乳癌や子宮癌


女性特有の癌は若年かが進んでいて、20〜40代で発症するケースが急増しています。

初潮の時期の早い人、閉経時期の遅い人、出産経験の遅い人はエストロゲンの影響を長期間受けているので、乳癌や子宮癌の発症リスクが高まります。


危険因子:多量の飲酒・運動不足・食生活の偏り等、特に、アルコールや動物性脂肪は乳癌発症率を高めます。


又、女性の場合、閉経前後の10年間で急激にエストロゲンが減少してしまいます。

エストロゲンの減少により、手足の冷え、不眠、イライラといった症状が現れ、又、骨粗鬆症が起こり易くなります。

女性ホルモンに似ている大豆イソフラボンの問題を回避して、水素に依るケアは、副作用が無いので、とても安心です。

又、水素は、ストレスによる過剰発生した悪玉活性酸素を除去して、安全な水に変えてくれます。


癌治療中の抗癌剤治療や放射線治療での副作用の軽減には、水素はとても有効です。又、手術での麻酔薬の副作用も水素で軽減できるという報告がされています。手術の患部の炎症に対しても、水素は欠かせません。


活性酸素がミトコンドリアに傷付けるのではなく、水素で無害化して、健康なミトコンドリアを増やすことが癌予防になります。

特集記事
最新記事