

20.    レプチン感受性を高める

21.    アクソプラズミック輸送の改善

22.    ミトコンドリア機能および生体発生を高める

23.    酸化的損傷を減らし、ROS(活性酸素種)の生産を最適化する

24.    コリン作動性神経伝達を増強する

25.    シナプト芽球性シグナル伝達を増加させる

26.    シナプス系シグナル伝達を減少させる

27.     LTPの改善(長期増強)

28.     エストラジオールの最適化

29.     プロゲステロンの最適化

30.     最適化E2:P(エストラジオール対プロゲステロン)比

31.     自由なT3と自由なT4を最適化する

32.     TSH(甲状腺刺激ホルモン)の最適化

33.     プレグネノロンの最適化

34.     テストステロンの最適化

35.     コルチゾールの最適化

36.     DHEA(デヒドロエピアンドロステロン)

37.     インスリン分泌およびシグナル伝達の最適化

38.     PPAR-γ(ペルオキシソーム増殖因子活性化受容体ガンマ)

39.     炎症を軽減する

40.     レゾルビンを増やす

41.     解毒を強化する

42.     血管新生を改善する

43.     cAMP(環状アデノシン一リン酸)

44.     グルタチオンを増加させる

45.     シナプス成分を提供する

46.     すべての金属を最適化する

47.     GABA(γ-アミノ酪酸)

48.     ビタミンDシグナル伝達を増加させる

49.     Sirt1を増加させる(サイレント情報レギュレータT1)

50.     NF-κB(活性化B細胞の核因子κ-軽鎖エンハンサー)を減少させる

51.     テロメアの長さを増やす

52.     グリアの瘢痕を減らす

53.     幹細胞媒介性脳修復の増強

Please reload

特集記事

Oil Pulling Therapy

March 16, 2017

1/10
Please reload

最新記事

June 11, 2019

June 1, 2019

Please reload

アーカイブ