検索
  • 清水スタイル

Coconut Oil Studies - Metabolism & Energy Expenditure


13. 中鎖脂肪酸で、エネルギー代謝を改善しましょう

1. アミロース - 脂質複合体形成および血糖応答に及ぼす焼きたてパンにおける脂肪型の効果について

Effect of fat type in baked bread on amylose-lipid complex formation and glycaemic response.

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27102847

2. 運動前スポーツ飲料(PRX)が最大限の好気性に関する要因に及ぼす影響

The influence of a pre-exercise sports drink (PRX) on factors related to maximal aerobic performance.

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/20222976

要約

バックグラウンド:

運動前スポーツドリンク(PRX)は、好気性力を必要とする運動競技でエルゴジェニックエイドとして一般に使用されている。しかし、ほとんどの場合、その有効性に関する主張は立証されていない。 さらに、PRX製品の成分は、訓練や競技での使用を規制する競技会運営組織によって受け入れられるものとみなされなければならない。 この研究の目的は、段階的運動試験中の最大好気性性能に関連する因子に関する初期の研究からの改変PRX製剤(EM / PACT(商標)として知られている)の効果を調べることであった。 この変更は、栄養補助食品の使用を規制する様々な運動組織によって定められたコンプライアンス基準を満たすためにクレアチンを除去することから成っていた。

メソッド:

有酸素運動のレベルが様々な男性および女性の大学生29人が、PRX(フルクトース、中鎖トリグリセリド、および8オンスの水と混合したアミノ酸14 g /人を含む)とプラセボのランダム交叉投与に参加したPL)トライアルミル試験を行う30分前に試験間で約1週間の間隔を置いて試験した。 漸減運動試験の2つの先行する亜最大段階におけるVO 2max、最大心拍数(HR)、疲労までの時間(Time)、および非タンパク質脂肪基質使用率(FA)のパーセンテージを評価した。

結果:

PRX試験のVO 2最大平均値はPL試験より有意に高かった(P <0.01)。時間の平均値は、PLと比較してPRX試験の方が大きいことも観察された(P <0.05)。 さらに、運動試験の下位段階でのFAのパーセンテージは、PLと比較してPRX試験でより大きかった(P <0.01)。

結論:

この調査で利用された改変PRX製剤は、以前の調査の結果と、段階的運動試験中の好気性指数(特にVO 2max、Time、&FA)の指数を高めるための有効性を裏付けている。

Abstract

BACKGROUND:

Pre-exercise sports drinks (PRX) are commonly used as ergogenic aids in athletic competitions requiring aerobic power.

However, in most cases, claims regarding their effectiveness have not been substantiated.

In addition, the ingredients in PRX products must be deemed acceptable by the athletic governing bodies that regulate their use in training and competition.

The purpose of this study was to examine the effects of a modified PRX formulation (known as EM.PACT) from earlier investigations on factors related to maximal aerobic performance during a graded exercise test.

The modification consisted of removing creatine to meet the compliance standards set forth by various athletic organizations that regulate the use of nutritional supplements.

METHODS:

Twenty-nine male and female college students varying in levels of aerobic fitness participated in a randomized crossover administration of PRX (containing 14 g/serving of fructose, medium-chain triglycerides, and amino acids mixed with 8 oz. of water) and placebo (PL) 30 minutes prior to performing a treadmill test with approximately one week separation between the trials. VO2max, maximal heart rate (HR), time to exhaustion (Time), and percentage estimated non-protein fat substrate utilization (FA) during two a priori submaximal stages of a graded exercise testing were evaluated.

RESULTS:

The VO2max mean value of the PRX trial was significantly greater than the PL trial (P < 0.01). The mean value for Time was also observed to be greater for the PRX trial compared to PL (P < 0.05). Additionally, percentage of FA during submaximal stages of the exercise test was greater for PRX trial in comparison to PL (P < 0.01).

