Type-1 Diabetes T. by Dr. Muneta

January 31, 2017

 

 

AAA.  宗田 哲男医師のフェイスブック1月22日 13:33から

『1型糖尿病をどうする?』

https://www.facebook.com/tetsuo.muneta?fref=pb&hc_location=friends_tab&pnref=friends.all

 

『1型糖尿病をどうする?』
46歳の女性が、不正出血にて、来院。問診で、1型糖尿病とのこと、18歳では発症、以来30年近いインスリン生活。
現在、HbA1cは8.5、昨年、網膜剥離で手術している。(全然コントロールは良くない)
腎機能も悪化していて透析寸前と言われている。(おおっ、気の毒に合併症が・・・)
血糖値は、600mg/dlから30mg/dlと高血糖と低血糖の変動が激しく、低血糖が怖くて夜中も血糖を測って低ければブドウ糖を取っているという。そのような朝には、血糖値が400 mg/dlを超えるという。(インスリンは、30単位以上打ち続けている。肉は食べてはいけないと言われている)
血糖値の変動の激しさに、どうしたらいいか、糖尿病専門医の主治医もさじを投げているという。コントロールが難しい。毎日がだるい、歩くのもつらくて、フラフラ、肌がカサカサでかゆい。50歳まで生きられたらいいと思っている。
「血糖コントロールというのは、インスリンではなくて、まずは、食事でできるんですよ。当院にもあなたと同じ、十代発症の1型の糖尿病の方が何人かいますが、インスリン使っていないよ!」
「えっ、そんなことができるのですか?」
糖尿病の専門医にかかっていたら、糖尿病はコントロールができないのではないかな?
さあ、どうしよう。よく考えてみましょう。

Tadao Nagase 患者洗脳されたクライアントは、どの様な治療選択をするか…

Fusae Kobayashi 日本の医学・変わって欲しいと思います。

かみや みき 糖尿病になってしまった人は一番頼りにしてる糖尿病のお医者さんに、お金も健康もどんどん奪われてしまうんですね😞はやく糖質制限をお医者さんに知ってもらいたいですね。。

栢工弘子 うちの連れも30年に近く糖尿病専門の瓶にかかっていました。
血糖はコントロール出来たけど元気無くなったり、鬱っぽくなったり、でも本人は食事だけより薬を頼りたいようです。
肝臓にも悪いと思うけど、なかなか難しいですね。

かみや みき 病院の先生間違ってるわけないって思うのが普通ですもんね。。私も糖質制限をなかなか家族に理解してもらえず苦しんでいるところです😞難しいですね、うまくいきますように🙏応援しています🌟

びしょう ちか 勤務先では、薬でコントロール出来なくなった人を栄養指導に回してくるDrが多いです。まずは栄養指導してから薬にして欲しいです。食事改善が出来ない人もいるのでそんな方には薬しかないですからね。

中島 良員 私の周りはこんな人ばっかりです。
普段付き合いのない普通の医者の言う事をうのみにします。。。

塚原 未侑 シェアさせてください😊

山岸 廣行 宗田先生の処に辿り着けたことは不幸中の幸いですね。

まみや ともこ まさに!

渡邉 佳子 不正出血が逆にラッキーだったかもしれません。普通の婦人科だったらここまで問診してくれないですよ。

Norio Fukuda もうすぐ3歳の娘が1型です。基礎インスリンも出ていません。インスリンが不要になるなど、改善は見込まれるでしょうか?

野口道子 このような症例の場合、どのような栄養指導と、薬に頼らず、どのような治療をされると改善するのか、是非詳しく教えて下さい。
宜しくお願い致します。

宗田 哲男 1型は、いろいろなレベルがあると思います。ただどのレベルでも糖質量は、少なくして、血糖値の変動幅をおさえて少ないインスリンで管理することが将来につながります。今の糖質を好きなだけ食べてそれに合わせてインスリンを打つという方法では、コントロールは難しく、さらにすい臓は、廃絶されます。

