Coconut Oil Research - Anti-Diabetes

September 27, 2018

4. 中鎖脂肪酸で、糖尿病を改善しましょう

 

 

引用元:米国NPO法人ココナッツリサーチセンターのサイト

https://www.coconutresearchcenter.org/index.php/medical-research-2/coconut-research-3/

 

 

Diabetes(糖尿病)

 

1.  ラウリン酸に富んだ中鎖脂肪酸は、他の調理用油の代用品になり、病原性を制限します。

Lauric acid-rich medium-chain triglycerides can substitute for other oils in cooking applications and may have limited pathogenicity

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27547436

 

2.  アミロース含有脂質複合体形成および血糖応答に関するパンにおける脂質の型の効果

Effect of fat type in baked bread on amylose-lipid complex formation and glycaemic response

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27102847

 

3.  バージンココナッツオイルはレドックス状態(酸化還元反応)を維持し、高フルクトースのエサで育ったラットで血糖状態を改善する

Virgin coconut oil maintains redox status and improves glycemic conditions in high fructose fed rats

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26788013

要約

新鮮なココナッツ穀粒から抽出されたバージンココナッツオイル(VCO)は、乾燥した穀物の産物であるCopra Oil(CO)と同様の脂肪酸組成を有する。

COは南インドで主要な食事成分を形成しますが、VCOはその構成成分である酸化防止分子のために健康な生活のために促進されています。

COを含む高フルクトースは、げっ歯類におけるインスリン抵抗性および脂肪性肝炎の確立されたモデルである。

この研究では、高フルクトース食でCOをVCOに置き換えることにより、グルコース代謝および異常脂質血症が顕著に改善された。

VCO食餌を与えた動物は、CO摂食動物(46%)と比較して血糖値がわずか17%上昇した。

VCO給餌ラットにおけるGSHおよび抗酸化酵素活性のレベルの増加は、肝臓酸化還元状態の改善を示す。

VCO給餌ラットにおける脂質過酸化およびカルボニル付加物の減少は、肝臓損傷および脂肪症がCO摂食動物よりも比較的減少しているという組織病理学的所見を裏付けている。

これらの結果は、VCOが、おそらくその抗酸化効力によって、食事誘導インスリン抵抗性および関連合併症の発症を予防するのに有効な栄養補助食品であり得ることを示唆している。

 

4.  大豆油は、マウスを対象に行った研究では、ココナッツオイルやフルクトースよりも肥満や糖尿病を誘発し易い。:肝臓の潜在的役割

Soybean Oil Is More Obesogenic and Diabetogenic than Coconut Oil and Fructose in Mouse: Potential Role for the Liver

https://journals.plos.org/plosone/article?id=10.1371/journal.pone.0132672

 

5.  骨格筋における中鎖脂肪酸と長鎖脂肪酸の代謝効果の比較

Contrasting metabolic effects of medium- versus long-chain fatty acids in skeletal muscle

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/24078708

 

6.  低温や高温で抽出したバージンココナッツオイルの抗糖尿病効果

Anti-diabetic effects of cold and hot extracted virgin coconut oil

http://www.scirp.org/journal/PaperInformation.aspx?paperID=8421#.VDMOARZh0mY

 

7.  ココナッツ(Cocos nucifera L .: Arecaceae):健康増進および疾病予防

Coconut (Cocos nucifera L.: Arecaceae): in health promotion and disease prevention

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/21771462

 

8.  内臓肥満を減らす、ヴァージンココナッツオイルの有効性と安全性を評価するオープンラベルパイロット試験

An open-label pilot study to assess the efficacy and safety of virgin coconut oil in reducing visceral adiposity

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed?term=2011%5bpdat%5d+AND+liau%5bauthor%5d+AND+visceral&TransSchema=title&cmd=detailssearch

 

9.  乾燥および発酵処理したバージンココナッツオイルのインビボ抗侵害受容および抗炎症活性

In vivo antinociceptive and anti-inflammatory activities of dried and fermented processed virgin coconut oil

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/21454992

 

10.  ココナッツオイルは、フィリピンの閉経前の女性を対象にし、有益な脂質プロファイルに関連します。

Coconut oil is associated with a beneficial lipid profile in pre-menopausal women in the Philippines.