CONCLUSIONS:

The modified PRX formulation utilized in this investigation supports the findings of the previous investigation and its efficacy for enhancing indices of aerobic performance (specifically VO2max, Time, & FA) during graded exercise testing.

3. ラットのエネルギー消費および肝臓脂肪酸代謝に関する中鎖脂肪酸と長鎖脂肪酸を含むランダムなエステル交換したトリアシルグリセロールの効果について

Effect of randomly interesterified triacylglycerols containing medium- and long-chain fatty acids on energy expenditure and hepatic fatty acid metabolism in rats.

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/16244428

要約

以前の研究では、同じグリセロール分子中に中鎖および長鎖脂肪酸を含む、ランダムにエステル交換されたトリアシルグリセロールが、ヒトおよびラットの体脂肪蓄積を有意に減少させた。中鎖および長鎖トリアシルグリセロール(MLCT)このMLCTの作用のメカニズムを明らかにするために、長鎖トリアシルグリセロール(LCT)または中鎖トリアシルグリセロール(MCT)と比較して、ラットにおけるエネルギー消費および肝臓脂肪酸代謝を測定した。

LCTと比較したMLCTは、基質としてのオクタノイル-CoAおよび同様の脂質生成活性を使用して測定した場合、著しく低い体脂肪蓄積、より高い24時間のエネルギー消費およびアシル-CoAデヒドロゲナーゼ活性を示した。

LCTと比較して、MCTは有意に高いエネルギー消費を示したが、脂肪蓄積は同等であった。さらに、MCTは他の油よりも有意に高い脂質生成活性を示した。

これらのデータは、デノボ脂質生成を活性化することなく、エネルギー消費および中鎖脂肪酸(MCFA)酸化の増強が、少なくともMLCTを与えたラットの体脂肪減少の原因であることを示唆している。

MCFAの過剰摂取による肝臓脂質生成の活性化は、体脂肪蓄積に対する予防効果を妨げる可能性がある。

Abstract

In our previous studies, medium- and long-chain triacylglycerols (MLCT), randomly interesterified triacylglycerols containing medium-chain and long-chain fatty acids in the same glycerol molecule, significantly reduced body fat accumulation in humans and rats. To clarify mechanism(s) for this effect of MLCT, we measured energy expenditure and hepatic fatty acid metabolism in rats by comparison with long-chain triacylglycerols (LCT) or medium-chain triacylglycerols (MCT).

MLCT, compared with LCT, showed significantly lower body fat accumulation, higher 24-h energy expenditure and acyl-CoA dehydrogenase activity measured using octanoyl-CoA as a substrate, and similar lipogenic activity.

MCT, compared with LCT, showed significantly higher energy expenditure, but fat accumulation was comparable. Additionally, MCT exhibited significantly higher lipogenic activity than the other oils.

These data suggest that enhancement of energy expenditure and medium-chain fatty acids (MCFA) oxidation without activating de novo lipogenesis are responsible at least for the lower body fat accumulation in rats fed MLCT.

The activation of hepatic lipogenesis by excessive intake of MCFA might counteract their preventive effects on body fat accumulation.

4. 27日間の中鎖脂肪酸と長鎖脂肪酸とを比較では、肥満女性の体の組成は変わらずに、脂肪酸の燃焼とエネルギー消費が増加します。

Medium- versus long-chain triglycerides for 27 days increases fat oxidation and energy expenditure without resulting in changes in body composition in overweight women.

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/12532160?dopt=Abstract

要約

目的:中鎖(MCT)対長鎖トリグリセリド(LCT)の長期消費がエネルギー消費(EE)、基質酸化および体組成に及ぼす影響を決定する。

仮説:MCT消費は、LCT消費と比較して、より大きなEE、基質酸化および体重減少をもたらさない。

研究方法と手順:17人の健康な肥満女性がこの無作為化されたクロスオーバー入院試験に参加した。 食事は、27日間の2つの期間にわたって調製され、摂取された。 脂肪としてエネルギーの40%を含む食事は、全脂肪の75%を占める処理脂肪を伴って、個々の体重維持エネルギー需要を各被験者に供給するように設計された。

