検索
  • 清水スタイル

良い油


 良い油は、EPA/DHAの魚油(オメガ3系オイル)、オレイン酸の本物のヴァージンオリーブオイル(オメガ9系オイル、オレオカンタール)、中鎖脂肪酸の有機JASヴァージンココナッツオイルとC8カプリル酸100%MCTオイルです。

 そして、最近になって分かった、飼育された食用昆虫には、安全なアルファリノレン酸(オメガ3系オイル)が含まれることがわかりました。

中鎖脂肪酸は、英語でMedium-chain Triglyceridesで、頭文字をとってMCTオイルと言っています。又、MCFAのMedium-chain Fatty Acidsとも読み、同じものを指しています。

  1. 炭素数6個のカプロン酸

  2. 炭素数8個のカプリル酸

  3. 炭素数10個のパプリン酸

  4. 炭素数12個のラウリン酸

清水スタイルでは、2のカプリル酸と4のラウリン酸の摂取をお勧めします。

 有機JASヴァージンココナッツオイルとC8カプリル酸100%MCTオイルとを1:1の割合で混合すると、腸での栄養吸収を助け、抗酸化作用・抗炎症作用・抗微生物作用(抗ウイルス作用・抗細菌作用・抗真菌作用)などの中鎖脂肪酸の働きを発揮する、経済性の高い、血中ケトン値を比較的高レベルで8時間持続するなど、メリットの多いオイルに変わります。

 2のカプリル酸は、C8カプリル酸100%MCTオイルには文字通り、カプリル酸だけのオイルと、カプリル酸が8%含まれている有機JASヴァージンココナッツオイルです。

カプリル酸は、ブレインオイルとも言い、小腸から門脈を通って肝臓に直行して、一部がカプリル酸の働き(抗酸化作用・抗真菌作用)を発揮し、残りはケトン体に変わり、強力なエネルギー源になります。又、この時に体脂肪(中性脂肪)が燃焼してケトン体に変わります。

 カプリル酸で作るケトン体は、30分で血中ケトン値を最高に高め、下降するまで3時間持続します。

 C10カプリン酸はC8カプリル酸には及ばず、血中ケトン値を1/3しか高まらないので、清水スタイルでは、 C8カプリル酸56%とC10カプリン酸44%のMCTオイルから、C8カプリル酸100%のMCTオイルに移行させました。

ケトン体は、低糖質食で中鎖脂肪酸を摂取すると、中鎖脂肪酸だけで代謝して、主要エネルギー源であるブドウ糖(グルコース)の代替エネルギー源です。脳の血液脳関門を通過でき、ブドウ糖が解糖系とミトコンドリア系で作るATPより高いエネルギーを産生することができる性質が有ります。

 体脂肪(中性脂肪)からケトン体を作るには、LカルニチンやビタミンCが供給されないと、作ることができないという制約条件が有ります。

 又、ケトン体燃料の場合、血糖値の変化がないことから、ケトン体燃料を神経細胞のミトコンドリアに安定的に送り届けることができます。すると、ケトン体と酸素を送る毛細血管も元気になり、脳が活性化します。

 すると、認知症やパーキンソン病、ALSなどの神経変性疾患を予防改善できると、「Alzheimer's Disease ; What If There was a Cure?」(アルツハイマー病治療法)

「The Coconut Oil & Low-carb Solution」(ココナッツオイルと低糖質という解決策)

「The Complete Book of Ketones」(ケトン体の完全解説書)

の著者メアリーニューポート医学博士は、著書の中で記述しています。

 4のラウリン酸は、有機JASヴァージンココナッツオイル に、47%含まれています。

 ラウリン酸は、他の中鎖脂肪酸と代謝の仕方が異なり、長鎖脂肪酸と同様、小腸から全身を巡り、肝臓に入って、ラウリン酸の働きの抗炎症作用・抗酸化作用・抗微生物作用(抗ウイルス作用・抗細菌作用・抗真菌作用)等を発揮、一部がケトン体に変わり、細胞のミトコンドリアのエネルギー源として、全身に送られます。脳では、血液脳関門を通過して、神経細胞のミトコンドリア内に入り、ブドウ糖よりも高効率なエネルギー源になります。

 脳内に入ってケトン体を作り、脳内のタウ・タンパク質やアミロイドベータ等の脳内のゴミを除去します。

 又、肝臓でのケトン体の、血中ケトン値の特性がカプリル酸と時間差を持ち、その持続時間も異なります。ラウリン酸の血中ケトン値は摂取後3時間後に上昇し、持続時間は摂取後8時間となります。

 そこで、上記メアリーニューポート医師は、ヴァージンココナッツオイル に含まれていますが、効率率的なケトン体生成には役に立たない長鎖飽和脂肪酸の割合を減らし、ラウリン酸と、C8カプリル酸100%MCTオイルのカプリル酸との割合を多くした組成の混合オイルを考え出しました。

 この混合オイルの特長は下記の通りです。

中鎖脂肪酸のそれぞれの特長が生かされ、抗酸化作用・抗炎症作用・抗微生物作用(抗ウイルス作用・抗細菌作用・抗真菌作用)を発揮します。

そして、ケトン体の血中ケトン値は、速効性が有り、8時間という長時間有効性が持続する、高い経済性のオイルになります。


21回の閲覧

清水スタイルCopy Right 2020

取り扱い品目:有機JAS認証取得ヴァージンココナッツオイル、C8カプリル酸100%MCTオイル、天然野生生蜂蜜、バジルシード、マンゴスチン果皮パウダー、乾燥羅漢果、シナモン、ターメリック(ウコン)、海水塩・湖水塩(塩田法の天日塩)、食用昆虫

  • Facebook Clean Grey
  • Twitter Clean Grey
  • Instagram Clean Grey