清水スタイル

 2013年、国際連合食糧農業機関(FAO)が食用昆虫について注目するという報告書が発表されました。世界的には20億人がすでに昆虫を食しており、これから人口が増加していくと2050年には24億人の食糧が不足すると考えられています。

 これを機に、東南アジアのタイ、カンボジア、ラオスでは原始的な食用昆虫養殖工場が稼働し、北欧やEUでは、自動化された食用昆虫生産工場で生産を始めています。

 北欧諸国政府やEU政府が、食料としての食用昆虫を普及させる為に安全性を担保できるよう、法整備を具体的に始めています。北欧では、食用昆虫工場が稼働しています。

 

 そこで、清水スタイルでは、下記の点に注視して、人工飼育した食用昆虫は、持続可能な食品であるとして販売しています。

「タンパク質が70%を占めて、牛肉の2倍のコオロギや蚕のさなぎ」

「コオロギには動物性食物繊維の生活習慣病予防効果を持つキチン・キトサンと、強力な抗酸化作用のアスタキサンチンが含まれています。」

「生産期間が短い生産期間」

「コオロギはエビ味で、味が良い」

「ワクチンや抗生剤が使われれていない、汚染されていない食品として安全性が高い。」

​等

 

 以上から、清水スタイルでは、コオロギ(Crickets)と蚕の蛹(さなぎSilkworm pupae)、そして竹虫(Bamboo Worms)とを食糧問題、健康問題を真面目に解決する新しい食料として注目しています。味は海老の味、ポテト味と予想外です。

 

Environment friendly sustainable foods

 「環境に優しい持続可能な食品」と位置付けしています。

https://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/sdgs/about/index.html

​持続可能な世界の日本の目標(外務省)

国連UNDPが2015年〜2030年までSDsをスタートさせています。

清水スタイルでは、下記カードの、1、2、3、7、8、13、14、15を支援します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 清水スタイルでは、「健康長寿」のコンセプトを重視し、酸化ストレスを減らす生活習慣、一般の人の為の食事法です。

 具体的には、

糖質をできるだけ減らして、

  • タンパク質は体脂肪・中性脂肪を除いた体重1kgに対し、タンパク質を1.1〜1.5g摂取し、

  • 酸化し難いココナッツ由来の中鎖脂肪酸オイルのラウリン酸、カプリン酸、カプリル酸をエネルギー源とし、

  • 水分摂取は体重(kg)x300ml/kg、

  • ミネラルは鉄・亜鉛・マグネシウム・カリウムを摂取し、

  • 水溶性ビタミン(ビタミンB群、ビタミンC)、

  • 脂溶性ビタミン(ビタミンA、ビタミンD、ビタミンE、ビタミンK)、

  • 水溶性食物繊維と不溶性食物繊維、

  • 植物性発酵食品、

  • ファイトケミカル(抗酸化物質)

 一方、ボディビルや筋トレで、筋肉モリモリの体を作るボディビルダーや関取、瞬発力を活用するスポーツ・アスリートは、消費エネルギーの確保、筋肉増量で、糖質、アミノ酸、インスリンを活用する食事法になります。

 同年齢の一般人の生活習慣・食事とは大きく異なり、比較的短命で亡くなられています。

 両者は、基本的に、嗜好品のアルコール摂取(飲酒)、喫煙は、禁止になります。

 

   ヒトのエネルギー源はブドウ糖(グルコース)とケトン体(アセトン、アセト酢酸、ベータヒドロキシ酪酸)の2種類です。絶食したり、糖質摂取を大幅に制限すると、体脂肪や中性脂肪を燃やして、ケトン体が肝臓で作られ、ケトン体がエネルギー源になります。

