Dr. Tokumi Fujikawa

February 1, 2017

 

 ⑴藤川徳美フェイスブック

 https://www.facebook.com/tokumi.fujikawa?fref=ts

 

 三石巌医師の三石理論、ビタミン、ミネラルに詳しい、心療内科医の藤川徳美氏のフェイスブックです。

 補酵素として重要なビタミン、ミネラルの重要さを学ぶには最適な教材になると思います。

 ミトコンドリアを十分に働かして、エネルギーを産出しています。これには、鉄分の摂取は不可欠ですが、若い女性の生理でその鉄分が失われている、鉄分欠乏による健康問題について、説いています。

 

 ⑵藤川先生講演会「食事栄養療法倶楽部学術講演会2016 in広島」2016年12月4日 

 https://www.youtube.com/watch?v=io2I0jE8U-c&feature=youtu.be

 

<藤川徳美医師のコメント>

 先日の講演の様子をFBFの山本越郎さんが動画にしてくれました。山本さん、ありがとうございます。しかし、ミス連発じゃない。
・質的な栄養失調のところで、脂肪酸不足を書き忘れている。
・脂肪酸がミトコンドリアに入る所、L-カルニチン、およびCを書き忘れている。
・”女子高性”などと書いている。動画を見てお前はアフォかと叫んでしまった。
・ミネラル処方を言い忘れた。
・ガン=脚気(B1不足)+壊血病(C不足)を言い忘れた。
こっぱずかしい!

 

見るなよー。
絶対に見るなよー。
絶対に絶対に見るなよー。

 

https://www.facebook.com/tokumi.fujikawa/posts/1148243725291950

 

下記内容は、講演に参加された山本越郎さんのフェイスブックから引用です。

 

引用開始

-------------------------------------------------------------------------------------------

講演内容のポイントをまとめましたので、併せてご覧になってください。

【質的栄養失調】

 ・質的栄養失調
 =糖質過多+たんぱく質不足+脂質不足+ビタミン不足+ミネラル不足
 =ATP不足
 =全ての慢性疾患の原因


【エネルギー通貨ATP】

 ・生物が生きている
 =十分なATPを作っている
 =エネルギー代謝を行っている
 ・ATP→ADP→AMPとなるときにエネルギーを放出
 ・AMP→ADP→ATPとATPを合成するときにビタミンCが必要
 ・厚労省推奨の1日ビタミンC100mgでは足りない
  →人によって500mg~10gは必要


(資料は藤川先生のFacebookより、以下同じ)


【糖質のエネルギー代謝】

 ≪嫌気性解糖(無酸素)≫
  ・糖質は解糖系で、グルコースからピルビン酸を合成する
  ・解糖系では、2個のATPしか作られない
  ・ピルビン酸はミトコンドリアで完全代謝するが、特にビタミンB1が不足するとミトコンドリアに入れずに乳酸になる
  ・乳酸はコリ回路でグルコースに合成されるが、6個のATPが消費される

 ≪好気性解糖(有酸素)≫
  ・ピルビン酸はミトコンドリアでアセチルCoAになり、クエン酸回路→電子伝達系で完全代謝される
  ・クエン酸回路では、補酵素としてビタミンB群、マグネシウム、亜鉛等が必要
  ・電子伝達系では、鉄が必要
  ・ミトコンドリアでグルコースが完全代謝されると、総合計で38個のATPが作られる


【脂質のエネルギー代謝】

 ・脂質は脂肪酸(ケトン体も同様)がβ酸化されてアセチルCoAになる
 ・このときに、L-カルチニンが必要になり、L-カルチニン合成にはビタミンCが必要
 ・アセチルCoAは、同じくクエン酸回路→電子伝達系でエネルギー代謝される
 ・脂肪酸からは129個のATPが作られる
 ・グルコースがあると脂肪酸は燃えない
 ・糖質制限を行うと、脂肪酸はケトン体に合成される


【ピルビン酸からアセチルCoAへの代謝】

 ・ピルビン酸からアセチルCoAへの代謝には、補酵素、特にビタミンB1が必要
 ・人によって補酵素の必要性が異なる(確率的親和性)
 ・確率的親和性1.0→100%代謝が進む
 ・確率的親和性0.1→10%しか代謝が進まない
  →ビタミンB1を10倍摂れば良い


【女性の鉄不足】

 ・鉄不足だと電子伝達系が稼働しないのでATP不足になる
 ・鉄不足は貯蔵鉄(フェリチン)を測る必要があある
 ・女性(15~50歳)は全員鉄不足
  フェリチン100以下 99%
  フェリチン 30以下 80%
  フェリチン 10以下 40%
 ・鉄不足になりやすい人
   女子高生(朝起きれない、キレやすいなど)
   産後(フェリチンが50減少、産後うつ)

 ⇒全ての慢性疾患は、補酵素(ビタミンB群、鉄、マグネシウム、亜鉛など)を補給し、糖質制限して、脂質をしっかり摂れば、ATP不足が解消し、病気が治る


【がん】

 ・グルコース→ピルビン酸→乳酸となり、酸性化・低体温化することでがんになる
 ・がんになりやすい人
  確率的親和性が低い人→ビタミンB1不足
  糖質摂取過多の人
 ・最先端のがん治療→ビタミン・ケトン療法
 ・ケトン食によって、入院でケトン体3000~6000に上昇するとがん死滅
 ・ビタミン・ケトン療法(糖質制限+ビタミンC点滴+ビタミンBコンプレックス+ベンフォチアミン)
 ・ケトン食(糖質1食5g以下+脂肪酸~バター・生クリームなど)

≪ご参考≫

『やっと終わったー』

 

Please reload

特集記事

Oil Pulling Therapy

March 16, 2017

1/10
Please reload

最新記事

June 11, 2019

June 1, 2019

Please reload

アーカイブ