腸内環境改善

May 29, 2016

清水スタイルでは、腸内環境改善に効果的な、食品添加物を使わない下記食品を販売しています。

  1. バジルシード:水溶性食物繊維、αリノレン酸、必須アミノ酸、ミネラル、ビタミン

  2. ココナッツウオーター:水溶性食物繊維、ミネラル、ビタミン、GI値:20%/260g

  3. ココナッツクリーム:水溶性食物繊維と不溶性食物繊維、中鎖飽和脂肪酸、必須アミノ酸、ミネラル、ビタミン

  4. MCTオイル:中鎖飽和脂肪酸99.8%(ケトン体成分は短鎖飽和脂肪酸:酢酸と酪酸。)

  5. 有機JASヴァージンココナッツオイル:62%の中鎖飽和脂肪酸(ケトン体成分は短鎖飽和脂肪酸:酢酸と酪酸。)

  • 水溶性食物繊維は善玉菌のエサになり、善玉菌の増加で消化を助ける酵素が増え、あらゆる生命活動の元になるミトコンドリアが増え、免疫力が強化されます。

  • 不溶性食物繊維は、蠕動運動を起こして、悪玉菌を吸着させて、腸壁を綺麗にしながら、腐敗物を発酵物と一緒に便として排出して、便秘予防の働きをします。

  • 腸内が酸性を維持することで、外部からの細菌の侵入を阻止しています。

 

A. 腸内環境チェック

腸内環境が良い時の便(うんこ)の状態に関してご紹介します。以前の連載の記事については下記の記事でも解説しています。併せてご覧ください!

 

①便の色

私達の腸が健康であるには黄色に近い便を維持することが大切です。

腸内に有用菌(ビフィズス菌や乳酸菌)が多いと、腸内は弱酸性に保たれ、便の色は黄色に近い色になります。ところが、高蛋白・低食物繊維食に偏った食生活、肉類や脂肪類を多く摂ったり、腐敗菌が多くなったりすると、腸内環境がアルカリ性になるため便の色が茶褐色から黒褐色になっていく。

 

便の色は胆汁酸である。胆汁は肝臓で作られ、一時、胆嚢にストックされて、十二指腸に分泌されます。この胆汁そのものは緑色ですが、便に色をつけるのは胆汁の中のビリルビンという物質で、便のpHに依り、アルカリ性なら黒い茶褐色、酸性なら黄色を帯びたオレンジ色に変わります。

 

②便の状態

上図が便の状態を表します。赤で囲んだ便は、腸内環境が良い便です。

 

③便のにおい

便のニオイは、腸内の健康をはかるバロメーターです。

腸内の食べた物が腐敗すると有害物質が作られ、便や放屁のニオイがきつくなります。

一方、大豆、ヨーグルト、味噌、ぬか漬け等乳酸菌を多く含む食品や、野菜、豆類、いも類、海藻等繊維質を多く含む食品を摂ると、腸内は腐敗から発酵状態に変わり、悪臭が軽減されます。

 

④便の水分

一般に便の水分含量は70~80%程度で、形は「バナナ状」となります。便は腸内を平均時速約10センチの速さで進むと言われ、この進み方が遅くなると水分を吸収し過ぎて便が硬くなり、さらに進み方が遅くなります。また、便の水分含量が約85%以上になると軟便で下痢傾向となります。

 

⑤便のpHと体液のpH

アルカリ性食品(生野菜やフルーツ)を摂ると、腸内は弱酸性に傾き、吸収されると体液は弱アルカリ性になります。酸性食品(肉、魚、牛乳、ハム、ウィンナー、ソーセージなど)を食べると、腸内では100%アルカリ性となり、腐敗菌が増殖して体液は弱酸性になります。

 

⑥腸内細菌と健康

人の大腸には、1000種類以上、糞便1gあたり約1兆個もの細菌が住み着き、複雑な細菌叢(さいきんそう)を形成しています。そして、大腸内にいる微生物の総重量は約1.5kgにも及びます。

健康と寿命には腸内細菌が深く関わっており、野菜の摂取量が少なくなると、善玉菌、日和見菌、悪玉菌のバランスが悪くなり、癌や生活習慣病のリスクが高まります。

 

