Anti-aging

January 21, 2017

 日経Goody「ここまでわかった! 「長寿の科学」最前線」

 

 

 

 

 私達の体の中で、常時、新陳代謝が起きています。これは組織の細胞の入れ替わりで、細胞分裂を繰り返し起きています。この細胞分裂回数は有限で、このメカニズムをコントロールしているのが「テロメア」です

。テロメアは、細胞内にある遺伝子の末端にキャップのようにくっついていて、DNAを損傷から守り、遺伝子を安定させる役目を果たしています。このテロメアは、細胞分裂を繰り返すたびに短くなり、やがて消えてなくなります。すると細胞も遺伝子が不安定になることを阻止するため分裂することを停止し、若い細胞が生まれなくします。それが人間の老化の一因であると考えられています。

 

 そして、長寿遺伝子、サーチュイン遺伝子が有ります。大田秀隆氏の論文「老年医学の展望 長寿遺伝子Sir1について」に依ると、老化制御に関しては、代謝速度と加齢速度の関係です。代謝速度は、食事の質を一定にして摂取量を制限して、低温環境下では低下すると、加齢速度も低下し、寿命が著しく長くなるとの事。(同生物間での比較には適用可。)

 

 又、「100歳まで病気知らずでいたければ発酵食を食べなさい」の著者・白澤卓二氏は、麹菌、糸状菌、酵母菌、乳酸菌、ビフィズス菌

、納豆菌などの食品、ファイトケミカル(抗酸化物質)のポリフェノールの食品を併せて摂取し、腹7分目の食事量にすることで、長寿遺伝子、サーチュイン遺伝子のスイッチをONにすると記述しています。

 

 

NHK ためしてガッテンからの引用

 

AAA. NASA発のアンチエイジング(老化防止、抗老化作用)

 https://www.youtube.com/watch?v=sGWurBeIku8

 

 1時間座ると22分寿命が縮む。

 座りっぱなしは、病気発症リスクを高め、老化も促進するが、30分毎に立ち上がるだけで歩くよりも効果が出ます。

 

①計算根拠:1日に32回立ち上がると効果的であるNASAの研究結果。

睡眠時間を8時間として、24時間ー8時間=16時間 16時間➗32=約30分

 

②座りっぱなしで考えられる症状:

 免疫力低下、血しょう量低下、反射異常、倦怠感、むくみ、インスリン代謝異常、ホルモンの減少、関節痛、尿失禁、背中が曲がる、脂質代謝異常、失神、睡眠障害、抑うつ、血圧調節の乱れ、持久力の低下、循環機能低下、心臓病、癌の発症リスク高める、筋力低下

 

 

 BBB. アンチエイジングの新常識 毛細血管ケア

 https://www.youtube.com/watch?v=Cfss8rqNzfA

 

 毛細血管 全長10万km、地球2周半分で、毛細血管の太さは、動脈の太さの1/1,000臓器は毛細血管で覆われています。

 

①60代、70代の高齢者の毛細血管の量は、20代の毛細血管の量より4割減少して、毛細血管が消滅。

理由:毛細血管の量が減るとむくみを生じる。肺で漏れて肺炎、網膜での漏れて失明、脳での漏れで認知症を起こす。

 

②血糖値の上昇が血管の細胞を損傷し、壁細胞が剥がれ落ちて、毛細血管の構造が弱まり、壁細胞の接着が緩み、隙間から血液成分が漏れる。

 

③改善方法:

 1. シナモンの摂取。

 2. 20回を1日3回スキップする(ふくらはぎのポンプ機能)。

 3. 20回を1日3回かかとを上下する。

 4. 温度40度の風呂に入る。

 5. 3分間のインターバルウオーキング

 

④結果:血流を改善すると、血管新生で、毛細血管を増やせます。

 

 

 

 CCC.  むくみ解消

   むくみの原因はリンパ管

 https://www.youtube.com/watch?v=aFf08Jp_sOA

 

 疲労感、肌荒れX水分摂り過ぎ、

 立ちっぱなし、座りっぱなし、飲み過ぎ

 血管から毛細血管から組織間液が漏れ出て、リンパ管が回収。

 アルブミンは肝臓で作られます。 アルブミンは、ビタミン、カルシウム、ホルモンを付着できるので、血管に入り全身に栄養を送ります。

 リンパ管では、アルブミンは栄養成分にもなり、リンパ管で老廃物(細胞の死骸、乳糖、カリウム)を回収し、リンパ節できれいになり、全身をきれいにし、静脈に戻ります。ところがむくむことで、栄養の供給や体を掃除することができなくなり、リンパ管内に留まってしまいます。この掃除作業ができなくなる。

 加齢により、筋力が減少して、むくみが生じ易い。

 

改善方法:リンパマッサージは、20gの圧力で、1日3〜5セットを行う。

 

 