 胎児はケトン体を安全なエネルギー源として母体の胎盤から供給を受けて、短期間で受精卵から胎児まで成長し、そして、誕生まで供給を続けます。

 そして、母乳には中鎖脂肪酸が含まれており、乳児はこの母乳を飲んで免疫力を持って成長します。

 成人の体では、ココナッツ由来の中鎖脂肪酸を摂取すると、肝臓でケトン体に変わり、身体の細胞、脳の神経細胞のエネルギー源となります。

 血糖値に変動を与えないので、追加インスリンが分泌値しないので、体に炎症を起こさず、全ての細胞にダメージを与えないで、脳や筋肉の働き、パフォーマンスを上げます。

 高エネルギーを産生するので疲労を感じることなく、持久力が増し、集中できるので、生産性、学習能力が高められます。

 

 

 精製砂糖、精製小麦粉、精製白米などの糖質(=炭水化物ー食物繊維)を多く摂取すると、ミトコンドリアがあまり働かないので酸素が余り、活性酸素に変化して、体を酸化し、酸化ストレス状態になります。

 又、果糖とタンパク質の過剰摂取に依り、AGEs(最終糖化タンパク質)が生成し、老化の促進、糖尿病や癌、アルツハイマー病などの生活習慣病の発症リスクを上げます。

 糖質を摂取すると、依存性や中毒性から、過食する傾向が有ります。

 例えば、ご飯茶碗1杯(150g)は、240kcalで、角砂糖14個分にもなります。

 角砂糖では食べることは難しいのですが、ご飯なら軽く食べられます。

 

 酸化ストレスを高めるものは下記の通りです。

  • 排気ガス、喫煙、受動喫煙、PM2.5、

  • 電磁波(自動改札機、電子レンジ、IH調理器、CT・M医療検査機器)、

  • 放射線

  • 紫外線

 酸化ストレスで、体内に活性酸素が生じ、病気発症リスクを高めます。

 そこで、糖質の解糖系ではなく、脂質のミトコンドリア系エネルギー代謝の方が、病気発症し難くできます。 糖尿病、心筋梗塞、脳梗塞、酸化LDLコレステロール、癌、加齢性の眼病(白内障、緑内障、加齢黄斑変性)の発症リスクが高まります。

 

 ミトコンドリアを使う脂質のエネルギー代謝に変えると、酸化ストレスを減らす食習慣のケトジェニックダイエット(keto、ketogenic Diet、ケトン体食事法)の導入で、酸化ストレスが減り病気になり難くなります。

 ケトジェニックダイエットをする為の脂質として、清水スタイルでは中鎖(飽和)脂肪酸の有機JASヴァージンココナッツオイルC8カプリル酸100%MCTオイルをお勧めしています。両者の同量ずつの混合オイルは、各々の欠点を補完する最高のオイルになります。

 ケトジェニックダイエットは、狩猟採集の生活をしていた縄文時代人の食事法で、稲作が始まるまで続きます。

 又、ケトジェニックダイエットは、胎児の期間中の栄養はケトン体です。ブドウ糖やグルコースではありません。

 ケトン体は酸化ストレスを軽減できる安全なエネルギー源です。

 又、出産後の母親の母乳にも、抗酸化作用・抗酸化作用・免疫力強化作用(抗微生物作用)が強力なラウリン酸など中鎖脂肪酸が含まれています。

 清水スタイルでは、産業インフラが東南アジアで最も整備されている、タイのバンコク近郊で有機JASヴァージンココナッツオイルを製造しています。

 抗酸化作用、抗炎症作用、免疫力強化作用が有り、ウイルス性・細菌性・真菌性の感染症に効果を発揮するラウリン酸が多い有機JASヴァージンココナッツオイルを微生物が付着する肌に塗ったり、口から摂取したりすると予防できるという内容の、研究論文が発表されています。

 有機JASの規定に従った指定農地で栽培した、品質の良い成熟したココナッツを、有機JASの規定に沿った工場で、栽培農地別に、ココナッツの品質検査を行い、ココナッツの果肉を取り出し、マイナス20度で超低温圧搾したオイルを4連フィルターで濾過し、遠心分離機で水分調整し、合格したオイルのみを瓶詰めして、欧州、北米、シンガポール、マレーシア、そして日本に輸出しています。