悪玉菌の代表は、腸内で腐敗を促進するウェルシュ菌(クロストリジウム属)や大腸菌で、これら悪玉菌が腸内でたんぱく質を分解するため、アンモニアの代謝物、アミン、硫化水素、フェノール、インドール、スカトールといった発がん促進物質を作り出します。これらの有害物質がオナラの悪臭の元にななり、又便も臭くなり、腸管の炎症を起こし、大腸炎や大腸ポリープ、大腸がん、そして、小腸の異常を起こし、更に吸収されて、あらゆる病気に繋がっていきます。

 

⑦まとめ

自分の排便の状態で、腸内環境が良いのか悪いのか、確認して下さい。

・黄色に近い便

・発酵性にニオイ(つけもの臭)が健康的なニオイ

毎回、健康状態を確認してみてください!

 

 

B. 消化酵素

①消化の仕組み

消化とは、食べ物の中にある三大栄養素の炭水化物、タンパク質、脂質をそれぞれ小腸で吸収できるレベルまで小さくすることです。

つまり、消化とは、この三大栄養素を分解することとも言えます。小腸で吸収できるようにするためには、細かい粘膜を通り抜けなくてはならないので、分子を小さくする必要があります。

ビタミンやミネラルは分子が小さいのでそのまま通ることができますが、三大栄養素はとても大きいため消化の過程で細かく分解する必要があるのです。この三大栄養素を分解するために、酵素がとても重要なのです。

 

炭水化物はブドウ糖が数万個繋がっており、タンパク質はアミノ酸が50個以上繋がっています。

脂質は炭水化物やタンパク質と異なり、グリセロールという分子に3つの脂肪酸がひっかかった状態で構成しています。この引っかかった留め金の部分を外すことが脂肪の消化です。

これらネックレス状につながったブドウ糖やアミノ酸をはさみで切ったり、留め金を外したりして分子を小さくするのが酵素による消化です。

 

②消化不良の原因

唾液、胃液、膵液、腸液と段階を踏んで切り離していくものの、1万個以上もある数珠を1個になるまで切っていくのですが、食べ過ぎると酵素がすべて を切り離す作業が追い付かなくなり、10個、20個と繋がったまま、大腸までいくので、消化不良が起こります。

 

③消化不良の食べ物は悪玉菌を増やす。

悪玉菌はこの窒素残留物を分解する役目を担っているので、窒素酸化物が多くなれば多いほど、悪玉菌も多く働かなくてはならず、必然的に量が増えてしまうのです。

そう、みなさんも悪玉菌が健康に悪いということは聞いたことがあるでしょう。悪玉菌は腐敗菌とも呼ばれ、腸を腐敗させていきます。

 

④腸の腐敗が病気の原因になる

腸の腐敗は、アンモニアが発生し、そのアンモニアが肝臓などの臓器だけでなく、血液にまで流れ込むことで病気になります。アンモニアは、胃腸などでアレルギーを作り、それが吸収されて全身にまわることで体を活性酸素だらけにします。「おならは臭い」というのが一般的な考え方かもしれませんが、アンモニアが少ないと、おならは臭くありませんが、多いと臭くなります。つまり、おならが臭くなると、アンモニアが体の中に多く有り、健康を害しているというサインです。

病気にならない体を作りたければ、まずは腸を元気にすることから始めなくてはいけません。

 

⑤肉食礼賛主義がさまざまな病気を生み出した

今流行している糖質制限ダイエットは、炭水化物の害は散々言われていますが、タンパク質については何も触れておらず、むしろ積極的に摂るようにすすめられています。

動物性タンパク質を中心とした食事を摂るようになったのは、19世紀半ばにカール・フォン・フォイトという栄養学者が、動物性タンパク質を推奨したことが大きいと言われています。

