Glaucoma

February 12, 2017

  Glaucomaとは緑内障のことですが、ご存知でしょうか?

 

  アルツハイマー病同様、治療法が確立されていない病気ですが、神経細胞にケトン体を供給することで、改善できるというココナッツリサーチセンターのニュースレター

「Health Way Newsletter」の特集記事「緑内障」をご紹介します。

  又、同センター所長ブルースファイフ博士は自著「Stop Vision Loss Now!」の中でも、ヴァージンココナッツオイルの白内障、緑内障、黄斑加齢変性に対する有効性について書かれています。英文書のみで、日本語訳はまだ出版されていません。

        

 「BDNF(脳由来神経栄養因子)を誘発するケトン体で神経細胞を保護することができます。網膜及び視神経が意図的に傷害を受けた動物実験では、BDNFは損傷を軽減し、これらの組織の治癒及び再増殖を刺激し、視力を保持することが証明されています。

 18年前に緑内障と診断されましたが、私は投薬を受けずに食事を変え、他の植物油の代わりにココナッツオイルを使い始めました。 

 2年後、私は緑内障がないと診断を受けました。私は数年毎に検査を受けていますが、まだ緑内障や視力喪失の兆候はありません。実際、私の視力は最初の診断以来改善しています。

 私の話の詳細は、「視力喪失を今すぐ止めろ!」:白内障、緑内障、黄斑変性症、およびその他の一般的な眼の障害を予防し、癒す内容の本です。

 予防は治療よりもずっと簡単です。 

 視力喪失を防ぐのに役立つ簡単な方法は、毎日の食事にココナッツオイルを加えることです。食事にココナッツオイルを毎日1〜3杯加えることをお勧めします。ココナッツオイルを食べるだけではなく、視力を維持し回復させます。

 健康な食生活は、糖質を避けるだけで無く、タバコの煙、特定の薬物や食品添加物、過剰な砂糖や精製された糖質などの酸化ストレスを避けることです。 」

    

 原文:http://coconutresearchcenter.org/hwnl_12-4.htm

    「Is There a Cure for Glaucoma?   A New Coconut Oil-Based Therapy Offers Promise」

 

 

  緑内障についてネットで調べると、下記の記述がされていました。

 

 ①40歳以上の日本人の20人に1人が緑内障
        障害者手帳発行数から推定される、日本人における視覚障害の原因疾患の第1位は

 緑内障です。治療せずに放っておくと失明につながるおそれがあります。

       40歳以上の日本人の20人に1人が緑内障と推定されていますが、なんと9割の方が

 まだ気づいていないと考えられています。

 
 ● 日本人の視覚障害の原因疾患
  片目で見える景色を確認してください。

  景色が部分的に欠落していたら、緑内障の疑いが有ります。
  緑内障はじわじわと見えない部分が広がっていく病気です。

 

 ②緑内障の原因:

  緑内障は眼圧の上昇等によって視神経が障害される病気です。

  しかし、どうして緑内障になる人とならない人がいるのか、又、緑内障がどのよう

 に発症するのか、について詳しいことはまだわかっていません。

 

 ③緑内障の自覚症状:

  緑内障は、ほとんど自覚症状がないまま進行していきます。

  緑内障のタイプによっては、頭痛や吐き気が現れることもありますが、多くの場合

 は自分では気づかないので、40歳を過ぎたら定期的に眼科の検診を受けることをお勧

 めします。

 

 ④緑内障の危険因子 :

  眼圧が高い、 高齢者、両親や兄弟に緑内障の人がいる、近視、片頭痛

 

 ⑤緑内障と白内障はどう違うのですか?

  白内障も、緑内障と同様に40歳頃から徐々に増えてくる病気です。

  白内障は、眼の中の水晶体(レンズ)が濁ることにより起こりますが、基本的には

 手術をすれば視力は回復します。

  しかし、緑内障は一度視神経に障害を受けると、二度と元には戻らない病気です。

  そのために、早期発見と早期治療が必要です。

 

 引用元 URL:http://www.ntg40.jp/twenty/sick.html

 