野口道子 ありがとうございました。勉強になりました。

野口道子 糖質摂取は、具体的に、どれ位にしたらよろしいのでしょうか?教えて頂けたら、嬉しく存じます。宜しくお願い致します。

宗田 哲男 どの程度の糖尿病でいままでの経過があるかにもよりますが1型でも2型でも1日50グラム以下にすることは大事です。江部先生の言うスーパー糖質制限食です。

野口道子 ありがとうございました。

Fusae Kobayashi お母さんがんばって下さい。

能勢謙介 「インスリンを離脱する」という目的だけのために、1型糖尿病の方に糖質制限を推奨することに対しては疑問があります。
それぞれの状況によって異なりますが、北里大学の山田悟先生が提唱される「ゆるい糖質制限(130g/日以上)というのが、「一般的に容易に実践でき、一定の効果も期待できる」ラインではないかと思うのですが。

宗田 哲男 1型の方はインスリンを必要とする方も多いと思います。しかし離脱した方もいます。そしてインスリンが分泌するほど改善しています。2型の方は離脱できる方がほとんどです。山田先生のレベルでは難しいです。あなたの疑問は現状では、理解できますが、ゆるい糖質制限で悪化して、きちんと糖質制限して改善している方がいますよ。

小西 伸也 糖尿病において一番大事なことは合併症を出さないことだと思います。山田先生のやり方では1型2型ともに合併症を防ぐのは難しいでしょう。荒井圭輔先生の著書が現段階の最善の方法でしょう。

能勢謙介 「合併症を出さない」に加えて、「当事者が幸せと感じられるかどうか」ですね。厳格な糖質制限を行って、ご本人が「私は幸せ」と感じられるのであれば、私からは特に何も申し上げることはありませんん。

なお、SPIDDMの方、自己免疫型の方には一定の効果はあると思いますが、発症と同時に自己インスリンが完全枯渇する劇症1型の方に適応するには厳しい(命に関わる)と思いますので、ご本人のCPRを注意深く観察した上でのご判断をお願い致します。

能勢謙介 それは初期の「劇症」の判断そのものが誤っています。

能勢謙介 「劇的に発症した」と、「劇症型」は異なりますので。念のため。

能勢謙介 以下、「劇症1型糖尿病」のスクリーニング基準です。
http://www.jds.or.jp/modules/study/index.php?content_id=4
日本人1型糖尿病の成因、診断、病態、治療に関する調査研究委員会―劇症および急性発症1型糖尿病分科会:日本糖尿病学会 The Japan Diabetes Society
急性発症1型糖尿病診断基準(2012)劇症1型糖尿病スクリーニング基準(2004)劇症1型糖尿病診断基準(2012)劇症1型糖尿病かなと思ったら参考文献活動内容問合せ先送付先(症例登録票)劇症1型糖尿病 症例調査票劇症1型糖尿病の名称参考:劇症1型糖尿病診断基準(2004)
JDS.OR.JP

宗田 哲男 その通りですがその診断はいくつもの大学病院でされています。私は間違っていると思います。

能勢謙介 それでは、「日本糖尿病学会日本人1型糖尿病の成因、診断、病態、治療に関する調査研究委員会―劇症および急性発症1型糖尿病分科会」に異議申し立てをしていただくのがよろしいかと思います。

宗田 哲男 現状は発症が劇症であってもSPIDDMの方もいるのです。インスリン60単位使っていて劇症とされた方もインスリンをやめてSPIDDMの経過をたどっている方もいます。またすべてインスリンを使いたがりますが、使っていない間に改善する例も多くみられます。もちろん患者さんは幸せを甘受しています。

能勢謙介 すべては「CPRの状態」で判断すべきではないのでしょうか。「劇症でSPIDDM」とは、私も寡聞にして初耳ですが…。
ぜひ日本糖尿病学会で症例発表をしていただければと思います。

Noriomi Sugi スーパー糖質制限:短期的には良くても、長期的予後についてはまだはっきりしていないのが現状です。結果が良いにせよ悪いにせよ、この辺りのデータが今後揃ってきてくれれば、と思います。