フォイトは、徹底した肉食礼賛主義者で、動物性タンパク質を摂ることを礼賛し、炭水化物は栄養が乏しいので摂取を控えるよう唱えました。

彼は、「いいものは摂り過ぎるということはない」とまで言い、肉に関しても摂りすぎて悪いことはないと言ったのです。それは、フォイトが肉食業界と深く癒着していたからなのです。その為、肉食礼賛を唱えるようになり、欧米人は誰もが肉をはじめとする動物性タンパク質中心の食事を摂るようになりました。 このフォイトの理論が与えた影響は非常に大きなもので、その結果として、アメリカでは癌をや生活習慣病が蔓延するようになりました。

 

⑥マクガバン報告

1983年から行われた「チャイナ・ヘルス・プロジェクト」では、アメリカ人に多いがんや生活習慣病が、中国の田舎ではなぜ少ないのか、10年間の追跡栄養調査が行われた。その結果、これらの病気は肉食に関係していることがわかったのです。

 

この調査で、アメリカ人男性の心臓麻痺の死亡率は、中国人男性のおよそ17倍、アメリカ人女性の乳がんの死亡率は、中国人女性のおよそ5倍もあることがわかりました。

その理由が食事だったのです。 中国人は、野菜を多く摂り、タンパク質の摂取量も少なく、さらにそのタンパク質も大豆などの植物から摂っていること、その一方、アメリカ人の多くが肉などの動物性タンパク質を多く摂っていることがわかったのです。

この調査を主導したコリン・キャンベル博士は、この結果を受けて「動物性食品を植物性に置き換えるほど、より健康になれる」という結論を出しました。

 

⑦肉や魚などの動物性タンパク質は、人間にとって大変害になる理由とは!?

それは、IGF-1(インスリン様成長因子‐1)という物質が動物性タンパク質には多く存在するからなのです。

このIGF-1は、体内で成長ホルモンを刺激し、成長ホルモンが過剰になることで発がんが強く促されることが欧米の研究で明らかとなっています。肉や卵、ハム、ウインナー、チーズ、牛乳はもちろん、魚や煮干し、じゃこ、ヨーグルトなどにもこのIGF-1は多く含まれています。

さらに、朝食によく使われるベーコンやウインナーなどの加工肉は、普通の肉と比べて、より健康の要となる酵素を阻害する作用があることもわかっています。

 

⑧温野菜より、生野菜の方が体によい。

健康のために、野菜を摂ることは大変大切です。 しかし、野菜の摂取の仕方で栄養価が大きく変わってしまいます。酵素は生の野菜や果物に豊富に含まれています。以前は、「野菜は、生で食べるより、煮炊きしてカサを減らしたほうが、量を食べることができ、ビタミンや食物繊維が沢山摂れる」と言われてました。確かに、野菜の中には、加熱した方が栄養価が増し、消化が良くなるものもありますが、多くの場合は、酵素は死んでしまいします。酵素は、大部分がタンパク質でできているので、熱やPH(ペーハ=酸性、アルカリ性の度合い)により、構造が変わってしまいます。

そのため、私達が栄養源として取り入れる食べ物でも、生きた酵素は生のものにしか含まれていません。酵素は48℃以上の熱を加えると死んでしまいます。

 

⑨おろした野菜には活性化された酵素が豊富

野菜でも加熱すると酵素は死んでしまい、老化を防ぐファイトケミカル(抗酸化成分)も大量に減ってしまいます。ベジタリアンや癌患者も「野菜は、毎日沢山摂っています」と言う人が多いのですが、その食べ方を聞いてみると火を通したものばかりで生野菜は、ほとんど食べていないというのがよくあります。できるだけ生野菜を摂るように心がけると良いです。

 

生野菜やフルーツには、豊富や野菜はもちろんのこと、ビタミンやミネラル、ファイトケミカルなどが豊富に含まれています。そのままカットして食べても、もちろん良いのですが「すりおろして食べる」とさらに、その力がアップします。

昔から、すりおろしリンゴや、すりおろし野菜は、体の調子を整える時に食べられてきました。

最近の研究で、すりおろすことで酵素は活性化され、その働きが2倍、3倍にもなるということがわかっています。

すりおろして食べるのに適した野菜は、大根やかぶ、生姜、人参、きゅうり、レンコン、山芋、玉ねぎ、にんにく、じゃがいもやキャベツなどもおすすめです。 すりおろした大根やかぶ、生姜、人参は、酵素だけでなく、抗酸化物質の働きも良くなると言われています。