  緑内障は失明原因の1位の目の病気です。

  岐阜県多治見市で行われた疫学調査によれば、40歳以上の20人に1人が緑内障だっ

 たそうです。 しかも、そのうち、事前に緑内障と診断されていた人は少なく、9割

 の人が自分が緑内障だとは気づいていなかったそうです。ただ、定期的に検査を受け

 て、早期発見・早期治療を行なえば、失明になるリスクを防ぐことができる病気とな

 ってきています。そこで、緑内障の症状(見え方)・原因・治療(目薬・手術)・検

 査・予防についてまとめましたので、チェックしてみてください。

 

 緑内障とは

  緑内障とは、目が正常な機能を保てる「適正な眼圧」以上の眼圧のために、視神経

 が障害され、視野が欠けてくる病気。

 緑内障になると、眼圧などによって視神経のミトコンドリア輸送が止まり、視神経の

 軸索がダメージを受け、視神経が死ぬ、と考えられています。

  一度障害を受けた視神経は再生することがないため、緑内障は失明する危険を伴う

 大変怖い病気といわれています。

 ただ、緑内障の中には、眼圧が正常範囲(10~21mmHg)であっても緑内障になって

 しまう正常眼圧緑内障もあるため、眼圧だけで緑内障かどうかは決められません。

 近年、緑内障は若年化・増加傾向にあるといわれており、早期発見、早期治療が大切

 なので、40歳前後の方は、一度眼科での検査をおすすめします。

 

   眼圧・眼圧の正常値

  眼圧とは目の中の圧力です。車のタイヤやボールと同じように、目の中にも圧力が

 あって膨らんでいます。眼圧の正常範囲は10~21mmHgです。21mmHg以下が正常値

 で、21mmHgより上だと高いです。眼圧は1日の間でも2~3mmHgは変動します。

 ストレス、近くのものを根を詰めて見る、逆立ちなどによっても眼圧は上がります。

 眼圧は、夏より冬に上がりやすいそうです。

  日本緑内障学会が岐阜県多治見市で40歳以上を対象に行なった調査によれば、緑内

 障と診断された人は約5.8%で、その内の6割が眼圧が正常範囲であるにもかかわらず

 、緑内障になっている「正常眼圧緑内障」だったそうです。

 

 緑内障の症状

  <症状>

 ①視野が欠ける(視野が欠損する)

 ②視野が狭くなる

 ③視力が低下する

  緑内障は、視野が欠損したり、視力が低下しますが、タイプによりそのスピードは

 異なり、徐々に進む症状と急速に悪化する症状があります。

 一般的に緑内障は、自覚症状がほとんどなく、知らない内に病気が進行していること

 が多いようです。その為、見え方に違和感があると気づいた時には、緑内障はかなり

 進んでいると考えられます。

  緑内障は早期発見・早期治療が大切なのですが、初期段階では自覚症状が余り無い

 為に、症状が進行してしまってから受診する方が多いようです。

  緑内障は、視神経の障害はゆっくりと起こり、視野も少しずつ狭くなっていくので

 、眼に異常を感じることはありません。

  急性の緑内障では、急激に眼圧が上昇し、目の痛みや目のかすみ、頭痛、吐き気な

 ど激しい症状をおこします。症状がなくても定期的に眼科で検診を受けましょう。

 

 

   正常眼圧緑内障とは

  緑内障の主な原因は、前房内の房水(ぼうすい)が隅角(ぐうかく)からうまく排

 出されず、眼球内の圧力が高くなることなのですが、眼圧が高くないにもかかわらず

 緑内障になることがあります。

  正常眼圧緑内障(NTG:Normal Tension Glaucoma)とは、眼圧が高くないにもかかわら

 ず緑内障になることをいいます。

 

 日本人には正常眼圧緑内障が多い

  緑内障の中でも日本人に多いのが正常眼圧緑内障だといわれます。

  日本人には正常眼圧緑内障が多い!?で紹介した日本緑内障学会が岐阜県多治見市

 で40歳以上を対象に行なった調査によれば、緑内障と診断された人は約5.8%で、その

 うちの6割が正常眼圧緑内障だったそうです。

  それを日本人の割合で計算すると、日本の40歳以上では緑内障が約400万人、正常

 眼圧緑内障は約240万人いることになるそうです。

 