 足の疲れ&むくみ撃退

 https://www.youtube.com/watch?v=B0uQbo4A3PY

 静脈の中の、弁が壊れている場合は、静脈が広まっている場合(下肢静脈瘤)は、医療用弾性ストッキングを履くことで解消できる。

 

 

 

DDD. 口内フローラ

 

口内フローラ新健康術

https://www.youtube.com/watch?v=j-i2hwTSgvg&t=18s

 

①口内フローラ:

虫歯菌、歯周病菌(ジンジバリス菌、黄色ブドウ球菌、サルモネラ菌、結核菌、インフルエンザウイルス、ノロウイルス)

 

②歯周病ポケット:歯周病菌が作るポケットで加齢により深くなる。

 

③状:大動脈瘤(ジンジバリス菌が大動脈の内壁を破壊して血瘤が出来る)、認知症、脳梗塞、心筋梗塞、肝炎、癌、関節リウマチでジンジバリス菌が発見されている。(発症メカニズムは明確になっていない。)

 

④改善策:MCTオイル、ヴァージンココナッツオイルに依るオイルプリング

 

⑤オイルプリングとは?

朝起きてすぐ、口内が歯周病菌でいっぱいのままの状態で、MCTオイルかヴァージンココナッツオイルを大匙1杯弱(15ml弱)を口に含み、クチュクチュを20分間繰り返し、テイッシュの上にに吐き出します。多くの悪玉菌、歯周病菌、虫歯菌を除去します。

 

 

 清水スタイルでは、高齢者の免疫力強化、抗酸化作用を強化した食品を揃えています。

 

ヴァージンココナッツオイルは、オーガニックの原料100%の完熟ココナッツの果肉をマイナス20度の超低温で圧搾し、4連フィルターで異物を除去して、嫌な匂いのない高品質な中鎖飽和脂肪酸63%の、ラウリン酸、カプリル酸、カプリン酸のココナッツオイルです。

 無色透明、快いオイル味と香り。

中鎖飽和脂肪酸には、免疫力強化作用、抗酸化作用、抗細菌作用、抗ウイルス作用、抗真菌作用、抗癌作用、抗腫瘍作用。

 

MCTオイルは、ヴァージンココナッツオイルを原料に作って中鎖飽和脂肪酸99.8%の純度に仕上げた、カプリル酸、カプリン酸のオイルです。無色透明、無味無臭。

 中鎖飽和脂肪酸には、免疫力強化作用、抗酸化作用、抗細菌作用、抗ウイルス作用、抗真菌作用、抗癌作用、抗腫瘍作用。

 

ココナッツバターペーストは、オーガニックの原料100%の完熟ココナッツの果肉を低温の状態で、細かく砕いてペースト状にして、水分量を3%に調整するなどして、酵素をそのまま残しています。

 タンパク質、ミネラル、ビタミン、中鎖飽和脂肪酸だけでなく生きた酵素が入ったココナッツバターです。

 

ココナッツサイダーヴィネガーは、オーガニックの原料100%のココナッツの脱脂果肉とココナッツシュガーとを酵母菌で発酵させてココナッツ酒を作り、更に酢酸菌を加えて発酵、そして熟成させて、濁り酢を作っています。酢の力で腸内細菌を増やして腸管免疫細胞を元気にし免疫力を強化し、酢酸菌の入った濁り酢は芳醇な味と香りに仕上げ、ココナッツの果肉で豊富なアミノ酸、ビタミン、ミネラル、食物繊維も豊富に含まれています。

 

ココナッツクリームは、完熟ココナッツの果肉100%で食品添加物は一切使用していません。料理に使ってココナッツの栄養(タンパク質、脂質:中鎖飽和脂肪酸、ミネラル、ビタミン、食物繊維)、ココナッツの香りの料理を家庭で作って頂けます。

 

ココナッツウオーターは、若いココナッツの実の中のジュース100%で、食品添加物は一切使用していません。心臓機能、筋肉の機能を調整したり、細胞内液の浸透圧を調整したり、欠乏すると筋力低下を起こしたり、腸の麻痺で起きる腸閉塞、膀胱の麻痺を予防したり、知覚反射を正常化するカリウムが特に多いのが特長です。

 

乾燥羅漢果は、天然100%です。永く中国人や、華僑の風邪、喉、声の異常になると煎じて飲む、家庭薬として使われていました。最近では、オリゴ糖なので血糖値を上げない甘味料として用いられたり、強力な抗酸化作用が有ります。

 

⑧マンゴスチン果皮パウダーは、ポリフェノールが多く含まれるマンゴスチンの果皮を粉末にしたもので、抗酸化力を示すORAC(活性酸素吸収能力)が100g当たり397,300ユニットで、これは米国USDAが公表しているORAC値の食品よりも高い数値で、最高の抗酸化力を持っています。

Please reload

特集記事

Oil Pulling Therapy

March 16, 2017

1/10
Please reload

最新記事

June 11, 2019

June 1, 2019