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/21669587

 

11.  糖尿病ラットを対象にし、脂質プロファイル、抗酸化酵素および耐糖能に関する飽和脂肪酸が豊富なオイルの影響

Effect of saturated fatty acid-rich dietary vegetable oils on lipid profile, antioxidant enzymes and glucose tolerance in diabetic rats.

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/20871763

 

12.  中鎖脂肪酸:生活習慣病の予防と治療のための機能性脂質

Medium-chain fatty acids: functional lipids for the prevention and treatment of the metabolic syndrome

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/19931617

 

13.  バージンココナッツオイルの抗炎症、鎮痛作用、解熱作用

Anti-inflammatory, analgesic, and antipyretic activities of virgin coconut oil

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed?term=2010[pdat]+AND+anti-inflammatory+virgin+coconut+oil&TransSchema=title&cmd=detailssearch

 

14.  中鎖脂肪酸および長鎖トリアシルグリセロール(中性脂肪)の摂取は、中国人の高トリグリセリド血症患者の体脂肪および血中トリグリセリドを減少します。

Consumption of medium- and long-chain triacylglycerols decreases body fat and blood triglyceride in Chinese hypertriglyceridemic subjects.

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/19156155

 

15.  腹部肥満女性の生化学的・人体計測プロファイルでのココナッツオイル効果

Effects of dietary coconut oil on the biochemical and anthropometric profiles of women presenting abdominal obesity.

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/19437058

 

16.  中鎖脂肪酸は、集中治療1型糖尿病患者の認知機能を改善し、急性低血糖時のin vitroシナプス伝達を助けます。

Medium-chain fatty acids improve cognitive function in intensively treated type 1 diabetic patients and support in vitro synaptic transmission during acute hypoglycemia

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/19223595

 

17.  中鎖脂肪酸はラットを対象にした研究で、高脂肪食に起因するインスリン抵抗性を改善します。

Medium-chain fatty acids ameliorate insulin resistance caused by high-fat diets in rats

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/19219861

 

18.  中程度の体重で、制約の無い日常生活をおくる2型糖尿病の中国人患者の体重減少およびインスリン感受性に関する中鎖脂肪酸の効果

Effects of dietary medium-chain triglyceride on weight loss and insulin sensitivity in a group of moderately overweight free-living type 2 diabetic Chinese subjects

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/17570262

 

19.  長鎖脂肪酸と比較して中鎖脂肪酸を与えられたラットでの、低体重増加、アディポネクチンのより高い発現と血中レベルについて

Lower weight gain and higher expression and blood levels of adiponectin in rats fed medium-chain TAG compared with long-chain TAG

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/17707987

 

20.  2型糖尿病の患者の食事に、メトホルミンと、デンプンの代用の飽和脂肪酸の使用結果

Results of use of metformin and replacement of starch with saturated fat in diets of patients with type 2 diabetes.

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/12113629?dopt=Abstract

 

21.  結腸切除した正常ラットを対象に行った、血漿中ケトン、グルコースおよびインスリン濃度に於ける高い中鎖脂肪酸の影響

Effects of diet high in medium-chain triglyceride on plasma ketone, glucose, and insulin concentrations in nenterectomized and normal rats

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed?term=Effects+of+diet+high+in+medium-chain+triglyceride+on+plasma+ketone,+glucose,+and+insulin+concentrations+in+enterectomized+and+normal+rats&TransSchema=title&cmd=detailssearch

要約

血中グルコース、血漿免疫反応性インスリン、および肝機能に及ぼす影響とともに、髄腔内および正常ラットにおける血漿ケトン体濃度に及ぼす食事中鎖トリグリセリド(MCT)の影響を調べた。

4匹の髄腔化したラットおよび4群の正常ラットに、0,6,11または21%のMCTを含有する実験食餌を6日間飼育した。正常なラットを含む全ての動物は、1日1回、3時間の食事給餌を受けた。