MCT摂取はMCT油(49%オクタン酸エステル、50%デカン酸エステル)として処理脂肪の67%を含有したが、LCT摂取は処理脂肪としてのみ牛脂を含有した。 体組成は、各フェーズの1日目および28日目の磁気共鳴画像法(MRI)によって評価し、エネルギー消費量は2日目および27日目に測定した。

結果:MCTおよびLCTの消費後の総脂肪および皮下脂肪組織量の変化は、差異がなかった(-0.61±0.38l対-0.54±0.48lおよび-0.58 +/- 0.35l対-0.48 +/- 0.40l、それぞれ)。 平均EEおよび脂肪酸化は、MCTの間に、LCT消費よりも大きかった(EEについてそれぞれ0.95 +/- 0.019対0.90 +/- 0.024kcal /分およびEEについて0.095 +/- 0.0026対0.075 +/- 0.0022g /分である)。討論:これらの結果は、LCT消費と比較した場合、肥満女性のMCTの長期摂取がEEおよび脂肪酸化を促進することを示している。 MCTとLCT消費の間の体組成変化の差は、統計的には異なるものの、EEの変化によって予測された差と一致した。 目標のエネルギーバランス食でLCTをMCTに置換すると、EEの増加による長期的な体重増加を防ぐことができると結論付けることができる。

5. 中鎖トリアシルグリセロールを摂取したラットは、長鎖トリアシルグリセロールを摂取したラットよりも誘発される熱産生量は大きく、体脂肪の蓄積は少ない。

Larger diet-induced thermogenesis and less body fat accumulation in rats fed medium-chain triacylglycerols than in those fed long-chain triacylglycerols.

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/12775120?dopt=Abstract

6. 食品からの発熱について 中鎖トリアシルグリセロールと、長鎖トリアシルグリセロールの食品で比較して見た。

Comparison of diet-induced thermogenesis of foods containing medium- versus long-chain triacylglycerols.

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/12775122?dopt=Abstract

7. 健康的な若い女性の中鎖および長鎖トリアシルグリセロール対長鎖トリアシルグリセロールの構造的効果

The thermic effect is greater for structured medium- and long-chain triacylglycerols versus long-chain triacylglycerols in healthy young women.

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/11172486

要約

この研究目的は、中鎖(20%)および長鎖(80%)脂肪酸からなる構造化された中鎖および長鎖トリアシルグリセロール(SMLCT)の単回用量が代謝速度を増加させるという仮説を調べることであった。

18〜28歳の健康な若い15人の女性における長鎖トリアシルグリセロール(LCTs)の1用量以上。

術後エネルギー消費に対する効果をSMLCT対LCTで比較した。

実験日に、被験者は一晩絶食させた後、毎日1,680kJのSMLCTまたはLCTを摂取した。 SMLCTおよびLCT摂取前後のエネルギー消費および呼吸商(RQ)を間接熱量測定によって測定した。 血漿および血清を得るために摂取の前後に血液試料を採取した。 術後全エネルギー消費(PTEE)は、SMLCT摂取対LCT摂取(26.9±1.0 v25.5±1.1kJ / kg / 6時間、 P<0.05)より有意に高かった。

SMLCT摂取後の試験油の熱効果は、LCT摂取(3.02±0.49 v1.47±0.82 kJ / kg / 6時間、 P<.01)と比較して有意に大きかった。血漿グルコースおよび血清トリアシルグリセロール濃度は有意に異ならなかった。

血清遊離脂肪酸および3-ヒドロキシ酪酸濃度は、SMLCT摂取対LCT摂取後に高かった。

これらの結果は、エネルギー摂取量が一定のままであれば、LCTsのSMLCTの長期置換が体脂肪減少を引き起こすことを示唆している。

Abstract

The purpose of this study was to investigate the hypothesis that a single dose of structured medium- and long-chain triacylglycerols (SMLCTs) composed of medium-chain (20%) and long-chain (80%) fatty acids would increase the metabolic rate more than a dose of long-chain triacylglycerols (LCTs) in 15 healthy young women aged 18 to 28 years.

