サステナビリティ時代の環境に優しい持続可能な食品=食用昆虫





国連のFAO(国際連合食糧農業機関)は、「環境に優しい持続可能な食品=食用昆虫」として、サステナビリティの時代の食料を勧めています。

 清水スタイルの食用昆虫は、環境ホルモンや成長ホルモン、ワクチンとは全く無関係の空間で飼育され、産卵から食品加工まで、コンピューターで温度湿度管理を行う密閉された室内で完全人工飼育し、食品加工も行うなど、優れた安全性を確保して居ます。

 牛と食用昆虫のコオロギとを比較すると、

  • パルプ製トレーという、小さなスペースの飼育場所で、

  • 少量の有機物のエサ、少量の水で飼育され、

  • コオロギのメスは多量の数の卵を産みます。

  • 卵から成虫までに要する期間は5週間と大変短く、

  • これを繰り返す、高い生産性の食品です。

  • 食品加工プロセスも単純で、残酷な血を見る事なく、室温を下げる事で眠らせることができます。

  • 栄養面でも、動物性食物繊維を含み、タンパク質の量が牛肉よりも3.5倍の70%も占めます。

  • 甲殻類の動物性食物繊維を含み、コレステロールや有害物質を吸着し、体外に排出し、肥満予防、免疫バランスを強化する働きのあるキチン、キトサンが含まれています。

  • 優れた抗酸化作用のアスタキサンチンが含まれています。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

清水スタイルCopy Right 2020

取り扱い品目:有機JAS認証取得ヴァージンココナッツオイル、C8カプリル酸100%MCTオイル、天然野生生蜂蜜、バジルシード、マンゴスチン果皮パウダー、乾燥羅漢果、シナモン、ターメリック(ウコン)、海水塩・湖水塩(塩田法の天日塩)、食用昆虫

  • Facebook Clean Grey
  • Twitter Clean Grey
  • Instagram Clean Grey