宗田 哲男 今の糖尿病治療が長期的によくないのはすでに明らかです。

能勢謙介 私は1型糖尿病を発症して29年。全く合併症がありませんが、これは「特異例」なのでしょうか…。

能勢謙介 なお、現在は1日総糖質量で300gは摂取しております。

宗田 哲男 1型で網膜症+腎機能不全の方がおられます。個人差も治療管理差もあると思います。

小西 伸也 >「合併症を出さない」に加えて、「当事者が幸せと感じられるかどうか」ですね。この点のみにコメントします。山田先生のやり方では合併症の起きる時期を多少遅らせられるだけです。
いくらスイーツやお米が食べられても、脚切断・失明・透析では幸せとは言えないでしょう。それらをすべて覚悟の上での判断でしたらそれは個人の自由です。
もし自分の子供が糖尿なら、心を鬼して一切の糖を断ち、甘いものを食べる幸せを奪っても、合併症を防ごうとするのが親ではないでしょうか。
1型糖尿病で糖質制限をしている患者さんを数名受け持っております。新井先生などに通われております。食事法は大変ではありますが、追加インスリン無しですむことの喜び、体の楽さはとても大きいようです。

能勢謙介 「それを適応した全ての1型糖尿病患者が合併症なし」という治療法が確立されない限り、納得していただけないということですね。了解です。

能勢謙介 「一生インスリンが必要な身体」になったのだとしたら、「一生インスリンを打ち続ければいい」だけのことだと思うのですが…。

能勢謙介 あ、インスリンメーカーから一切の利益供与は受けておりません。念のため。

小西 伸也 お米を食べて二人に一人が癌になります。逆に言えば、二人に一人は癌にならないとも言えます。糖質300g合併症なしで29年は素晴らしいです。いろいろご苦労なさっておられるのでしょう。
でも、確率で考えれば、これから一気に合併症が起きることも考えられます。ロシアンルーレットのような恐怖ですが、糖質の快感が合併症の恐怖やリスクよりも素晴らしいと感じる人もおられるのですね。

能勢謙介 この辺りは「その是非」を問うても詮なきことなので、それぞれが“信じるところ”を実践していくしかないのでしょうね。あとは実績が判断してくれることですし。お互いに頑張りましょう。

宗田 哲男 最初に判断が正しいと1型でもまったくインスリンを使わないで改善する例があるということです。皆さんが大学病院では一生インスリンと言われた方々です。

能勢謙介 ご指摘ありがとうございます。合併症以外の病因で死ねるよう善処したいと思います。

宗田 哲男 最近受診された方は20年を経て合併症になられています。インスリンが長く多ければ、いいこととは思いません。

能勢謙介 要は 1型糖尿病の場合、「自己分泌で足りなくなった分」を足せばいいだけの話ではないのでしょうか。

能勢謙介 1型糖尿病は、一般的にはインスリン抵抗性の問題はありませんので。

宗田 哲男 一時的に足りなかった方が復活しているのです。インスリンを外部から使わないと臓器が復活しているのです。

能勢謙介 「外部から補助することによって、内分泌が保ち直す」という例もあるようですが。

宗田 哲男 それもあるでしょうが、初期の糖質制限はすい臓を守るようです。

能勢謙介 お話を伺っていると、これは「1型糖尿病云々」という話ではなく、「そもそも現代人は糖を過剰摂取しているのではないか」という話であって、「1型糖尿病それ自体」の問題ではないですよね。

宗田 哲男 それだけでは1型にはならないでしょう。

能勢謙介 「現代人的生活そのものが問題」ということであれば、「その一環」として1型糖尿病を論じるべきであって、1型糖尿病だけにフォーカスするのはいかがなものかと。

能勢謙介 1型糖尿病は糖代謝ストレスで発症するのではなく、自己免疫反応で発症します。どうぞよろしくお願い致します。

宗田 哲男 私の仕事は「現代人的生活そのもの」をどうこうしたいのではなくではなくて、1型、2型の糖尿病妊娠をインスリンも使わないで無事にお産させることです。

能勢謙介 「インスリンを使ってでも無事にお産させる」ことではないのですね。

宗田 哲男 インスリン使ったら無事には産めません。普通は、早期に帝王切開です。

能勢謙介 ちなみにですが、1946年の日本人の総摂取カロリーのうち、80%は糖質でしたが、当時は2型糖尿病の方も、がん患者も非常に少なかったと思います(ただし、平均余命が短かったという問題はあります)。

