抗老化作用で不妊を改善


卵子も老化します。

心臓の細胞と脳神経の一部は生まれた時と同じ細胞を使っています。

精子は、皮膚の表皮細胞と同様、常に新しく作られています。

80歳でも子供ができることは、精子が80歳まで作り続けるからです。

ところが、卵子は新しく作られることはありません。

女性が生まれた時には、既に卵子の素(排卵の直前に卵子の素から卵子へと成熟します。)が作られており、細胞分裂によって新しい卵子の素が生まれることはありません。

歳を取れば取るほど、卵子の素も老化していき、歳を重ねるにつれて妊娠が難しくなります。

卵子の素の老化が進まないように、副作用が無い水素の抗老化作用(抗酸化作用)が期待されています。

実際、不妊治療専門クリニックでは、水素入浴が導入しています。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square