 緑内障の分類

  眼圧は眼球内を満たしている「房水(ぼうすい)」という液体で一定に保たれてお

 り、房水は隅角(ぐうかく)という出口から眼球外に排出されています。

  しかし、房水の流れに障害が起きて眼圧が上昇すると視神経が圧迫されて、血液の

 循環が悪くなり「視野が狭くなる」「視野が欠ける」といった症状が現れます。

  緑内障の発症メカニズムから大きく分けると、隅角が広い開放隅角緑内障(開放

 型)隅角がが狭い閉塞隅角緑内障(閉塞型)の2つにタイプに分けられます。

  開放隅角緑内障は隅角が広く開き、その先にある排水部分である繊維柱帯が目詰ま

 りを起こして房水が流れにくくなり眼圧が上昇すると考えられています。

  開放型には、高眼圧タイプと正常眼圧タイプが含まれます。

 

 正常眼圧緑内障になる2つの理由

  正常眼圧緑内障になる理由として2つほど考えられます。

  1)眼圧が、一日のうちで正常範囲(10~21mmHg)より高くなる時間がある場合

  2)視神経が圧迫に弱いために、正常範囲の眼圧でも傷ついてしまう場合

  緑内障を起こす眼圧が人によって異なり、正常範囲と考えられていた眼圧が全ての

 人にとっての正常ではありません。

 

 睡眠時無呼吸症候群の患者は緑内障になるリスクが高い

 正常眼圧緑内障の原因は「低酸素状態」の可能性がある。睡眠時無呼吸症候群の患者は健常者と比べて緑内障になるリスクが約10倍高いそうです。

 北海道大学の研究グループによれば、睡眠時無呼吸症候群の患者は発作時に気道が閉塞して息が吸い込めなくなるために胸腔内の圧力が下がって眼圧が下がることがわかったそうです。

 緑内障とは、目が正常な機能を保てる「適正な眼圧」以上の眼圧のために、視神経が障害され、視野が欠けてくる病気ですが、日本人には正常眼圧緑内障が多い!?で紹介した日本緑内障学会が岐阜県多治見市で40歳以上を対象に行なった調査によれば、緑内障と診断された人は約5.8%で、そのうちの6割が眼圧が正常範囲であるにもかかわらず、緑内障になっている「正常眼圧緑内障(NTG)」だったため、眼圧以外に何らかの原因があることが考えられます。

 無呼吸発作が起きると、眼圧が下がると同時に血中酸素飽和度も下がることがわかったため、睡眠時無呼吸症候群の患者は、低酸素状態などの眼圧上昇以外の仕組みによって視神経障害が引き起こされるという可能性があるそうです。

 

 

 ネット上でも、ココナッツオイルを食事療法にして、改善したという例が報告されています。

GP緑内障の会 URL-1:http://gpryokunaishou.web.fc2.com/gp/gp.htm

第40回GP緑内障の会 URL-2:http://open.mixi.jp/user/3523468/diary/1944470082

緑内障の眼圧改善 URL-3:http://ameblo.jp/occ1/entry-11427083278.html

 

 

 

 米国NPO法人・ココナッツリサーチセンターの「Health Way Newsletter」の英文を日本語訳し、要約しました。 URL:http://coconutresearchcenter.org/hwnl_12-4.htm

 

 尚、ニュースレター発行者のココナッツリサーチセンター所長・ブルースファイフ博士は、関連書籍として「Stop Vision Loss Now!」(失明を直ぐ止めましょう!)が、「Coconut Oil Miracle The 5th Edition」の翻訳本「ココナッツオイル健康法」が、アマゾンで購入できます。

 

 

 

 

 

 

         

------------------------------------------------------------------------------------------------------

 緑内障の治癒は有りますか?

 新しいココナッツオイルベースの治療法が有ります。

 

「緑内障改善の鍵は、アルツハイマー型認知症同様、血液中のケトン体レベルを上げることです。」


 多くの研究者は現在、緑内障を、パーキンソン病またはアルツハイマー病の場合と同様に、脳の神経細胞を退化させて死滅させる神経学的障害と見なしている。
 網膜の細胞の損傷および死滅は、脳細胞における同じタイプの変性を模倣する。実際、アルツハイマーの脳に形成される同種のプラーク(アミロイドベータ)も、網膜に形成されます。
 ケトン体食事療法をすると、BDNFを脳および眼に治療効果を有する可能性のあるレベルまで上昇させることができる。 私(ジョー・ロベットはニューヨーク市に住む成功した監督と映画監督)はココナッツオイルを使って自分の緑内障を改善しました。