3日目に、腸切除したラットにおける血漿ケトン体濃度は、食餌性MCTの用量依存的に増加し、正常ラットよりも高かった。しかし、摘出されたラットのすべての値は、最大生理的濃度である2mMを決して超えることはなかった。

対照的に、摘出されたラットの血漿グルコースは、食物MCTでより明確かつ用量依存的に減少する傾向を示し、続いて正常ラットにおけるものと比較してインスリン分泌の顕著な増加が見られた。

最終日には、これらの群の間で肝機能検査の結果に有意差は認められなかった。

これらの結果は、MCT誘発ケトーシスが許容範囲内であり、食事療法MCTが、肝機能に不利な影響を及ぼさずに外科手術後に血漿グルコースの増加を抑制するのに有用であることを示す。

 

The effectsof dietary medium-chaintriglyceride(MCT) on the concentration of plasmaketonebodies in enterectomizedand normalratswere examined, together with the effectson plasmaglucose, plasmaimmuno-reactive insulin, and liver function. 

Four groups of enterectomizedratsand four groups of normalratswere fed experimental diets containing 0, 6, 11, or 21% of MCT by weight for 6 days. 

All animals including normalratsreceived meal-feeding for 3 h once a day. On day 3, concentration of plasmaketonebodies in enterectomizedratsincreased dose-dependently with dietary MCT and the level was higher than that in normalrats. 

However, all the values in enterectomizedratsnever exceeded 2 mM, the maximum physiological concentration. 

In contrast, plasmaglucosein the enterectomizedratsshowed a tendency to decrease more clearly and dose-dependently with dietary MCT, followed by a marked increase of insulinsecretion compared with those in normalrats. 

On the final day, no significant differences in the results of liver function tests were observed among these groups. 

These results indicate that the MCT-induced ketosis was within an acceptable range, and dietary MCT is useful for the suppression of increase in plasmaglucosefollowing a surgical operation without any disadvantageous effectson liver function.

 

22.  中鎖脂肪酸の代替食は、NIDDM(インスリン非依存型糖尿病)被験者におけるインスリン媒介グルコース代謝を改善する

Dietary substitution of medium-chain triglycerides improves insulin-mediated glucose metabolism in NIDDM subjects    NIDDM:インスリン非依存型糖尿病(non insulin dependent diabetes mellitus)

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/1568535

 

23.  ラウリン酸のインスリン分泌能:TPN成分に於ける中鎖脂肪酸(MCF)の代謝の根拠

Insulinotropic potency of lauric acid: a metabolic rationale for medium chain fatty acids (MCF) in TPN formulation

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/1593871

 

24.  遺伝性糖尿病マウス(db / db)におけるオクタン酸に依る2-テトラデシルグリシド酸の代謝効果の防止

Prevention of the metabolic effects of 2-tetradecylglycidate by octanoic acid in the genetically diabetic mouse (db/db).

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed?term=Prevention+of+the+metabolic+effects+of+2-tetradecylglycidate+by+octanoic+&TransSchema=title&cmd=detailssearch

 

25.  後天性全脂肪異栄養症における長鎖脂肪酸の代用の中鎖脂肪酸の正常カロリー:高リポ蛋白血症および内因性インスリン抵抗性に関する影響

Eucaloric substitution of medium chain triglycerides for dietary long chain fatty acids in acquired total lipodystrophy: effects on hyperlipoproteinemia and endogenous insulin resistance

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/6348062

 

26.  消化管の不調の栄養療法における中鎖脂肪酸

Medium-chain fats in dietetic treatment of some disorders of the digestive tract

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/4561156

 

27.  実験的な糖尿病と食事

Experimental Diabetes and Diet.

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed?term=105[volume]+AND+548[page]+AND+1947[pdat]&cmd=detailssearch

 

Please reload

特集記事

Oil Pulling Therapy

March 16, 2017

1/10
Please reload

最新記事

June 11, 2019

June 1, 2019