検索
  • 清水スタイル

Coconut Cream


コーヒーを飲む時に、ミルクを加えて飲んでいますか?

さて、そのミルクの主原料は、植物油ですか?

植物油タイプは、乳化剤、香料が加わり、乳製品のミルクを真似ていて、飲み易くなっています。コーンシロップが入ると、甘くなり、お気に入りになるのではないでしょうか? 

 この原料の植物油は、安価なオメガ6系オイルで私たちの体の中で、炎症を起こし易いというオイルです。

 そして、コーンシロップは異性化糖で、ブドウ糖を化学処理して果糖に変化させて作ったもので、果糖の吸収は穏やかになるのですが、高果糖コーンシロップを摂取すると、肥満、糖脂質尿酸の代謝異常、高血圧とメタボ症状になり易いので、要注意です。

 これらに対して、ココナッツの果肉を原料に圧搾抽出したココナッツクリームは、ココナッツ独特の甘さを持った、タンパク質、脂質(長鎖飽和脂肪酸と中鎖飽和脂肪酸)、ミネラル、ビタミン、水溶性食物繊維、不溶性食物繊維が豊富です。

 乳製品の生クリームの代用品として使用できます。

 タイのココナッツカレーだけでなく、ココナッツヨーグルト、ココナッツ入りのデザート、クッキー、生クリーム料理、卵料理等にも使用されています。

 又、最近では、米国のシリコンバレーやニューヨークで、大人気の、デイヴ・アスプリーが考え出した「Bulletproof Diet Coffee」のバターコーヒーが有ります。しかし、このバターは牧草牛から採ったバター(グラスフェッド・バター)です。大変希少で供給量が少ない為、入手できない場合は、香りが良く、多くの栄養素が豊富に詰まったココナッツクリームをグラスフェッドバターの代用品として紹介しています。

 又、中鎖飽和脂肪酸が豊富なMCTオイル、ヴァージンココナッツオイルも最強の代用品として紹介されています。

清水スタイル

http://www.shimizu-style.biz


43回の閲覧

清水スタイルCopy Right 2020

取り扱い品目:有機JAS認証取得ヴァージンココナッツオイル、C8カプリル酸100%MCTオイル、天然野生生蜂蜜、バジルシード、マンゴスチン果皮パウダー、乾燥羅漢果、シナモン、ターメリック(ウコン)、海水塩・湖水塩(塩田法の天日塩)、食用昆虫

  • Facebook Clean Grey
  • Twitter Clean Grey
  • Instagram Clean Grey