GMO

 GMOは、Genetically modified organismの略で遺伝子組み換え作物と言います。

 このGMOは、安全であるというデータが公開されていないことが問題なのです。

 種苗会社は、生産者側の立場に立って、虫が付き難い、病気になり難いという目的を持って品種開発がされています。

 わが国の法律では、「遺伝子組換え農産物が主な原材料(原材料の上位3位以内で、かつ、全重量の5%以上を占める)でない場合は表示義務はない。」としています。

 大豆食品では、”遺伝子組み換えではない”と商品ラベルに書いて有っても、5%以内の混入の可能性があることです。

 GMO大豆は、大部分を輸入に依存していますが、特定の県では生産が認められているので、消費者を混乱させています。

 大豆ではありませんが、健康野菜のパパイヤでGMOパパイヤが開発されていて、沖縄で栽培されています。

 大豆加工食品の中で、伝統的な加工食品という点だけでなくカリウムが多いことから、納豆が放射能物質セシウムを排出してくれる、デトックス食品ということで高い需要が有ります。

(カリウムが多い食品に、ココナッツウオーター、ココナッツミルクが有ります。)

 しかし、日本で、この納豆の納豆菌が遺伝子組み換え技術で作られていることがわかりました。 http://blog.goo.ne.jp/1shig/e/34b0405873b25529f76f3334c79008a3

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

清水スタイルCopy Right 2020

取り扱い品目:有機JAS認証取得ヴァージンココナッツオイル、C8カプリル酸100%MCTオイル、天然野生生蜂蜜、バジルシード、マンゴスチン果皮パウダー、乾燥羅漢果、シナモン、ターメリック(ウコン)、海水塩・湖水塩(塩田法の天日塩)、食用昆虫

  • Facebook Clean Grey
  • Twitter Clean Grey
  • Instagram Clean Grey