用語説明

BDNF(brain derived neurotrophic factor; 脳由来神経栄養因子):NGF(神経成長因子)に次いで見出されたニューロトロフィンファミリーに属する神経栄養因子。


 緑内障は、世界で2番目に多い失明原因です(白内障が最初です)。

 120人に1人は緑内障があると推定されています。リスクは年齢とともに増加する。

 緑内障は、症状に気付く時には、実質的な視力は既に失われている可能性があります。初期段階では症状がほとんど無く、多くの人は病気にかかりません。緑内障の患者の半分もが気づいていないと推定されています。症状は微妙ですが、目にはぼやけた視界と軽度の不快感があり、その後は周辺視力がほとんど目に見えなくなります。病気が進行するにつれて、視力が低下し、明るい物体の周りに色付いたリングまたはハローの外観を引き起こす可能性がある流体圧が大幅に上昇する。緑内障は片眼または両眼に発生する可能性がある。


 緑内障のための医学的に承認された治療法はありません。治療は、主に圧力を軽減することに焦点を当て、医薬品、レーザー治療、手術、またはこれらのいずれかの組み合わせを含むことができる。これらの治療は残りの視力を節約することができるが、緑内障から既に失われた視力を改善するものではない。これが早期診断が非常に重要である理由です。

 誰でも緑内障を発症する可能性があります。私達はすべて危険にさらされています。

 目の高い液圧はしばしばこの疾患と関連しているが、実際の原因は不明である。

 液体の眼圧を下げると、疾患の進行が遅くなることがありますが、場合によってはそれが進行しないことがあります。緑内障を発症する人々は正常眼圧であり、低圧化することが良いとは証明されていません。圧力が高いことは発症要因ではなく症状である可能性があります。

 光が眼に入ると、眼球の裏側にある光感受性神経細胞である網膜に焦点が当てられます。網膜は光エネルギーを神経インパルスに変換し、視神経を介して脳に信号を送り、そこで視覚画像が処理され、認識されます。目は実際には脳の一部です。胎児の発達の間、脳は発達して目を形成します。

 

 現在、多くの研究者は、パーキンソン病やアルツハイマー病で起きると同様に、緑内障は、神経が原因の神経障害 として見ていています。

 すべての神経変性疾患の特徴である慢性炎症は、緑内障の重要な要素として認識され始めています。パーキンソン病は、運動を制御する黒質(substantia nigra)と呼ばれる脳の領域が最も影響を受ける。

 

 アルツハイマー病では、記憶を伴う海馬および前頭葉が影響を受けます。

 緑内障では目です。網膜の細胞の損傷および死滅は、脳細胞での変性に似ています。

 実際、アルツハイマー病の脳にできる同種のプラーク(アミロイドベータ)も、網膜に形成されます。研究に依れば、アルツハイマー病患者は緑内障発症のリスクが高く、例えば、ドイツの研究では、病院施設のアルツハイマー病患者は緑内障の有病率が24.5 %上昇したのに対して、疾患のない同年齢の患者はわずか6.5%でした。日本の研究でも同様の結果でした。疾患の無い患者の9.9%と比較して、アルツハイマー病患者は緑内障の有病率が23.8 %上昇していました。

 

 アルツハイマー患者は緑内障を発症する可能性が高いだけでなく、緑内障患者はアルツハイマー発症リスクが高い。 72歳以上の緑内障患者812人を対象とした研究では、認知症を発症する可能性が4倍高いことが判明しました。

 

 眼圧は重要な診断ツールで、異常圧迫を減らすことは依然として標準的な治療法です。新しいアプローチの1つは、BDNF(脳由来神経栄養因子)のような身体の治癒メカニズムを活用することです。BDNF(脳由来神経栄養因子)は、ニューロンの生存、成長および維持等の調節で重要な役割を果たしています。

 それらは、化学信号を運ぶ神経伝達物質(例えば、ドーパミン、グルタミン酸)を調節し、BDNF(脳由来神経栄養因子)は、既存のニューロンの生存を支援し、新しいニューロンの成長と分化を促進するのに役立ちます。

 