生野菜、果物は持つ酵素が異なるので、2~3種類を混ぜてスムージーを作ると、より沢山の酵素が摂れます。

 

⑩まとめ

米国では、以降、野菜の積極的な摂取を政府が中心となって運動が起こりました。 その結果、2000年以降、癌患者数は減少傾向にあります。

野菜を食べるには、生野菜をスムージーにすると、酵素がより多く摂れます。

 

C. 腸と脳が自律神経で結ばれ、互いに調整し合う腸脳相関が有る、とても重要な組織

①腸そのものが、ものを考える」

腸だけの動物も「お腹が空いた」とか「何か食え」とか生きていくための指令を出しており、その指令を受けるのが「口」(腸の入口)の周囲のひげ(触角)だそうである。

ひげ(触角)を駆使して餌をつかまえ、口の中に入れ生命を保っている。

 

②脳と腸とは!?

腸は食物の成分を素早く認識したり、毒素の排泄を指示したりと脳と同じ原理で絶妙な働きをしている器官です。

そして、腸は発生学的には、腸(小・大)→全身というように、脳より先にでき、脳に優先している器官である。それゆえ、脳の指令は腸には行かず、反対に、腸の指令は脳に届けられる。

脳は随意筋という筋肉を動かすために発達した臓器の一つにしかすぎない。その証拠に内臓は意識せずとも動き続ける。もし脳が体を司っているなら、内臓を休めたり早めたりできるはずである。

以上から、腸、特に小腸は重要な臓器と言えます。大腸は全部摘出しても生きてはいけるが、小腸は全摘したら即、絶命してしまいます。  

 

③小腸の襞々を引き伸ばすと10m、大腸は1.5m。

腸で考える細胞は「基底顆粒細胞」です。意識をせず、正に直感で判断する場こそ、この基底顆粒細胞であると。この基底顆粒細胞を持つ臓器は舌でありその味蕾細胞である。食べたものを判断するのは、この味蕾細胞だが、この判断力こそ直感であり、腸と同じ基底顆粒細胞で、皮膚にもこの細胞がある。

大好きな人にタッチされると「快い」のホルモンが出現し、嫌いな人にタッチされると「不快」のホルモンが分泌され「嫌」だと拒否するのは、この基底顆粒細胞の働きです。腸内で悪玉菌が増えて腐敗が進むと、この基底顆粒細胞が働かなくなります。

 

④腸の力は、ホルモンの分泌も担う

目や耳や鼻で情報をキャッチすると基底顆粒細胞からホルモンが発せられ、それが直接、脳に伝わります。一方、発せられたホルモンが腸管の基底顆粒細胞に作用し、その腸管の考えを伴って動き始めます。

ヒトの脳は、腸から発生した組織で、脳は腸を満足させるためにしか働かないと言われています。その裏付けは「臓器移植」、脳の移植実験で は人格は変化しない。ところが、心臓、肺、肝臓、骨髄とかを臓器移植すると、人格が変わります。

基底顆粒細胞が変わって、変化すると言えるのである。  

 

まとめ

人間は、脳が中心になっていろいろな生命活動を行っていますが、腸も、その生命活動の中心を担っているので、過食で、腸内で悪玉菌が増えて腐敗しないように、善玉菌を増やして酵素を分泌して腸内環境を整えることが重要です。

 

 

写真は、Newton「人体大図鑑」 から引用しました。

 

同じ、脂質でも中鎖飽和脂肪酸は、胆汁の消化液を受けることなく、又、オメガ3系オイル、オメガ6系オイル、オメガ9系オイルの長鎖不飽和脂肪酸と異なる経路で肝臓に向かうので、早く到達します。中鎖飽和脂肪酸は胃、十二指腸、小腸、門脈を経由して肝臓に入ります。

 

 

Please reload

特集記事

Oil Pulling Therapy

March 16, 2017

1/10
Please reload

最新記事

June 11, 2019

June 1, 2019