宗田 哲男 縄文人は80%がたんぱく質と脂肪でした。

能勢謙介 ええええ?私の知っている方で1型糖尿病の妊婦の方はほとんどが自然分娩ですが…。私のサンプリングが悪いのか…。非常に焦ります。

宗田 哲男 1946年ころは栄養状態が悪くて新生児も妊婦もたくさんなくなっています。http://www0.nih.go.jp/.../koku.../doc_year/1947/1947_kek.pdf

小西 伸也 >1946年の日本人の総摂取カロリーのうち、80%は糖質でしたが、当時は2型糖尿病の方も、がん患者も非常に少なかったと思います
果糖の摂取量が少なかったです。砂糖=果糖+ブドウ糖
果糖はブドウ糖よりも血糖値を上げにくいですが、糖化は10倍進みます。

能勢謙介 なるほど。「栄養摂取に関しては『縄文時代がベスト』」ということですね?

宗田 哲男 糖尿病になる前に亡くなっているということです。縄文時代がベストという意味ではなくて、糖質過多が日本人のルーツではないということです。

能勢謙介 縄文時代の新生児生存率と妊婦生存率の資料もあれば、ぜひご呈示いただければと思います。

能勢謙介 「縄文時代の栄養摂取」と「現在ベストと考えられる栄養摂取」のもっとも異なる点とはどの部分なのでしょう?衛生状態などは差っ引いて、PFCバランスのみについて率直な見解をお聞かせいただければ幸いです。

宗田 哲男 先日の武田先生のレベルの議論ですね。http://koujiebe.blog95.fc2.com/blog-entry-4077.html
第20回日本病態栄養学会コントラバシー3(2017/1/15)、ご報告。
【日付 17/01/15 しらねのぞるば 第20回日本病態栄養学会 3日目 コントラバシー#3の感想江部先生,本日のDebate お疲れ様でした. いい席をとるために,早朝から雪の中を,国際会議場に一番乗りしましたが,その甲斐はありました. 本日の『コントラバシー#3』のテーマ名は,『低炭水化物の食事療法の是?非?』でしたが,先生も途中述べられたように,「炭水化物」と「糖質」ではまるで意味合いが異なるので,これは適切とは思え...
KOUJIEBE.BLOG95.FC2.COM|作成: 江部康二

能勢謙介 興味深いリンクをありがとうございます。本日はもう遅いので、一旦議論を休止させていただきます。私からのコメントは明日以降とさせていただきますので、何卒ご了承ください。よろしくお願い致します。

小西 伸也 縄文時代の話はポイントがズレてきてます。能勢さんは糖質は美味しいから我慢したくない、その為にいろいろ理論を展開しておられる。「当事者が幸せと感じられるかどうか」と言う言葉にそれが現れています。
糖質制限をしてケト適応しますと、糖質制限が「幸せな食事」になります。たばこ止めた人がたばこに魅力を感じなくなるように。たばこを吸ってても肺がんにならない人もいます。だからといって、たばこを勧めることはしないでしょう。
同じように、「ご自身は29年糖質中心の食事で合併症は出なかった」それはとても幸運で、努力のたまものでもあり素晴らしいことではあります。
ですが、他の人に通用するとは限りません。
糖尿病で糖質制限を開始しようか迷っている人が、ここをご覧になっているかもしれません。いま合併症は出なくても、いつ出てもおかしくありません。
数年後に、脚切断、癌、失明、透析、感染症
ほとんどすべての病気を引き起こします。
糖質を制限することでそれらの可能性をほぼゼロにできます。糖質の幸せなど、麻薬の快感、たばこのおいしさ、その程度です。ATP合成できる状態で(VBや脂質が足りている)止めてしまえば、何であんなものにふり回されていたのだろうと思えるでしょう。

能勢謙介 ご評価いただきありがとうございます。痛み入ります。
ただ1点だけ。「糖質制限をしていないと合併症が出る」のではなくて、「血糖が高い状態を長期間継続すると合併症が出る」と認識しております。
その点については相違はないでしょうか?念のため確認させてください。

