MCTオイルはヴァージンココナッツオイルの欠点を補完するオイル

May 2, 2016

 最近になって、中鎖飽和脂肪酸がアルツハイマー病などの神経変性疾患の改善に役立つことが知られるようになり、又、健康面で優れたオイルであることから料理用オイルとして使われてきています。

 

 実は、米国では、ココナッツオイルやMCTオイルは、今から60年前の1950年代から、病院、そして粉ミルクの中に入れて、未熟児の栄養補給に使われていました。又、重症患者の成分栄養として使われていました。

 

 そして、米国NPO法人ココナッツリサーチセンター所長のブルース・ファイフ博士の著書『STOP ALZHEIMER'S NOW!(アルツハイマー病を予防改善しましょう!)』『STOP VISION LOSS NOW!(視力回復しましょう!)』では、ヴァージンココナッツオイルの摂取で、アルツハイマー病などの神経変性疾患だけでなく、白内障、緑内障、加齢変性黄斑症の改善にも有効であると記述しています。

 

 又、弊社のお客様は、ヴァージンココナッツオイルは、肌への浸透がとても良いことから、肌の乾燥肌対策に使われていますが、カンジダ菌、イースト菌に依る肌の病気にも有効であること、又、虫刺され予防にもお使いになっています。

 ペットや家畜にも、ヒト同様の効果を発揮します。

 これまでにない、本当に珍しいオイルと言えます。現代版『ガマの油』です。

 

 この度、弊社では、ヴァージンココナッツオイルに加え、MCTオイルも販売するようにしました。

 有機JASヴァージンココナッツオイルのケトン体代謝を安定して働かせる為に(糖質代謝に戻らないようにする為に)、"ケトン体欠"防止の為に、中鎖飽和脂肪酸100%のMCTオイルを併用することを考えました。

 

 MCTオイルは摂氏0度でも白色固体にならず、無味無臭です。

 ヴァージンココナッツオイルと混合オイルを作ると、凝固点(固まる温度)が摂氏24度から下るので、一層使い易くなります。

 是非、お試しください。

 

 

 

 

Please reload

特集記事

Oil Pulling Therapy

March 16, 2017

1/10
Please reload

最新記事

June 11, 2019

June 1, 2019

Please reload

アーカイブ