 肝臓でケトン体を一番多く産生できるC8カプリル酸100%MCTオイルは、有機JASヴァージンココナッツオイル分留精製して製造しています。ケトン体産生能力が大変高いので、糖質制限食のケトジェニックダイエットで、高血圧症、メタボ肥満、糖尿病、糖尿病やアルツハイマー型認知症、小児のてんかん、動脈硬化、心筋梗塞、脳梗塞、加齢黄斑変性、白内障、緑内障などの生活習慣病に効果的な働きをします。

 

 

AAA. 体内での活性酸素の過剰な発生で、酸化ストレス状態になります。

 体に取り込まれた酸素の一部は、体内で「活性酸素」へと変化します。

 基本的にこの活性酸素は、感染防御や栄養代謝など、人間の生命維持に必要不可欠なもので、食物に付着している細菌を活性酸素が殺菌する為に、人間が安全に食事を摂取することができるのです。

 しかし、その一方で、活性酸素は化学的に不安定な物質であるため、細胞の脂質、タンパク質、酵素、DNAと反応して、脂質は酸化過多になり、タンパク質は変性、酵素は活性を失い、DNAは傷付けられたり、複製ができなくなります。

 過酸化した脂質と変性したタンパク質と活性化しなくなった酵素は、細胞膜・リポタンパク質に障害をを起こします。更に、動脈硬化・心筋梗塞・脳卒中のリスクを高め、老化に繋がります。

 又、活性しなくなった酵素は、老化や癌に関係し、損傷や誤複製するDNAは癌や老化に関係します。

 自分自身の細胞にダメージを与えること、これが活性酸素による「酸化」です。

 一方、人間には活性酸素の害を防御する抗酸化作用が備わり、元々体に備わっている抗酸化物質として、カタラーゼやグルタチオンペルオキシダーゼ、タンパク質(アルブミンやグロブリン) 、尿酸などの抗酸化酵素が挙げられますが、加齢に伴い、これらの抗酸化物質では不十分になり、外から抗酸化物質を補充する必要が出てきます。

生活環境ストレス(電磁波・放射線・紫外線・排気ガスの粒状物質・喫煙・受動喫煙、加齢に依る抗酸化酵素の減少)

筋肉ストレス(筋肉への大きな負荷)

心理的ストレス(悩み事・ウツ)

食品ストレス(アルコール・血糖値を急激に上げる精製糖質・糖化最終産物のAGEsを含む食品の摂取)

が有ります。

 

 「酸化ストレス状態」: 「酸化力」>「抗酸化力」

 「酸化ストレスの制御」

  = 「活性酸素による酸化」ー「抗酸化力(抗酸化酵素・抗酸化物質)」

 細胞に変化を与え、血管や細胞に大きなダメージを与え、高血圧、炎症、動脈硬化、シワやタルミなどの老化現象、がん、アルツハイマー病などの脳神経疾患、ぜんそくなどの呼吸器疾患、白内障・緑内障・加齢黄斑変性、心疾患、脂肪肝等の消化器疾患等、様々な病気の発生や病気の悪化の中心的な役割を果たし、タバコや紫外線などの生活環境因子が酸化ストレスを増加させます。

 

酸化ストレスを予防する生活習慣

 日頃から糖質制限したケトジェニックダイエットと、ミネラル・ビタミン・食物繊維・発酵食品・抗酸化物を含む食品の摂取、有酸素運動の習慣、7時間睡眠で、抗酸化防御機構を良好な状態に保つことが、酸化ストレスを防止する為に重要です。

 

 

BBB. ケトジェニックダイエット(ketogenic Diet、ケト、ケトン食事法)は、酸化ストレスを是正します。

 カロリー制限食が、糖質を摂取して分解して作られるブドウ糖やグルコースは酸化ストレスを増やす食事で生活習慣病を増やすのに対して、抗酸化作用の有る中鎖脂肪酸を摂取して生活習慣病を減らす食事法で、肝臓でケトン体を作り、体のエネルギー源をケトン体にする食事法で、酸化ストレスを減らします。