 BDNF(脳由来神経栄養因子)は、神経細胞の相互作用を可能にします。

 BDNF(脳由来神経栄養因子)は、脳や神経組織を傷つけるストレス要因の有害な影響から神経細胞を保護します。

 BDNF(脳由来神経栄養因子)は、個体の生涯にわたって脳および眼細胞機能の維持に重要な役割を果たす。

 緑内障のラットを用いた初期の研究では、BDNF(脳由来神経栄養因子)を眼に注入すると、網膜細胞の悪化と消失が急激に減少し、このアプローチの臨床的有用性が低下する。有益な成果を得るためには、BDNF(脳由来神経栄養因子)の継続的な供給が必要です。

 

 BDNF(脳由来神経栄養因子)を注入することは現実的ではないかもしれませんが、BDNF(脳由来神経栄養因子)の血中濃度を上昇させ維持することは当然可能です。

 緑内障改善の鍵は、血液中のケトン体レベルを上げることです。

 脳は、主な燃料源としてグルコース(ブドウ糖)を使用します。私達が食事を食べる度に、食物の多くはグルコース(ブドウ糖)に変換され、血流に放出されます。しかし、何時間も食べなかったり、グルコース(ブドウ糖)に変換することができない食品を食べないと、血糖値が低下し始め、肝臓は脂肪からケトン体を生産し始めます。

 

 ケトン体は脳の代替燃料源として働きます。1日2〜3回食事を食べると、血液中のケトン体量通常かなり低くなります。血液中のケトン体は、長期間の絶食または低糖質またはケトン体食を食べることで増加させることができます。

 ケトン体は、BDNF(脳由来神経栄養因子)の産生を刺激することが知られています。

 ケトン体を摂取すると、BDNF(脳由来神経栄養因子)を脳および眼に治療効果を有する可能性のあるレベルまで上昇させることができます。

 血液中のケトン体を高める別の方法は、ヴァージンココナッツオイルを食べることです。ヴァージンココナッツオイルが消費されると、ヴァージンココナッツオイル中の中鎖脂肪酸(MCFAs)が血糖値に関係なくケトン体に変換されます。ヴァージンココナッツオイルを摂取することで血液中のケトン体、その後のBDNFを治療レベルまで高めることができます。ケトン体およびBDNFの産生が向上し、緑内障が改善されます。ケトン体食事療法がある期間継続されると、中枢神経系内で治癒および修復をもたらします。ケトン体は、てんかん、アルツハイマー病、パーキンソン病および他の神経変性疾患を改善していることが証明されています。

 

 眼は中枢神経系の一部でもあり、BDNF(脳由来神経栄養因子)を誘発するケトン体で保護することができる。網膜及び視神経が意図的に傷害を受けた動物実験では、BDNFは損傷を軽減し、これらの組織の治癒及び再増殖を刺激し、視力を保持することが証明されています。それは、緑内障のような変性眼疾患が必ずしも不可逆的でないことです。

 

 18年前に緑内障と診断されましたが、私は投薬を受けずに食事を変え、他の植物油の代わりにヴァージンココナッツオイルを使い始めました。
 2年後、私は緑内障がないと診断を受けました。私は数年毎に検査を受けていますが、まだ緑内障や視力喪失の兆候はありません。実際、私の視力は最初の診断以来改善しています。私の話の詳細は、「視力喪失を今すぐ止めろ!」:白内障、緑内障、黄斑変性症、およびその他の一般的な眼の障害を予防し、癒す内容の本です。勿論、予防は治療よりもずっと簡単です。

 視力喪失を防ぐのに役立つ簡単な方法は、毎日の食事にヴァージンココナッツオイルを加えることです。あなたの食事にヴァージンココナッツオイルを毎日1〜3杯加えることをお勧めします。

 ヴァージンココナッツオイルを食べるだけではなく、視力を維持し回復させることができます。

 健康な食生活は、糖質を避けるだけでなく、タバコの煙、特定の薬物や食品添加物、過剰な砂糖や精製された糖質などの酸化ストレスを避けることです。 

 

---------------------------------------------------------------------------------------------------------

引用終了

Please reload

特集記事

Oil Pulling Therapy

March 16, 2017

1/10
Please reload

最新記事

June 11, 2019

June 1, 2019