宗田 哲男 私は、高血糖は良くないが、それよりも高インスリンはもっと悪いと思っています。これは新井圭輔先生の本を見てください。

宗田 哲男https://www.amazon.co.jp/%E7%B3%96%E5%B0%BF.../dp/4344993225
糖尿病に勝ちたければ、インスリンに頼るのをやめなさい
AMAZON.CO.JP

宗田 哲男 1型でしたらバーンスタイン博士の本は読んでいるでしょうが、彼は糖質制限でインスリンを減らして、現在も82歳を超えて健在です。同じころの糖尿病だった方は生きていないと言っています。バーンスタイン博士は12歳のときに発症して自己分泌ゼロ、30代で合併症が出まくりだったそうです。合併症が出ない方は、よい管理だったのでしょう。

山田 隆博 能勢謙介 さん、明らかに脳がヤラれてますね…

山田 隆博 能勢謙介 さん、あなたのその『サンプリング』の母数を教えて頂けないでしょうか?産婦人科医でもないのに、サンプリングをたくさんお待ちなんですね♪

森本幸子 バーンスタイン博士を尊敬している者です。現在も82歳でご健在なのですね✨
能勢謙介 山田さん > 私の「サンプリング」は1998年以降の患者会での活動(グループディスカッション)や、自身が運営しているメーリングリストにて、ご出産を経験された1型糖尿病の女性よりお伺いした話からです。
その中で「帝王切開を経験した」と伺ったのは合計5例に満たなかったと記憶しているのですが、少なくとも100人以上からはお話をお聞きしているはずです。
ただ、なにぶん「人間のあいまいな記憶」の中の話ですし、データとしてカウントしている訳でもありません。また、女性が男性に対して100%率直に個人的事実を開示されるとも限らないので、仮にこれが30人だとしても、約17%。
現在の総出産数における帝王切開の比率が約20%なので、「ほぼ同じ」ということになります。そのため、宗田先生の「インスリン使ったら無事には産めません。普通は、早期に帝王切開です。」の一文には強い違和感を覚えました。
なお、「個人の感想」ではエビデンスとして希薄だと思われますので、手許の資料として「妊婦の糖代謝異常 診療・管理マニュアル(メジカルビュー社 日本糖尿病・妊娠学会編集)」を参照しますと…
「久留米大学総合周産期母子医療センターでは、インスリン使用例は妊娠36〜37週に入院し、血糖コントロールを行った後、妊娠38週に誘発分娩を行っている。誘発分娩は、緊急帝王切開に対応するために、陣痛発来後は絶食にして、7.5%ブドウ糖液を輸液し、高血糖を認めた場合インスリン添加を行っている。
このような管理で、糖代謝異常妊婦の帝王切開率は、1型36%、2型34,4%、妊娠糖尿病(GDM)妊婦32.7%と一般的な帝王切開率の1.5倍であった」とあります。
このような医学専門誌に掲載されるような医師による記事で、「1.5倍」は確かに高いと言えますが、逆に「インスリン使ったら無事には産めません。普通は、早期に帝王切開です。」という宗田先生のコメントにはやはり疑問を感じざるを得ません。
http://amzn.to/2jiWzSA
妊婦の糖代謝異常 診療・管理マニュアル
AMAZON.CO.JP

能勢謙介 なお、上記記事は、久留米大学総合周産期母子医療センター産科部門主任・教授の堀 大蔵氏によるものです。

能勢謙介 「糖尿病に勝ちたければ、インスリンに頼るのをやめなさい」についてですが、今回ご紹介をいただき、先ほど読了致しました。ここで述べられていることは、「インスリンそれ自体が猛毒であり、過剰なインスリンは活性酸素を誘発し、細胞障害性を有する」ということですね。...もっと見る

能勢謙介 一患者として、宗田先生の「発症が劇症であってもSPIDDMの方もいるのです。」のご発言には、非常に危惧を感じます。
劇症1型とは発症時に膵β細胞が一気にクラッシュする病態であり、「その後に期待できるインスリンの自己分泌」などは一切ありません。それはただ単に「発症が劇的だったSPIDDMか自己免疫型の1型糖尿病」に過ぎません。

