・「果物の女王」という異名を持つマンゴスチンの白い実は甘く芳醇な味で、とても人気が有り、良く知られています。


・東南アジアでは、この果皮を赤痢やマラリア、寄生虫などの感染症、湿疹や傷の化膿などの皮膚疾患、下痢や消化不良などの消化器疾患、炎症性疾患などの多くの病気の、伝統的な民間療法に使われています。


・果皮にはキサントンというポリフェノールが含まれ、強力な抗酸化作用があることも知られています。 更に、抗菌殺菌作用、抗ウイルス作用、抗炎症作用、シクロオキシナーゼ(COX-2)阻害作用、癌予防作用、抗腫瘍作用などが報告されています。

 

・東南アジアでは、この果皮を赤痢やマラリア、寄生虫などの感染症、湿疹や傷の化膿などの皮膚疾患、下痢や消化不良などの消化器疾患、炎症性疾患などの多くの病気の、伝統的な民間療法に使われています。


・果皮にはキサントンというポリフェノールが含まれ、強力な抗酸化作用があることも知られています。 更に、抗菌殺菌作用、抗ウイルス作用、抗炎症作用、シクロオキシナーゼ(COX-2)阻害作用、癌予防作用、抗腫瘍作用などが報告されています。

 

・様々なストレスから多くの病気の原因物質の活性酸素が生じ、シミ、シワなどの老化促進、生活習慣病、癌発症リスクを高めます。

 

・マンゴスチン果皮パウダーは、体内の活性酸素を消去吸収する能力が非常に高く、米国uUSDAのデータでは100g当たりORAC(活性酸素吸収能力)が397,300ユニットと1位で、2位がクローブの314,446ユニットと非常に高い能力を備えています。

 

・活性酸素は、老化作用だけでなく、多くの病気の原因物質であると言われています。

 マンゴスチン果皮パウダーは、この活性酸素吸収力が大変高く、1g当たり3,973ユニットと、多くの食品の中でも最も高い数値です。

 体内の活性酸素を消去吸収することで病気になり難い体を作ります。

 

・癌細胞にはキサントンの誘導体のαマンゴスチン、γマンゴスチンが癌細胞にアポトーシスに誘導することが知られています。

岐阜大学医学部教授と岐阜薬科大学教授が、抗癌効果について新聞発表しています。  

http://www.white-family.or.jp/healthy-island/htm/sapuriment/repo287.htm

http://www.panaxanthone.com/mangosteen/dr_iinuma.html 
・ポリフェノールのキサントンはとても苦いので、水やお湯で薄めて飲んで頂きます。
https://www.shimizu-style.biz/single-post/2017/03/11/Mangosteen-Rind-Powder

マンゴスチン果皮パウダー1セット20g x6袋(6週間分)+シナモンスティック100g+バジルシード200g

SKU: SKU00021
¥8,000 通常価格
¥7,000セール価格
  • ・マンゴスチン果皮パウダーは1袋20gが1週間分です。1セット6袋で6週間分です。

    ・塩素が含まれない水か、お湯2リットル、そして2リットル用ペットボトルを用意し、20gを溶かして下さい。 それを1日3回、7日で飲み干します。ポリフェノールはとても苦いので、水やお湯で薄めて飲んでください。

    ・活性酸素は、癌、老化作用だけでなく、多くの病気の原因物質であると言われています。マンゴスチン果皮パウダーは、活性酸素吸収力は大変高く、1g当たり3,973ユニットで、多くの食品の中でも最も高い数値です。体内の活性酸素を吸収することで病気になり難い体を作ります。

    ・キサントンには、抗酸化作用、抗菌殺菌作用、抗ウイルス作用、抗炎症作用、シクロオキシゲナーゼ2(COX-2)阻害作用、癌予防作用、抗腫瘍作用などが有ると報告されています。

    ・様々なストレスから多くの病気の原因物質の活性酸素が生じ、シミ、シワなどの老化促進、生活習慣病、癌発症リスクを高めます。マンゴスチン果皮パウダーは、体内の活性酸素を吸収する能力が非常に高く、100g当たりORAC(活性酸素吸収能力)が397,300ユニットと1位で、2位がクローブの314,446ユニットと非常に高い能力を備えています。

    ・抗酸化作用のポリフェノールのキサントンの中の、アルファ・マンゴスチンに抗癌効果があることが、報告されています。 岐阜大学医学部教授と岐阜薬科大学教授が、抗癌効果について新聞発表しています。  http://www.white-family.or.jp/healthy-island/htm/sapuriment/repo287.htm

    http://www.panaxanthone.com/mangosteen/dr_iinuma.html 

    医療機関でもマンゴスチン果皮パウダーを処方しています。 癌細胞は、糖質(炭水化物、糖類)を正常細胞より5倍も多く吸収し、増殖します。 そこで、糖質を大幅に控えることで、一番良いのは糖質摂取を中止することです。これにより、癌細胞増殖の阻止する事ができます。

    ・摂取方法は、マンゴスチン果皮パウダーの摂取方法は、1袋20gの粉末を1リットルの水に溶かして、1週間分のマンゴスチン果皮パウダーのお茶を作ってください。飲む時に、お湯を足して、熱くして、毎日3回飲んで下さい。 電子レンジで温めないようにして下さい。

    ・お客様からは、苦い緑茶と同じで、慣れると美味しく感じられ、すっきりした味、患部の様子も綺麗になってきたようです、という声を頂いています。

清水スタイルCopy Right 2019

取り扱い品目:

有機JAS認証取得ヴァージンココナッツオイル、MCTオイル、有機JAS認証取得ココナッツバターペースト、有機JAS認証取得ココナッツサイダービネガー、バジルシード、マンゴスチン果皮パウダー、ココナッツフラワーネクター、乾燥羅漢果

  • Facebook Clean Grey
  • Twitter Clean Grey
  • Instagram Clean Grey