 具体的には、糖質制限食の一種で、脂質を90%し、タンパク質の摂取量は、体重1kgに対して1.1gから1.5gとなります。

 タンパク質は過剰に摂取すると糖新生を行い、高糖質の食事になってしまいます。

 又、タンパク質はオートファジーで、体内の古くなったタンパク質を分解して、新しいタンパク質に作り変えることことから、タンパク質の外部からの摂取は制限減します。

 

<活用分野>

  • 減量プログラム

  • 糖尿病・認知症・ガンなどの生活習慣病の改善に積極的に用いられています。

  • 小児のてんかんの治療で、保険適用で用いられています。

  • 白内障・緑内障・加齢黄斑変性などの眼病の改善に用いられています。

<注意事項>

 間欠的絶食や、亜鉛・マグネシウム・マンガン・ビタミンB群の供給を得て、ミトコンドリアは活性化します。

 

 

CCC. 有機JASヴァージンココナッツオイルは酸化し難いオイルで抗酸化作用が有るので、酸化ストレスを減らします。

<特長>

  • 飽和脂肪酸92%

  • 無色透明で僅かにココナッツの香りがします。

  • 中鎖(飽和)脂肪酸は61%:炭素数12個のラウリン酸47%、炭素数8個のカプリル酸8%、炭素数10個のカプリン酸6%

  • 中鎖(飽和)脂肪酸:長鎖飽和脂肪酸と異なり、健康効果が高く、消化吸収が良く、体内に蓄積されず、余剰分は体外に排出され、抗炎症作用、抗酸化作用、抗微生物作用(抗ウイルス、抗細菌、抗真菌の作用)、肝臓でケトン体を作り、ブドウ糖の代替エネルギーになります。

  • 炭素数12個のC12ラウリン酸は、母乳にも含まれ、強力な抗炎症作用、抗酸化作用、抗微生物作用(抗ウイルス、抗細菌、抗真菌の作用)を持ち、肝臓でケトン体を作り、並行して体脂肪(中性脂肪)を燃やしてケトン体に変えます。

  • 炭素数8個のカプリル酸は、ラウリン酸と同様、抗炎症作用、抗酸化作用、抗微生物作用(抗ウイルス、抗細菌、抗真菌の作用)を持ち、特に、肝臓でケトン体を大量に作り、血中ケトン値は炭素数10個のカプリン酸の血中ケトン値の3倍の量を産生し、並行して体脂肪(中性脂肪)を燃やしてケトン体に変えます。

  • アルツハイマー型認知症では、ケトン体(ベータヒドロキシ酪酸)の量が多い程、アルツハイマー型認知症の改善効果が高まります。

  • ケトン体をエネルギー源にすると、ミトコンドリアで129ATPのエネルギーを産生し、ブドウ糖は解糖系とミトコンドリア系とで僅か38ATPしか産生しないので、ケトン体は優れた代替エネルギーと言えます。

  • ケトン体は、そのまま血液に入り、血液脳関門を通過して、脳神経細胞のミトコンドリアのエネルギー源になります。

  • 中鎖脂肪酸61%、長鎖飽和脂肪酸他39%の混合オイルなので、味噌汁や納豆にかけて食べると美味しく食べられます。

  • 当該オイル摂取後、全身を巡り3時間後に肝臓に到達し、肝臓でケトン体を産生します。体脂肪の中性脂肪も燃焼させてケトン体を産生します。

  • 血中ケトン値は、8時間持続します。又、リンパ腺に乗って移動するので、脳神経細胞に到達すると、ここでもケトン体を産生します。

  • 当該オイルを病気の改善に用いる場合は、C8カプリル酸100%MCTオイル と1:1で混合し、これを摂取すると、持続時間を8時間と変わらずに、血中ケトン値が高くなりケトン体効果を高まります。1日3回の摂取で間に合います。アルツハイマー型認知症の改善に用いる場合は、症状のONとOFFが生じないように、効果を継続させることが重要です。本人は疲労を覚えないようにします。