能勢謙介 逆に、SPIDDMや自己免疫型の1型糖尿病と明確に鑑別するための「劇症1型の鑑別基準」なので、その点どうごくれぐれも留意して来院される患者の方を診察していただければと思います。

能勢謙介 ちなみにですが、次のような方が来院されたら、宗田先生はまずどのような処置をされますでしょうか?お時間のある時で構いませんのでぜひお聞かせいただければ思います。「妊娠9ヶ月の女性。主訴は全身倦怠感と口渇、頻尿、感冒様症状。血圧は正常範囲。体温は平熱。妊娠3ヶ月および6ヶ月検診では一切異常なし。随時血糖は500mg/dl」

能勢謙介 私自身、現在自己インスリンは完全枯渇状態ですが、17才の発症当時は指示カロリー1800Kcalで、Nの1回打ち(12単位)でした。30年も前のことなのでもはやカルテも残っていないでしょうが、当時は自己インスリンもかなり残っていたのだと思います。願わくばその頃に宗田先生とお会いできていればと思われてなりません。

渡辺 美穂 興味深いです、シェアさせて下さい。

船田 能伸 論点ずらしまくりでなんら答えてないですよね(~_~;)
ダメな医者の見本のような方なので侮蔑の意味でのお医者様を認定しておきます。あなたのようなクソなお医者様が少しでも減りますように願っておきますm(__)m

山田 隆博 逆に能勢氏の方が詭弁を弄し、論点をズラしているように見受けられますが…

船田 能伸 見て(読んで)わからん人は聞いてもわからん。

谷川 聡 どの辺りが「論点ずらしまくり」なのか、具体的に挙げて頂けますか?

船田 能伸 コメントを全部読んでないんですねwww
そんなアホ相手にする気にもなりませんwwww
自分は正しいと思うのは貴方の勝手です。ですがそれが他人にも正しいとは限らないことが理解出来ないなんて可哀想な人ですね。オラには近づかないでくださいね^_^

長谷川 聡 コメントは全部読んでいます。
 私は、以前から能勢さんのことは存じ上げております。とても勉強熱心な方で、糖尿病についても良くご存知の方だと思っています。1型糖尿病について、色々教えて頂きました。昨年も少し意見を交わしたことがありました。
 私は⇧のやり取りの中で、単に「具体的な論点ずらしの事実」を確認したかっただけで、それ以上でも以下でもありません。悪しからず。
 念のため、私のコメントを再度記載します。
『どの辺りが「論点ずらしまくり」なのか、具体的に挙げて頂けますか?』
のどこに「自分は正しいと思う」などと書いてあるのでしょう? 勝手な創作は止めて下さいね。別にあなたに「可哀想な人」などと哀れんで欲しくはありません。謹んでお断りします(笑)。それから、もちろん、あなたに近づくつもりなど毛頭ありません。ご安心下さい。では。

 

 

 

 

 

BBB.  『1型糖尿病をどうする?』   続報 
 これまでの話「1月17日、46歳の女性が、不正出血にて、来院。1型糖尿病、18歳では発症、以来30年近いインスリン生活。30単位以上、1日10回打つこともある。
現在、HbA1cは8.5、昨年、網膜剥離で手術している。腎機能も悪化していて透析寸前と言われている。 血糖値は、30-600mg/dlと激しく変動するため、毎日がだるい、疲れる、50歳まで生きられないと思っている。」

 まず、数日、今の食事と血糖値を測定してきてもらいました。そのあとに25日から糖質量を減らすことを提案しました。大幅に減らすことに不安がるので、主食を半分にしてもらい、インスリンも持効型は8単位から6単位にして、速効型のインスリンは使わないでおくことにしました。インスリン量は4分の1です。
 もし血糖値が400以上になったり、低血糖になったらすぐにインスリンやブドウ糖を使わないで、私に、24時間、いつでも電話するように話しました。次の日23時に400mg/dlを超えて電話があっただけでそのままでしたので、ちょっと心配していたら、28日に受診。
 26日には日内変動が、朝106mg/dlから寝る前208mg/dlになっていました。本人が一番驚いています。「体が軽くて体調がいいのです」こんなこと初めてです。次第に涙ぐんできました。食べるものを工夫するだけでどんどん良くなるよとお話しました。長いインスリン生活にしては、安定化に、大いに、希望が持てそうです。

