良質のミトコンドリアを増やす方法


 私達が生きる為に必要なエネルギーを作っているのは「ミトコンドリア」です。

 食事から摂取した栄養素と、呼吸で得た酸素とを反応させて大きな電気エネルギーを産生し、生きる為のエネルギーとしています。


 ミトコンドリアは、体に必要な量のエネルギーしか産生しません。

 そして、必要なエネルギー量を産生する最低限のミトコンドリアしか持つことができません。


 ですから、身体を休めてばかりいると、省エネ状態の身体にミトコンドリアが適応して、ミトコンドリアの数が減少し、体は段々弱くなっていきます。

 毎日コンスタントに、程良い運動を行い、エネルギーがいつでも必要で有ることをミトコンドリアに分からせて、ミトコンドリアの数を増やすことが、老化や病気を予防する上で欠かせません。


 ミトコンドリアがエネルギー産生する時に、副産物の活性酸素が2種類有ります。

  1. エネルギー効率が良く産生でき、悪玉活性酸素を余り出さない「良質なミトコンドリア」

  2. エネルギー効率が悪い「悪玉活性酸素」を多く作る「質の悪いミトコンドリア」

とが有ります。


 良質なミトコンドリアの数を増やすには、1週間下記のことをするだけで、「エネルギーが不足していることを」知らせることができます。

1. 姿勢を保つ 2. 持久力を司る筋肉を鍛える 3. マッサージで身体を刺激する 4. 空腹を感じる 5. 寒さを感じる




特集記事
最新記事