Ketogenic Diet vs ReCODE Protocol

September 7, 2018

ケトン体食事法 vs リコード法。

 

 メアリーニューポート医学博士、リチャード・ヴィーチ医学博士(NIH)、ブルースファイフ自然療法医博士(Coconut Research Center)等が推奨する食事療法のKetogenic Diet(ケトジェニックダイエット)は、厳格な糖質制限法により、血糖値(血中のブドウ糖(グルコース))を下げて、肝臓で体脂肪(中性脂肪)を燃焼分解させ乍ら、中鎖脂肪酸をケトン体に変えて体産生量を増やし、ブドウ糖(グルコース)がエネルギー源とする体から、ケトン体がエネルギー源とする体に変わり、ケトーシスの体になる。

 血糖値の変動が無くなり、糖化・酸化が生じない身体に変わることから、老化を遅らせ、生活習慣病発症リスクを下げる。

 中鎖(飽和)脂肪酸には、C6:0カプロン酸、C8:0カプリル酸、C10:0カプリン酸、C12:0ラウリン酸があり、この中で、カプリル酸が最もケトン体産生量を高める。

 

 米国UCLAデール・プレデセン博士が提唱するアルツハイマー型認知症の予防・治療法ReCODE PROTOCOL(リコード法)

 日本では、自由診療となり、ApoE4遺伝子検査などから始める治療法。

同博士は、アルツハイマー型認知症の原因は36有る事を見つけ、これを一つずつ確認し、真の原因を検査で探して、治療を図る。

 脳は、①炎症、②栄養不足、③毒素という3つのリスクに晒されると、アミロイドベータ を集積させて、脳を守ることから、アミロイドベータ が増えないように、脳への脅威を減らす方法。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Please reload

特集記事

Oil Pulling Therapy

March 16, 2017

1/10
Please reload

最新記事

June 11, 2019

June 1, 2019

Please reload

アーカイブ