<用途>

  • 酸化を始める温度が摂氏242度なので、高温調理用油に適しています。

  • 抗細菌作用と抗真菌作用で、口腔ケアの口腔内洗浄のOil Pulling(オイルプリング)に適しています。

  • コーヒーに加えて、強く攪拌してミセル状にすると、ミルク風味のコーヒーができます。ケトン飲料の完成。

  • 間欠的絶食で、ミトコンドリアは活性し、長寿遺伝子のサーチュイン遺伝子も活性化します。

DDD. C8カプリル酸100%MCTオイルは酸化し難いオイルで抗酸化作用が有るので、酸化ストレスを減らします。

<特長>

  • 飽和脂肪酸100%

  • 無色透明、無味無臭

  • 中鎖(飽和)脂肪酸は100%:炭素数8個のカプリル酸8%

  • 中鎖(飽和)脂肪酸:食用オイルの長鎖不飽和脂肪酸や、動物性脂質の長鎖飽和脂肪酸と異なり、健康効果が高く、消化吸収が良く、体内に蓄積されずに余剰分は体外に排出され、抗炎症作用、抗酸化作用、抗微生物作用(抗ウイルス、抗細菌、抗真菌の作用)、肝臓で最も高い血中ケトン値を発揮する、強力なブドウ糖の代替エネルギーです。

  • 炭素数8個のC8カプリル酸は、母乳にも含まれ、抗炎症作用、抗酸化作用、抗微生物作用(抗ウイルス、抗細菌、抗真菌の作用)を持ち、肝臓でケトン体を作り、並行して体脂肪(中性脂肪)を燃やしてケトン体に変えます。

  • 炭素数8個のカプリル酸は、特に、肝臓でケトン体を大量に作り、血中ケトン値は炭素数10個のカプリン酸の血中ケトン値の3倍の量を産生し、並行して体脂肪(中性脂肪)を燃やしてケトン体に変えます。

  • C8カプリル酸100%MCTオイルの摂取で、ケトン体(ベータヒドロキシ酪酸)産生量が一番多く、ミトコンドリアで129ATPものエネルギーを産生できることから、ケトン体は優れた代替エネルギーと言え、ケトン体に依るアルツハイマー型認知症の改善効果を高められます。(ブドウ糖は解糖系とミトコンドリア系とで僅か38ATPしか産生しない)、

  • ケトン体をエネルギー源にすると、神経変性疾患(アルツハイマー病、)

  • ケトン体は、そのまま血液に入り、血液脳関門を通過して、脳神経細胞のミトコンドリアのエネルギー源になります。​

  • 体脂肪にならず、余分なオイルは体外に排出してしまうことから、摂取する場合は、小匙(5ml)の少量から始めます。

  • 当該オイル摂取後30分で肝臓に到達し、ケトン体を産生します。この血中ケトン値はC10カプリン酸の3倍の量を示し、3時間持続します。

  • 当該オイルを病気の改善に用いる場合は、有機JASヴァージンココナッツオイル と1:1で混合し、これを摂取すると、血中ケトン値の持続時間を8時間となり、1日3回の摂取で間に合います。アルツハイマー型認知症の改善に用いる場合は、症状のONとOFFが生じて、本人は疲労を覚えるようです。

<用途>

  • 酸化を始める温度が摂氏160度なので、この温度範囲での調理には有効です。

  • 新生児や手術した患者の栄養吸収障害の治療に用いられています。

  • コーヒーに加えて、強く攪拌してミセル状にすると、美味しいミルク風味のコーヒーができます。ケトン飲料の完成。

  • 間欠的絶食で、ミトコンドリアは活性し、長寿遺伝子のサーチュイン遺伝子も活性化します。

ヒトの寿命を決定するというテロメア

清水スタイルCopy Right 2020

取り扱い品目:有機JAS認証取得ヴァージンココナッツオイル、C8カプリル酸100%MCTオイル、天然野生生蜂蜜、バジルシード、マンゴスチン果皮パウダー、乾燥羅漢果、シナモン、ターメリック(ウコン)、海水塩・湖水塩(塩田法の天日塩)、食用昆虫

  • Facebook Clean Grey
  • Twitter Clean Grey
  • Instagram Clean Grey