検索
  • 銀座東京クリニック院長・福田一典医師

書籍紹介「がんに効く食事 癌を悪くする食事」


[著者略歴] 1953年福岡県生まれ。 1978年熊本大学医学部卒業。
熊本大学医学部第一外科、鹿児島県出水市立病院外科勤務を経て、1981年から1992年まで久留米大学医学部第一病理 学教室助手。その間、北海道大学医学部第一生化学教室(1984~85年)と、米国バーモント大学医学部生化学教室(1988~1991年)に留学し、が んの分子生物学的研究を行う。 1992年から株式会社ツムラ中央研究所部長として漢方薬理の研究に従事。1995年から国立がんセンター研究所がん予防研究部第一次予防研究室室長として、がん予防のメカニズムおよび漢方薬を用いたがん予防の研究を行う。
 1998年4月から2002年3月まで岐阜大学医学部東洋医学講座の助教授として、東洋医学の臨床および研究や教育に従事。
 2002年5月に銀座東京クリニックを開設し、がんの漢方治療と補完・代替医療を実践している。
 著書に『癌予防のパラダイムシフト―現代西洋医学と東洋医学の接点』(医薬ジャーナル社:1999年)』『からだにやさしい漢方がん治療(主婦の友 社:2001年)』『見直される漢方治療―漢方で予防する肝硬変・肝臓がん(碧天舎:2003年)』『オーダーメイドの漢方がん治療(シーエイチ シー:2005年)』『決定版! 抗がんサプリメントの正しい選び方、使い方(南々社:2005年)』『自分でできる「がん再発予防」(本の泉社:2006年)』『あぶない抗がんサプリメ ント(三一書房:2008年)』『漢方がん治療のエビデンス(ルネッサンス・アイ:2010年)』などがある。

[内容]

  • 食事ががんに与える影響を徹底解説!

  • 「がん予防」か「がん治療中」かによって望ましい食事は異なる

  • 糖質はがん細胞を元気にする

  • 野菜や果物を大量に食べても無意味?

  • がんを促進する油とがんを抑制する油がある

[目次] はじめに

第1章:がんに効く食事の基本と身近な食材の特徴 植物性食品の豊富な食事は抗がん力を高める 穀物が体に与える影響 野菜・果物が体に与える影響 豆類が体に与える影響 きのこ類・海草類が体に与える影響 肉類や油が体に与える影響 乳製品・卵・魚介類などが体に与える影響 食材の加工・調理の方法にも気を配る 「楽しい食生活」も重要 コラム:大豆製食品は乳がん治療後の再発率と死亡率を低下させる

第2章:糖質の摂り過ぎはがんを促進させる 高血糖とインスリンはがん細胞を元気にしてしまう グリセミック指数とグリセミック負荷 グリセミック負荷ががんの発生率を高める グリセミック指数が低い食品も過剰摂取はNG コラム:糖質や甘味は「中毒」になる

第3章:行き過ぎた菜食主義の落し穴 野菜や果物の摂取とがんの予防に因果関係はない? 野菜の「大量摂取」は無意味である可能性が高い 野菜を大量摂取しても乳がんには効果がなかったという研究結果 野菜に含まれる糖質にも注意 野菜はスープで食べると抗がん作用が強くなる コラム:病気を予防する要因を特定するのは難しい

第4章:果糖はがんを促進する?果物の食べ過ぎにご用心 「お菓子の代わりに果物」も食べ過ぎはNG ブドウ糖と果糖 果糖ががんを促進する理由 ブドウ糖と果糖の同時摂取は相乗的にがん細胞の増殖を促進する コラム:がん患者さんにお勧めの果物・アボカド

第5章:乳製品・肉類とがんとの関係 牛乳・乳製品は大腸がんの発生を予防する可能性がある 牛乳・乳製品と乳がんの関係 牛乳・乳製品は前立腺がんの発生や進展を促進する可能性が高い 「成長に役立つ」成分の功罪 ブドウ糖負荷(グリセミック負荷)+乳製品はがんを促進する 総合的に考えると牛乳・乳製品はがんに良くない 直火で加熱調理した赤身の肉と加工肉はがんを促進する コラム:にきびのある人はがんになりやすい?

第6章:がんを抑制する脂肪と促進する脂肪 脂肪摂取が果たす役割 摂取した脂肪の種類によって影響が異なる 脂肪(あぶら)の構造 ω-6系不飽和脂肪酸とω-3系不飽和脂肪酸 ω-3系不飽和脂肪酸を積極的に摂取するとがん細胞は弱る ω-3系不飽和脂肪酸が豊富な食品を効率良く摂取する方法 ω-3系不飽和脂肪酸は乳がん治療後の生存率を高める ω-3系不飽和脂肪酸は一部抗がん剤の副作用を抑える α-リノレン酸が豊富な食品 オレイン酸を多く含むオリーブオイル コラム:トランス脂肪酸の摂り過ぎにご用心

第7章:肥満も痩せ過ぎもがんの発生を促進する 肥満はがんの発生と進展を促進する 痩せ過ぎは肥満以上に問題? ボディマス指数(BMI)とは 基礎代謝量と適正摂取カロリーを知って適正体重を維持する どの栄養素からどの程度のカロリーを摂るべきか コラム:がんの予防・治療と運動の関係

第8章:「がんの予防」に有効な「地中海料理」と「進行がん」に有効な「ケトン食」 日本食も完璧ではない がんや循環器疾患の予防に効果的な「地中海料理 進行がんに効果的な「ケトン食」 地中海料理とケトン食を足した「地中海式ケトン食」 「スペイン風地中海式ケトン食」 コラム:玄米菜食/ゲルソン療法と中鎖脂肪ケトン食のちがい

第9章:サプリメントとがん がん治療におけるサプリメントの役割 腫瘍の縮小ではなく症状の改善を目指す がん治療中のサプリメントの安易な利用が危険な理由 「サプリメントや漢方薬には副作用がない」というのは誤り がん治療中のサプリメントの使い方と注意点 ・ω-3系不飽和脂肪酸 ・プロバイオティクスとプレバイオティクス ・マルチビタミン・ミネラル ・抗酸化性サプリメント ・キノコとβグルカン ・食物繊維 ・大豆イソフラボン ・ポリフェノール類 ・人参類(高麗人参・紅参・田七人参・アメリカ人参など) ・ニンニク・生姜 ・漢方薬・薬草・ハーブ類 ・「がん細胞にアポトーシスを誘導する」というサプリメント コラム:インチキなサプリメントにだまされない方法

おわりに


30回の閲覧

清水スタイルCopy Right 2020

取り扱い品目:有機JAS認証取得ヴァージンココナッツオイル、C8カプリル酸100%MCTオイル、天然野生生蜂蜜、バジルシード、マンゴスチン果皮パウダー、乾燥羅漢果、シナモン、ターメリック(ウコン)、海水塩・湖水塩(塩田法の天日塩)、食用昆虫

  • Facebook Clean Grey
  • Twitter Clean Grey
  • Instagram Clean Grey