 

 

水野 雅登 人生、変わりますね!(^^)

 

窪田 ゆか 良かった!出会う先生で本当に人生は変わります(^^)

 

吉澤一実 一人一人着実に増えていきますね。宗田先生に出会ったのも偶然であるのか必然であるのか神様に聞いてみたいです。私は必然だと思いますがこのままじゃいけないという気付きが必要ですよね。

 

長谷川 聡 文字通り、リアル・タイムで効果が出ますね。

 

近藤 淳一 私の友達にも一型糖尿病 10年経過の者がいます。糖質制限を提言しましたが、米パンが食いたいから無理と拒否されました。当初はカロリー制限していたそうですが今は一般人と同じ糖質過多の生活をしています。しかしながら、健康状態は何ともないようです。これは個体差なんでしょうか?それとも病状を隠しているんですかね…

 

長谷川 聡 1型の方に聞いた話ですが、「いくら糖質制限を頑張ったところで、インスリンをゼロにはできない。だから、糖質を制限することはしない」と考える方が多いそうです。 確かにそうですね。ですが、新井先生の言われる「インスリンは猛毒」という考え方はそこにはありません。これを認識しているかどうか、が最も大きな差だと思います。

 

近藤 淳一 長谷川さん、という事は、うまくインスリンをコントロールできてる方は全く問題無いということですね。

 

長谷川 聡 はい。その通りだと思います。 「インスリンをコントロールできている」とは、余分な分泌(追加分泌)をさせない、イコール糖質を制限すること、に他ならないと思います。ただし、これは2型の場合であって、1型の場合は、一概にどうこうは言えないと思います。

 

 

平井 さやか ご本人の体調がいいことが何よりですね。

 

中田賞子 自分のことのように嬉しいです。

 

内田 暁子 お知らせ、ありがとうございます。頑張れる源となります。

 

Michiko Suzuki 先生、素晴らしいことですね(^ ^)
体が軽くて体調が良いなんて、天にも登る気持ちだと思います。しかも、数日で変化を感じるとは、先生のご指導とご本人の努力の成果ですね。わたしも嬉しいです。

 

屋良 寛子 宗田 哲男先生、良かったですね✨もっと、もっとこの方の環境が改善されることを願ってます❗誰でも「治したい、善くなりたい」とは思っているんでしょうけど、患者本人の行動、志向次第で人生変わるんですよね~😅またそこに引き寄せが生まれる❗のに。私の紹介者はまだ動きがありません、残念です😢

 

山下由加理 DMには、ケトってホントにいいですね。

 

安部 正子 良かったですね。先生のご指導のおかげで、彼女も体調が良いとの事 
やっぱり、糖質制限は凄いです^_^

 

安達 英子 糖質制限ファースト、インスリンを体外内に入れない健康体を目指します。

 

Aoyama Momoko 幸せになれますね✨( ´∀`)

 

杉浦 綾香 私も宗田先生と出会って人生が変わったと思っています!
その方も、これからどんどん嬉しい驚きと 喜びが増えていくでしょうね!

 

原 京子 二型とはいえ、なんだかひと事とは思えないです。実は私も毎日だるくて眠くて血糖値は一年間の制限食でa1c6.1以下のときもあり、低血糖になるからとブドウ糖までもたされていながら、でも糖尿病の薬はコレステロールが高めで、首の動脈にプラーク?があるため、やめてはいけないと、矛盾的な事言われて、でも、本当に食後が眠かったり体がダルかったり私も血糖値の上がり下がりが激しいのかしら?
テレビで最新の血糖値測定器を見て欲しいなぁ〜と思いました。
一日中測定して見たいです。あ〜心配。余病が心配です(_ _).。o○
いつのタイミングで測定したら良いのか?または、決まった時間ごとに計れば良いのか? 宗田先生教えてくださいませm(_ _)m

 

渡辺 美穂 凄いです✨シェアさせて下さい。

 

Please reload

特集記事

Oil Pulling Therapy

March 16, 2017

1/10
Please reload

最新記事

June 11, 2019

June 1, 2019