The effects on postingestive energy expenditure were compared for SMLCTs versus LCTs.

On the experimental days, the subjects fasted overnight and then ingested 1,680 kJ SMLCTs or LCTs each day. Energy expenditure and the respiratory quotient (RQ) were measured before and after SMLCT and LCT ingestion by indirect calorimetry.

Blood samples were collected before and after ingestion to obtain plasma and serum.

Postingestive total energy expenditure (PTEE) was significantly higher after SMLCT ingestion versus LCT ingestion (26.9 ± 1.0 v25.5 ± 1.1 kJ/kg/6 h, P< .05).

The thermic effects of the test oil were also significantly greater after SMLCT ingestion compared with LCT ingestion (3.02 ± 0.49 v1.47 ± 0.82 kJ/kg/6 h, P< .01).

Plasma glucose and serum triacylglycerol concentrations were not significantly different.

Serum free fatty acid and 3-hydroxybutyric acid concentrations were higher after SMLCT ingestion versus LCT ingestion.

These results suggest that long-term substitution of SMLCTs for LCTs will produce body fat loss if energy intake remains constant.

8. 低中程度の量の中鎖脂肪酸を消費するヒトの24時間のエネルギー消費および尿カテコールアミンについて:ヒトの呼吸器系における用量反応試験

Twenty-four-hour energy expenditure and urinary catecholamines of humans consuming low-to-moderate amounts of medium-chain triglycerides: a dose-response study in a human respiratory chamber.

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/8654328

9. マウスの水泳持久力は、中鎖脂肪酸の慢性的摂取で増加します。

Swimming endurance capacity of mice is increased by chronic consumption of medium-chain triglycerides.

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/7876928?dopt=Abstract

10. 中鎖脂肪酸および長鎖脂肪酸を補充摂取した食後の筋肉体質と肥満の被験者で食後の発熱について

Postprandial thermogenesis in lean and obese subjects after meals supplemented with medium-chain and long-chain triglycerides.

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/?term=Postprandial+thermogenesis+in+lean+and+obese+subjects+after+meals+supplemented+with+medium-chain+and+long-chain+triglycerides

11. 中鎖脂肪酸の過剰摂取時の発熱について

Thermogenesis in humans during overfeeding with medium-chain triglycerides.

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/2739575?dopt=Abstract

12. 中鎖脂肪酸を含む食事の過剰摂取で誘発された熱産生での褐色脂肪組織の役割について

Role of brown adipose tissue in thermogenesis induced by overfeeding a diet containing medium chain triglyceride.

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/3613876?dopt=Abstract

褐色脂肪組織(かっしょくしぼうそしき、英:Brown adipose tissue、BAT)は、哺乳類で見つかった2つのタイプの脂肪または脂肪組織の1つである。もう1つのタイプは白色脂肪組織。

13. ヒトにおける中鎖脂肪酸および長鎖脂肪酸の発熱効果

Thermic effect of medium-chain and long-chain triglycerides in man.

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/3532757?dopt=Abstract

14. 中鎖脂肪酸を含む食事の過剰摂取に依る、発熱の強化と体脂肪の減少

Enhanced thermogenesis and diminished deposition of fat in response to overfeeding with diet containing medium chain triglyceride.

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/7072620?dopt=Abstract


6回の閲覧

清水スタイルCopy Right 2020

取り扱い品目:有機JAS認証取得ヴァージンココナッツオイル、C8カプリル酸100%MCTオイル、天然野生生蜂蜜、バジルシード、マンゴスチン果皮パウダー、乾燥羅漢果、シナモン、ターメリック(ウコン)、海水塩・湖水塩(塩田法の天日塩)、食用昆虫

  • Facebook Clean Grey
  • Twitter Clean Grey
  • Instagram Clean Grey