歯周病予防



歯周病とは、歯と歯肉の間に溜まったプラーク中の細菌によって引き起こされる炎症で、最悪の場合、歯を支えている骨が骨が溶けてしまうという怖い疾患のことです。


歯周病は男性に比べて、女性に多く、唾液が少なく口内環境が悪化し易い上、女性ホルモンが特定の歯周病菌の増殖を促進する為、歯周組織の炎症が酷くなり易いからなのです。


ホルモンバランスが変動する思春期、妊娠出産期、更年期では歯周病リスクが高まります。

特に、妊娠中の歯周病になり易く、罹ると歯茎が敏感で腫れ易くなり、早産で低体重児が生まれるリスクが7倍に上がるというデータが出ている程です。

妊娠する前に、歯の治療は済ませておかなくてはいけません。

歯周病に罹ると、体内で炎症性ホルモンが分泌され、全身で炎症が起こり易くなり、全身の活性酸素が増加します。このことから、歯周病は活性酸素が関与していることが知られています。

歯周病が原因で老化が進み、他の病気も引き起こすことも考えられます。


以上から、優れた方法をご案内します。


  1. 水素水を飲むことで、歯周病を予防改善することができます。

  2. ⑴マグネシウムに水を加えて、水素ガスを発生させて、水素ガスを吸い、水素水を飲みます。

  3. ⑵水の電気分解で水素ガスを発生させる水素ガス生成器を用いて、水素ガスを吸い、水素水を飲みます。

  4. ⑶ ⑴と⑵を組み合わせて、効率的に水素ガスを吸い、水素水を飲みます。

  5. 重曹(炭酸水素ナトリウム)と、C8カプリル酸100%MCTオイルと有機JASヴァージンココナッツオイルとを1:1で混合したオイルを用意し、2:1で混合し、攪拌して手作り歯磨き剤を作ります。

  6. ホワイトニング効果、歯のヌメヌメが取り除きます。

  7. 市販の歯磨き剤には、化学薬品の合成界面活性剤は洗浄力が強いので歯茎を痛め、フッ素、芳香剤、大粒の研磨剤が使われていますが、一方、手作り歯磨き剤は、安全面で問題が有りません。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square